【平安ステークス2018】過去10年のデータ分析|先行馬が圧倒的有利な舞台

Pocket

2018平安ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
平安ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、友達と話していたんですが
男が一人で出かけている時って

心のどこかで何かの出会いを求めている事が多い

ようです。

 

別にナンパするわけでも無くて
積極的に出会いを求めていく訳でもないんですが
漫画にあるような出会いを心のどこかで期待している。

そんな状態ですね。

うーん、確かに自分に置き換えてみると

ドトールとかスタバとかでブログを書いていたりする時に
女性が一人で近くの席とかに座ると妙に気になったりする。

別に何にもアクションを起こすわけでもないし
そんな事はないと分かっているけれども

「この先、違う展開があったらいいなぁ」

と思う気持ちはちょっとあったりして…

 

何なんですかね~、この感覚。

イタリア人とかだったらその場で声をかけて
そのあとの展開に繋げていくんでしょうけど

奥手の日本人にはハードルが高すぎです。

という事で、今日も心の中でほのかな出会いを期待しながら
喫茶店でブログを書いている次第です。

 



 

さて、今週は平安ステークスが行われます。


(2017平安ステークス グレイトパール)

過去の勝ち馬をみると

インカンテーションやニホンピロアワーズなど
GI級の馬も勝っていますが
穴場で行われる中央のダート重賞

って感じで、それほどレベルの高いレースにはなりません。

 

ただ、昨年勝ったグレイトパールはGI級の素質を持っており
今年も出走を予定しているとあれば
今年もグレイトパールを中心に回りそうな感じですね。

圧倒的な1番人気がいるレースって結構予想が難しいレースですよね。

 

そんな平安ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

ちなみに平安ステークスがこの時期に行われたのは
5年前からなので、過去5年で集計をとっています。

データ数が少ないので参考程度に考えてください。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アーモンドアイが人気を集まる今回こそ
絶対に狙いたいのはあの馬!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創業37年【ホースメン会議】ではオークスで
鉄板と言える馬の情報をしっかりと掴んでいます。

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
100名限定で特別無料配信します

鉄板級の馬の名前ももちろん公開!!

以下をクリックして登録して下さい。

オークス予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

平安ステークス過去10年のデータ分析

ダートは前が有利だけど、平安ステークスは更に前が有利

まず、最初に注目したのは平安ステークスの脚質です。
以下は平安ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

基本的にダートレースは前に行く馬が有利になりますが
平安ステークスについてはこの傾向に拍車がかかり

“圧倒的に先行馬が有利”

となっています。

 

平安ステークスは京都ダート1900mという条件で行われますが
1800mより100m距離が延びた事で
スタート地点が後ろになります。

つまり、最初のコーナーに入るまでの距離が長くなり
1800m戦と比較すると先行争いが緩くなります。

ポジション争いに注ぐエネルギーが少なくなれば
その分、最後の直線で余力が残るので
前に行く馬が有利になると言えますね。

 

 

ちなみに平安ステークスにおける枠順別の成績を見てみると

と、枠順における有利不利はありません。

もう少しデータ数が増えれば変わってくるかもしれませんが
現在のところは極端な偏りはなし。

第1コーナーに向けたポジション争いが
重要になるレースなので、枠順の有利不利よりも
テンのスピードが焦点になってきそうですね。

 

若手よりもベテラン!器用さや立ち回りが求められるレース

次に平安ステークスでの年齢別の成績を見てみましょう。

4歳馬が苦戦をしていて、年を重ねれば重ねるほど
安定した成績を見せている事が分かります。

最初に話した通り、平安ステークスでは先行力が問われます。

 

絶対的な能力の高さというよりも
レースの流れに合わせて立ち回る巧さが問われている

という事ですね。

つまり、レース経験があればあるほど
立ち回る技術が上がっていくのでベテラン勢が強い

という結論が導き出されます。

 

平安ステークスの上がり3ハロン別成績についても見てみると

先行した馬が上がり3ハロンタイムでも
速いタイムを叩き出している事が分かります。

自分の流れに持ってこられるレースセンスが必要ですね。

 

長距離の1900m戦、スタミナはあった方がいい

最後に平安ステークスの馬体重成績を見てみましょう。

500kgを超える大型馬が活躍をしていて
500kg未満の軽量馬が苦戦している事が分かります。

一般的に器用さがある軽量馬が苦戦している背景は

1900m戦という長距離戦である

という事が大きく影響しています。

ダート戦はパワーが必要なので大型馬が強いのが一般的ですが
そのダート戦の中でもスタミナを問われる長距離戦となると
体力のある馬に一日の長があります。

 

平安ステークスにおける種牡馬別の成績も見てみると

ホワイトマズル、スペシャルウィーク、シンボリクリスエスといった

スタミナタイプの種牡馬の名前が入っており

器用さを求められる一方で長距離戦を走り抜く
スタミナが必要であることが分かります。

 

 

以上が2018平安ステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

平安ステークスは京都ダート1900mという
長距離戦で行われるので

スタミナが必要なレースになります。

ただ、コース形態を見てみるとスタートから
最初のコーナーまでの距離があり
ポジション争いが激化しないことから

“前に行く馬が圧倒的に有利”

なレースとなっています。

スタミナと先行力を備えた馬を買いたいですね。

 

 

私が平安ステークスで注目しているのは
大型馬で長い直線を走り抜いてくれそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ