春の天皇賞連覇へフェノーメノ復活!日経賞、毎日杯予想

Pocket

今日の重賞は中山競馬場で日経賞
阪神競馬場で毎日杯が行われます。

日経賞は昨年フェノーメノが勝ちGI天皇賞・春を制覇
毎日杯は昨年キズナが圧勝してGI日本ダービーを制覇
と、GIを見据える上で重要なレースとなっています。

まずは日経賞から予想していきましょう。

日経賞 勝負度合い 40%

まずは中山芝2500mの傾向をおさらいしましょう。

中山芝2500mデータと傾向

順調さ、コース適性、能力とどれも全て満たしているのは
ウインバリアシオンです。

ですが、何か気にかかります。
理屈ではなく、直感に近い感じですが
この感覚があった時は本命にすることをやめています。

本命は ラストインパクト です。

まず不安点から話すと中山2500mは
ディープインパクト産駒が成績を残せていませんし
ラストインパクト自身が坂のあるコースを経験していないので
なかなかの不安要素数なんですが
前走小倉大賞典で見せたレースが圧巻でした。

捲って4コーナーでは先頭に立つパワフルな競馬で
能力開花を期待させる内容でした。

そして、ディープ産駒の中でもスピード感を感じさせない走りで
母父ティンバーカントリーという点からも
中山競馬場での適性を予感させます。

まだ人気もないところで先物買いをしたいですね。

対抗は ウインバリアシオン

3番手は フェノーメノ と実力馬を選択。

この2頭はやはり格が違います。
力を出し切ればワンツーの目も十分です。

以降は舞台得意なオーシャンブルー、サトノアポロ
そして充実一途のアスカクリチャン、
前走内容のいいサクラアルディートとします。

馬券は三連複ラストインパクト1頭軸の相手6頭と
ラスト、ウインからの3連複5点を推奨します。

勝負度合いとしてはやや低めですね。

もう一つの重賞毎日杯の予想もしましょう。

毎日杯 勝負度合い 40%

こちらはデータを用意していませんが
阪神芝2000mは内回りなので
前に行く馬が有利で、外枠が回収率が良い舞台です。

メンバーとしては小粒でかなり難しいレースとなります。

昨年のキズナのように、ここに到る成績がイマイチでも
一皮剥けるような馬が出るかもしれませんが
どの馬も欠点を抱えていますね。

本命は ステファノス です。

前走の末脚は迫力がありました。
瞬発力がありながら、前目の競馬も出来る器用さ
枠順も含めて今回の条件にピッタリ合っている馬です。

対抗は アズマシャトル

前走は強敵相手に屈しましたが、今回はメンバーがぐっと楽になり
この馬の堅実さが通用してくるでしょう。

続いて1戦ながら強気に挑んできたアドマイヤヤング
力のある馬場が向きそうなマイネルフロスト

ステファノスから馬連で3点勝負を推奨したいと思います。

ラングレー、エイシンブルズアイはスピード競馬向きなので
今回の舞台では外したいと思います。

ラングレーなどは能力的には通用すると思いますけどね。
高い配当を狙う上では外す必要がありますね。

スポンサードリンク