【函館記念2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【函館記念2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは函館記念2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

函館記念は夏の名物レースと言える重賞レースです。


(写真は2017函館記念 ルミナスウォリアー)

函館記念は夏に行われる名物重賞です。

過去にはエリモハリアーが3連覇を達成するなど
函館特有の重い馬場に対応できるリピーターが活躍する傾向にあり

昨年はルミナスウォリアーが勝ち、2着に14番人気のタマモベストプレイ
3着には7番人気のヤマカツライデンが入り
3連単で91万馬券が飛び出したように非常に予想の難しいレースです。

そんな函館記念にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サクラアンプルール 田辺 3.7倍
ブレスジャーニー 4.9倍
トリコロールブルー 5.0倍
スズカデヴィアス 6.5倍
ナイトオブナイツ 池添 9.6倍
マイネルハニー 13.1倍
エテルナミノル 16.2倍
カレンラストショー 17.7倍
クラウンディバイダ 19.0倍
エアアンセム 21.3倍
ヤマカツライデン 22.1倍
ブラックバゴ 23.8倍
カデナ 28.5倍
ナスノセイカン 30.7倍
ゴールドサーベラス 32.1倍
ロジチャリス 43.8倍
クロコスミア(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

日経賞3着で復調気配の サクラアンプルール

有馬記念こそ16着と惨敗したサクラアンプルールですが
今年は中山記念4着、日経賞3着とG2で安定した走りを見せています。

昨年の函館記念は条件が合わず負けましたが
持っている能力はローカル重賞のG3ならトップクラス

ここで力を示して再びGI戦線に乗りたいことです。

重賞での活躍が期待される トリコロールブルー

前走の鳴尾記念では3着と重賞でメドを立てたトリコロールブルー

前走はトリオンフにこそ力負けをしましたが
ストロングタイタンには足下を掬われた形

条件戦では常に安定した力を発揮している馬で
トリコロールブルーにとって舞台替わりも問題なさそうです。

重賞2戦目となる カレンラストショー

前走の新潟大賞典では12着と大敗してしまったカレンラストショー

前残りの展開を先行して負けてしまった内容は不甲斐ないものでしたが
条件戦では直線に入っても粘り強い先行力を見せており
直線の短い函館競馬場に替われば
新潟大賞典とは全く違う競馬を見せてくる可能性は十分にあります。

昨年は飛躍を遂げた クロコスミア

前走のドバイターフでは7着と上々の競馬を見せたクロコスミア

昨年は府中牝馬ステークスを勝利して
エリザベス女王杯でも2着に入るなど飛躍を遂げました。

今年初戦となった京都記念では強豪との対戦という事もあり
8着と敗れましたが、ローカルG3出走馬としては実績は最上位

クロコスミアがいつも通りの逃げを見せることが出来れば
ここで良い走りを見せられるはずです。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ函館記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。