【ヴィクトリアマイル2018有力馬危険度分析】ミスパンテールは4連勝出来る?

Pocket

ここではヴィクトリアマイル2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるミスパンテールの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

家の近くにお上品なラーメン屋が出来ました!

ラーメン好きな私としては嬉しい限りですが
日中は昼間しか営業していないという
「強気の経営スタイル」です。

強気というより、地元でも有名な名家の名前なので
もしかしたらご主人が道楽でやっているのかもしれません。

 

で、早速ラーメンを食べに行ったんですが…

めっちゃ、上品!!

 

パンチの強さだけで勝負しているようなラーメン業界にあって
丁寧にダシをとっていて、繊細な味付けになっていてなかなかの美味です。

ご主人によると塩とかも極秘のルートで
こだわりの塩を取り寄せているらしく

つけ麺にかけるようの酢も普通の酢とは全く違う
きつさのない酢を取り寄せているようで

その拘りようったらありません。

 

 

賞金は足りているのに皐月賞やNHKマイルカップには見向きもせず
日本ダービー一本に調整を絞ってきているブラストワンピースの
ローテーションくらい拘っていると言えます。

 

今のところまぜそばとラーメンだけ食べたので
次はつけ麺を食べたいと思っています。

つけ麺は昆布だしにひたひたになった状態で
麺が出てくるのでめちゃくちゃ楽しみです。

1杯1100円はなかなかのお値段ですが
「おっ、値段以上ニトリ」くらい

値段以上のパフォーマンスを見せてくれるので
近いうちに行こうと思います。

 

 

さて、今週はヴィクトリアマイルが行われます。


(2017ヴィクトリアマイル アドマイヤリード)

春に行われる唯一の古馬牝馬におけるGIレースなので
牝馬のトップクラスが出走してくるレースです。

過去にはウオッカ、ブエナビスタ、ダンスインザムード、ストレイトガールなどが出走

負けはしたもののラインクラフト、ミッキークイーン、ショウナンパンドラなども
出走しており、最強牝馬決定戦の様相を呈しています。

今年もリスグラシューをはじめ、ミスパンテール、ソウルスターリングなど
現時点で牝馬のトップにいる馬達が出走してきます。


(有力馬の1頭 リスグラシュー)

 

大波乱は考えづらいですが、実力馬が集まっているので
伏兵の台頭は十分に考えられるレースですね。

そんなヴィクトリアマイルで良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ヴィクトリアマイル最大の注目馬!

厩舎関係者が上位に食い込みチャンス十分
と色気を持っているのはあの馬!!

『ベストレコード』では、関係者が上位を十分に伺える
という穴馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でヴィクトリアマイル勝負馬の情報を教えます。

ヴィクトリアマイルの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ヴィクトリアマイルの有力馬の危険要因と買い要素

ミスパンテール

前走の阪神牝馬ステークスではそれまでの戦法から一転
逃げを打ち、そのまま逃げ切り勝ちを収めたミスパンテール

昨年のチューリップ賞では半年ぶりの競馬で新馬戦以来の競馬ながら
リスグラシューを破ったことから能力が高いのはは分かっていましたが
その素質が昨年秋から発揮されて重賞3連勝。

前走で逃げを経験した事で脚質にも幅が出来
ヴィクトリアマイルにおいては自在の競馬が出来そうです。

横山典弘騎手を背にどんな戦法をとってくるかは分かりませんが
今の充実度を考えると限りなくマイナス要素の少ない馬です。

 

リスグラシュー

前走の阪神牝馬ステークスではある意味リスグラシューらしい競馬で
3着に食い込み実力を示したリスグラシュー

2走前の東京新聞杯では強豪牡馬を相手に完勝して
今一歩足りなかったリスグラシューからの脱皮を印象付けましたが
阪神牝馬ステークスではいつも通りの競馬になってしまいました。

前走の敗戦がヴィクトリアマイルを前にした調整だったのか?
それともそもそもの馬キャラが変わっていないのか?

そこの判断がリスグラシューの取捨に大きくかかわってきますが
今までも見せている堅実な走りから軽視することは出来ない馬です。

 

アエロリット

今回のヴィクトリアマイルと同じ舞台で行われた
NHKマイルカップでは牡馬を相手に完勝しているアエロリット

秋華賞こそ無様な競馬を見せましたが
年明け初戦の競馬となった中山記念では2着を確保

改めてその先行力を見せつけてくれました。

切れる脚がない分、直線での瞬発力勝負となると分が悪い馬ですが
東京芝1600m戦のGIはクロフネ産駒の成績が良く
アエロリットとしても前走以上のパフォーマンスを見せられそうです。

 

ソウルスターリング

3歳春までは歴代最強牝馬の可能性すら感じていた
ソウルスターリングですが、秋以降は全くいいところがなく惨敗続き

久々のマイル戦で期待された阪神牝馬ステークスでも
いいところが全くなく惨敗

フランケル産駒ながら、パワーではなくスピードを武器としているだけに
タフな競馬になるとかなり厳しい面を見せてきそうです。

色々なことをやっても復活できないソウルスターリングにとって
今回のヴィクトリアマイルは復活への最終チャンスといえるレースですね。

 

アドマイヤリード

昨年のヴィクトリアマイル勝ち馬であるアドマイヤリード

ウオッカ、ブエナビスタなどの超一流の牝馬以外にも
ストレイトガール、ホエールキャプチャ、ヴィルシーナなど
過去にはリピーターがこのレースの特徴。

昨年馬群を縫って鋭く伸びてきたレース内容を見ると
東京芝マイル戦への適性は高そうですが
昨年と比較すると勢いがなくなっている点が気になります。

 

レッツゴードンキ

前走の高松宮記念では2着に入り、1200mのGIで3連続2着という
名誉なのか不名誉なのか分からない記録を持っているレッツゴードンキ

昨年はマイル戦でも結果を出しており、過去には桜花賞を制しているように
1600mのレースでも十分に走れる馬ですが
前走で1200mを走った分、距離延長にどこまで対応できるかは課題となります。

追い込み脚質が不利なだけに
今回の距離延長で少しでも前のポジションを取れればチャンスが広がりそうです。

 

カワキタエンカ

今年の中山牝馬ステークスを制して、前走の福島牝馬ステークスでも
逃げ粘りで2着に入ったカワキタエンカ

牝馬の一線級との対決はローズステークスで
ほとんどの有力馬に先着しており
その能力は決して劣ることはありません。

今回はアエロリットなどの同型がどのような出方をするかで
見せられるパフォーマンスが変わってきそうです。

レースを簡単に諦めるところがあるので
気分よくレースをしたいですね。

 

まとめ

今年のヴィクトリアマイルは

絶対女王が不在もレベルの高い一戦

です。

一応の主役はミスパンテールとリスグラシュー

2頭とも大きなマイナス要素もなく
十分に走れる状態にありますが
この2頭を上回る大駆けを見せられる馬も多数おり
決して安泰とは言えない存在です。

大きな波乱は考えづらいですが
中波乱を狙って穴馬を狙いたいですね。

 

 

2018ヴィクトリアマイルで私が注目している馬は
ここでの勝負気配がナンバーワンだと言えるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ