【オークス2018予想】リリーノーブルが期待値の低い最も危険な人気馬だと言える根拠は?

Pocket

2018オークスに出走を予定している
リリーノーブルが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週お送りしている馬券を買ってはいけない
危険な人気馬のコーナーですが

現在、絶不調です(笑)

 

先週のソウルスターリングこそ馬券に絡みませんでしたが
先々週はギベオンを取り上げて

デムーロ騎手がきっちりギベオンの手綱を操り2着を確保

 

このコーナーで取り上げた馬が
3週連続で馬券に絡んだ

という切ない結果になっています。

で、絶不調という事もあって
先週はソウルスターリングを取り上げた訳ですが

これはちょっと逃げかなぁ

と思っています。

外れるのが怖いなら競馬なんてできませんし
際どい馬を挙げるからこそ価値があるんだと思っています。

 

ですので、今週は原点回帰で

馬券に絡む可能性が高いと言われている馬から
危険馬をピックアップしていきたいと思います。

 

安全や安定などクソくらえです。

安定が欲しいなら競馬などやらずに
どっかでバイトします。

という事で、オークスの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アーモンドアイが人気を集まる今回こそ
絶対に狙いたいのはあの馬!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創業37年【ホースメン会議】ではオークスで
鉄板と言える馬の情報をしっかりと掴んでいます。

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
100名限定で特別無料配信します

鉄板級の馬の名前ももちろん公開!!

以下をクリックして登録して下さい。

オークス予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はオークスが行われます。


(写真は2017オークス ソウルスターリング)

桜花賞を圧勝したアーモンドアイが
どのような走りを見せるのかが最大の焦点となっているレース

ここに続くラッキーライラックやサトノワルキューレらも
実力馬なので、かなり壁が高い。


(有力馬の1頭 ラッキーライラック)

さすがにこの3頭には消せる材料が乏しく
無理矢理材料を作り上げるのも違うかなと思うので
ここに続く馬から危険馬を挙げたいと思います。

 

2018オークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

リリーノーブル

です。

 

 

リリーノーブルは言わずと知れた実績馬

阪神ジュベナイルフィリーズ2着に桜花賞3着と
その実力は3歳牝馬世代ではトップクラスなのは明白です。

実はこのリリーノーブル

私は桜花賞では本命にしていました。

 

チューリップ賞で明らかに叩き台に徹したようなレースだった点や
ライバルであるラッキーライラックが最内枠を引いた点など

リリーノーブルに分のいい状況になっていましたからね。

 

結果としてしっかり3着を確保したリリーノーブルですが

そんな実力馬の、なぜ2018リリーノーブルで
危険な人気馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

オークスのコース分析

オークス2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

オークス2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

リリーノーブルの不安要素

どうやっても逆転できないラッキーライラックとの差

先ほど、桜花賞でリリーノーブルを本命にした

という話をしましたが
このレースでリリーノーブルを本命にした一番の理由は

“ラッキーライラックが不利な条件だったから”

です。

 

桜花賞では死に枠と言われている1枠1番を引き当てた

ラッキーライラックは末脚勝負になりやすい
桜花賞においてかなり不利な条件でのレース

であったことは間違いありません。

 

阪神ジュベナイルフィリーズやチューリップ賞の走りを見たうえで

リリーノーブルよりラッキーライラックの地力の方が上

とうい判断をしていた訳ですが

桜花賞の条件を以てしても
ラッキーライラックを逆転することは出来ませんでした。

 

今回のオークスではラッキーライラックは
間違いなく桜花賞よりもいい条件でのレースになります。

桜花賞でも逆転できなかったくらい力差のある
両者を比較すれば、逆転はほぼ無理だと言えます。

 

また、桜花賞ではアーモンドアイが圧勝して
ラッキーライラックを明らかに上回る実力を持っている事を証明し

フローラステークスでもサトノワルキューレが
素晴らしい勝ち方をしたことを考えれば

リリーノーブルは相対的に評価が下がってしまうのは仕方のないところです。

 

直線での末脚勝負に不向きなスタミナタイプ

リリーノーブルの父親はルーラーシップです。

 

ルーラーシップの産駒はキセキのような
鋭い末脚を武器としている馬がいますが

基本的にはダンビュライトのような
スタミナタイプの方が多い馬です。

 

リリーノーブルの過去の成績から
上がり3ハロンのタイムに注目して見てみると

桜花賞 34秒3(3位タイ)

チューリップ賞 33.5秒(6位)

阪神ジュベナイルフィリーズ 33.9秒(3位タイ)

白菊賞 34.9秒(3位タイ)

新馬戦 34.0秒(1位)

と、上がり3ハロンが最速だったのは新馬戦のみで
それ以外のレースでは鋭い末脚は使えていません。

 

ここでオークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみると

と、明らかに上がり3ハロンで速い脚を使える馬の方が有利です。

 

常に自分の力を見せ、安定した走りを見せている
リリーノーブルですが、

「オークスについては適性の薄い舞台」

だと言えます。

 

オークスでも一生懸命走るでしょうが
パフォーマンスは一枚下がると考える方が妥当ですね。

 

以上、2つの理由から

2018オークスで
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

リリーノーブル

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

現3歳牝馬世代でトップクラスの活躍を見せている
リリーノーブルですが、

宿敵ラッキーライラックとは桜花賞で勝負付けが終わっています。

そして、アーモンドアイやサトノワルキューレなど
どんどん強い馬が出てくる事で相対的に順位が下がりそうな存在です。

また、東京芝2400mへの適性も良いとは言えず
末脚勝負では見劣ってしまう可能性が高い存在。

2018オークスではリリーノーブルを切って勝負したいですね。

 

 

2018オークスで私が注目している馬は
馬券絡みは今回確実と言える鉄板級の評価を与えているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ