【目黒記念2018】過去10年のデータ分析|差しが届かないスタミナ勝負!

Pocket

2018目黒記念を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
目黒記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は猛烈に漫画を読んでいるので
毎週のように漫画の話をしていますが
今回も先週読んで面白かった漫画の話をしたいと思います。

 

先週読んだ中で面白いと思ったのは

「火ノ丸相撲」

です。

週刊少年ジャンプで連載されている漫画なので
知っている人は多いと思うんですが

この漫画、一言で言い表すと

「とにかく、熱い!」

 

武器を持たず裸と裸でぶつかりあう相撲ですからね
熱い感じにもっていきやすいんだと思います

火ノ丸相撲を読んだ感想などを書いているので
良かったら見て下さい。

「火ノ丸相撲」は国宝級の熱い名言が溢れている

 

まあ、火ノ丸相撲は面白いですけど、
実際の相撲は嫌いなんですよね~

暴力沙汰の事件は頻繁に起こるし
男女差別問題みたいなのは起こるし

 

まあ、ろくな組織じゃねーなぁ

と思っている訳ですが

基本的にそれでも好きって人が集まっているなら
それでいいんだと思っています。

税金さえ投入してなければ

特に好きでも嫌いでもなく
どうでも良い存在なんですけどね~

 

一刻でも早く税金投入を止めてほしいですね。

 

 



 

さて、今週は目黒記念が行われます。


(2017目黒記念 フェイムゲーム)

日本ダービーの後に行われるレースと言うことで
G2レースながら存在感の薄いレースです。

また、東京芝2500mという条件は
日本ダービーが行われる東京芝2400mから
たった100m伸びただけなのに

“一気にタフなレースへと変わります”

 

昨年勝ったフェイムゲームは2500m以上の長距離戦でしか
力を発揮しないような典型的なステイヤー

 

過去の勝ち馬を見ると

ヒットザターゲット、ムスカテール、スマートロビン

マイネルメダリスト、キングトップガン、コパノジングー

 


(万馬券メーカーの ヒットザターゲット)

と、とてもG2勝ち馬の名前とは思えないような
なかなか微妙な名前が揃っているのも

東京芝2500mが特殊な条件である

という事を示していますね。

 

 

そんな目黒記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日本ダービーは簡単に的中出来る!!
確勝級の情報が飛び交う馬はあの馬!!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは日本ダービー

FUN競馬では日本ダービーの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

目黒記念過去10年のデータ分析

先行馬が圧倒的に有利!ズブズブのスタミナ勝負へ

まず、最初に注目したのは目黒記念の脚質です。
以下は目黒記念での4コーナーでの順位別成績です。

回収率という点で見てみると

“先行馬が圧倒的に有利”

という傾向が出ています。

 

東京芝2400mだと上がり3ハロンの末脚勝負になる
傾向にありますが、東京芝2500mのレースは

“純然たるスタミナ比べ”

になっている事が分かります。

 

過去の勝ち馬に代表されるように
バテずにいいポジションをとって粘り込む

という事が必要になっている事が分かります。

 

 

上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり3ハロンが6位だった馬の

複勝率が10%を超えており、
複勝回収率も60%を超えています。

 

これはかなりの好成績で

目黒記念において先行馬がどれだけ優位なのか

が伺えます。

 

ハンデ戦の妙!前走で負けた馬が好成績を収めるレース

次に目黒記念での前走着順別の成績を見てみましょう。

前走1~3着だった馬については

複勝回収率が65%以下

と低調な成績にとどまっています。

 

対する4着以下の馬は

全て複勝回収率が75%以上

と、好成績を収めています。

 

目黒記念はハンデ戦ですから
前走で負けている馬の方がハンデは軽くなります。

目黒記念では、そのハンデを活かして好走する馬が多い

という事が言えますね。

 

 

ちなみに目黒記念の枠順別成績を見てみても

1枠こそ好成績を収めていますが

“全体的に枠順の有利不利はありません”

 

内枠が圧倒的に有利な東京芝2400mに比べて

目黒記念の舞台はスタミナ勝負になるので
多少の距離ロスがあっても問題がない

と言えます。

 

 

我慢比べはベテラン馬の舞台

最後に目黒記念の年齢別成績を見てみましょう。

各年齢層によって大きな成績の差はありませんが

7歳馬・8歳馬の健闘が目立ちます。

 

一般的にスピード勝負になるレースは若い馬が強く

スタミナ勝負になるレースはベテランが強い。

という傾向がありますが

まさにその傾向をそのまま踏襲している

と言えます。

 

 

種牡馬別の成績を見てみると

スタミナ勝負になっている割には

サンデー系種牡馬が活躍しています。

 

原因としては良く分からない点もあるのですが

とにかくサンデー系種牡馬が強い

という点は見逃せませんね。

スタミナ型のサンデー系列馬を狙うのが基本戦略ですね。

 

 

以上が2018目黒記念を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

目黒記念は東京芝2500mという条件で行われるので
スピード勝負にはならず、スタミナ勝負になるレースです。

最後の直線で鋭い末脚を見せる馬はほとんどおらず

先行策を取る馬が圧倒的に有利だと言えます。

枠順による有利不利はないので

とにかくスタミナのある馬を狙いたいですね。

 

 

私が目黒記念で注目しているのは
豊富なスタミナを持っているあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ




ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。