【日本ダービー2018】過去10年のデータ分析|圧倒的に前が有利なレース

Pocket

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

大物馬主が「的中は大前提」「いくら儲かるかが問題」
と断言しているのはあの注目馬

チェックメイトでは日本ダービーにおいて

「外れる心配が殆どない」

と超強気な姿勢を見せている馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
日本ダービーで外れの心配なしと言われる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

2018日本ダービーを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日本ダービーで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、ダービーウィークとなりましたね。

ダービーのデータや特徴などは
これから話していきますが

日本ダービーの特徴と言えば

「全ての馬がダービーに向けて仕上げてくる」

という事です。

俗にいう

「リズム重賞」

ですね。

なんで、基本的には荒れづらいレースなんですよ。

 

昨年は

1着 レイデオロ (2番人気)

2着 スワーヴリチャード (3番人気)

3着 アドミラブル (1番人気)

と、人気通りに収まりましたしね。

 

その前の年もマカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティと
3,2,1番人気での決着

その前の年は1番人気のイスラボニータが僅差の2着

その前の年は1番人気のキズナが勝利

 

と、まあ人気馬が活躍するレースです。

なんで、爆穴を狙うというよりも
相手を絞って馬券を買った方が良いレースだと言えますね。

 



 

という事で、本格的に日本ダービーの過去データの話にいきましょう!


(2017日本ダービー レイデオロ)

今年の出走馬を見ていると

絶対的な力を持つダノンプレミアムが皐月賞を回避しての
出走という事で状態面が気になりますよね。

 

次に、皐月賞出走組を見てみると

人気だったステルヴィオ、キタノコマンドール、ワグネリアンは
揃って馬券圏外へ沈み、信頼度がイマイチ

好走したエポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノは
馬場と展開が味方しての好走とあって信頼度はイマイチ

青葉賞を勝った ゴーフォザサミット

京都新聞杯を勝った ステイフーリッシュ

は共にその前の重賞で負けているメンツ

という感じで

まあ、どの馬も信頼できない難しいレースです。

 

こういった時にはデータの出番

日本ダービーを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日本ダービーは簡単に的中出来る!!
確勝級の情報が飛び交う馬はあの馬!!

独自のロジックを使って予想する競馬サイト「FUN競馬」

今週のメインレースは日本ダービー

FUN競馬では日本ダービーの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「FUN競馬」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『FUN競馬』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

日本ダービー過去10年のデータ分析

差しが届く印象も先行馬が圧倒的に有利

まず、最初に注目したのは日本ダービーの脚質です。
以下は日本ダービーでの4コーナーでの順位別成績です。

回収率という点で見てみると

“先行馬が圧倒的に有利”

という傾向が出ています。

 

キズナやアドミラブルなどのレースぶりを見ると
差し馬も十分に届く印象がある日本ダービーですが

“先行馬狙いが基本です”

 

昨年のレイデオロのように道中で捲って
先団に取り付くという形もありますし

2014年のワンアンドオンリーのように
今まで追い込みだった馬が急に先行策に出る

というパターンもあるので
過去のレースで差しに回っていたからといって
今回も差すとは限らない点は注意すべきですが

生涯で一度の日本ダービーで雑な競馬をする馬はおらず
ペースは落ち着いた流れになります。

まずはこの点に注意ですね。

 

東京芝2400mは内枠有利が鉄則

次に注目したのは日本ダービーの枠順です。
日本ダービーの過去10年における枠順別成績を見てみると

と、1枠、2枠が抜けた成績を残しています。

対して、7枠、8枠が成績を残しておらず

日本ダービーは

“内枠有利、外枠不利”

が顕著なレースだと言えます。

先ほども話したように日本ダービーは各馬が大事に乗るので
それほど荒れたペースにはならないレース。

消耗戦のような形にはならないので

“単純に内を通った物理的なロスが少ない馬の方が有利”

という事が言えます。

 

道中で力を溜めて、最後の直線勝負になるレース

だという事が分かりますね。

参考までに日本ダービーにおける
上がり3ハロン順位別成績を見てみると

と、先行馬が有利な割には上がりの速い馬が活躍しています。

 

あまり消耗しないレースなので
前にいる馬でも速い上がりを出せる

という事が分かりますね。

 

人気が順当に勝つレース!無理な穴狙いは禁物

次に日本ダービーでの人気別の成績を見てみましょう。

1番人気の複勝率は80%と極めて優秀で
1~3番人気の成績を見てみると【9.4.4.13】と

かなりの確率で馬券に絡んでいる事が分かります。

 

冒頭でも話した通り、日本ダービーは
全馬がここを目標に仕上げてくるレース

有力馬がピークの状態で出てくるので
そう簡単に荒れません。

 

唯一、4番人気以下でダービーを勝ったのは

エイシンフラッシュ(7番人気)

ですが、この馬はなんで人気がなかったのか
分からないくらいの実力馬でしたし

2着に入ったフェノーメノ(5番人気)

ウインバリアシオン(10番人気)

ローズキングダム(5番人気)

も実力のある馬で、

展開による紛れで力のない馬が上位に食い込む

というよりも、そもそも実力のある馬が
何かしらの事情で人気がない

というタイプが上位に食い込んでいる事が分かります。

あくまで能力重視で攻めたいですね。

 

皐月賞は惨敗した馬の方が期待値が高い?

最後に日本ダービーの前走出走レース別成績を見てみましょう。

京都新聞杯組も健闘していますが

“主力は皐月賞組です”

クラシック第一戦となる皐月賞には
トップクラスの馬ばかりが集まるので
単純にレベルが違うという事でしょう。

 

ただ、この皐月賞に出走していた馬の中で

“上位に食い込んだ馬が好成績を残しているのか?”

というとそうではありません。

 

以下は日本ダービーにおける皐月賞出走組の着順別成績です。

皐月賞で1,2着に入った馬の回収率は低く

6着以下に惨敗した馬の方が期待値は高い

という結果になっています。

 

皐月賞は中山芝2000mという条件で行われるレースで

「流れが速く、消耗戦になりやすいレース」

であるのに対して、日本ダービーは

「消耗度の少ない先行有利のレース」

という事で、両者レースの質の違いがこのような結果に表れています。

 

過去皐月賞を3着以下に負けた馬で
日本ダービーの馬券になった馬を見てみると

2着 サトノダイヤモンド 3着

3着 サトノクラウン 6着

1着 ワンアンドオンリー 4着

1着 ディープブリランテ 3着

3着 ベルシャザール 11着

1着 エイシンフラッシュ 3着

2着 ローズキングダム 4着

(着順は前者が日本ダービー、後者が皐月賞でのもの)

などが挙げられますが、いずれも

“東京の広いコースの方が適性のある馬”

です。

 

皐月賞での着順はそれほど気にせず

「日本ダービーの舞台に適性のある実力馬を狙う」

事が、日本ダービー的中への近道ですね。

 

 

以上が2018日本ダービーを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

一年で一番のビッグレースである日本ダービーは
有力馬が大事にレースを進めるため

「前が圧倒的に有利なレース」

です。

そして、全ての馬がここを目標としてくるので
人気通りに収まる傾向のあるレースです。

中心は皐月賞組となりますが、皐月賞での着順は気にせず
広いコースで力を発揮する実力馬を買いたいですね。

 

 

私が日本ダービーで注目しているのは
皐月賞惨敗も巻き返しが期待できるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ