【京王杯スプリングカップ2018】過去10年のデータ分析|メイチ勝負の馬を狙え!!

Pocket

2018京王杯スプリングカップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京王杯スプリングカップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ちょくちょくこのブログで話題にしているように

私は“極度の漫画オタク”です。

読むジャンルは限られるんですが
とにかくいろいろな漫画を読みます。

で、漫画好きが高じて今年からブログを始めています。

そして、かなり熱いレビューを書いています。

 

前に読んだ中で面白いと思ったのは

「バトルロワイアル」

です。

映画になった作品ですから、タイトルくらいは
知っているのではないかと思いますが

この漫画、一言で言い表すと

「バカバカしさが、突き抜けています」

なんというか、中学生とかが考えそうな設定を
大真面目に漫画にして最後まで貫いている

という感じです。

ストーリーとか構成はお世辞にも褒められたものではありませんが
バカバカしさを最後まで貫く姿勢が
見ているものの興味を引くんですよね~。

何事もやり切るって大事ですね~

そんなバトルロワイアルのレビューを書いているので
良かったら見てくださいね。

バトルロワイアルのバカバカしさが面白い

 

 

さて、今週は京王杯スプリングカップが行われます。


(2017京王杯スプリングカップ レッドファルクス)

安田記念の前哨戦というポジションのレースですが
安田記念よりも200m短い1400mでのレースなので

それほど安田記念との関連性も強くないかなぁ

という感じです。

 

昨年も勝ったレッドファルクスは安田記念でも3着に入りましたが
過去の勝ち馬で見てみると

サクラゴスペル、レッドスパーダ、ダイワマッジョーレ
サダムパテック、サンクスノート、スズカコーズウェイ

となかなか微妙な名前が揃っていて

 

安田記念を見据えた強豪馬よりも
京王杯スプリングカップに全力投球してくる馬

に注目をしたいレースですね。

 

そんな京王杯スプリングカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ヴィクトリアマイルは確信の本命馬と

爆弾穴馬の2頭の一騎打ちで決まる!!

競馬セブンではヴィクトリアマイルで信頼出来る本命馬と
上昇度がえげつない穴馬、2頭の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

先々週の天皇賞春も1点勝負で仕留めた競馬セブン

ヴィクトリアマイル3点勝負買い目も無料公開します!

常識を疑う競馬セブンの情報力を堪能して下さい。

ヴィクトリアマイル3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京王杯スプリングカップ過去10年のデータ分析

一応は先行馬が有利も安定感なら差し馬

まず、最初に注目したのは京王杯スプリングカップの脚質です。
以下は京王杯スプリングカップでの4コーナーでの順位別成績です。

回収率という点で見てみると

“先行馬有利”

という傾向が出ていますが

複勝率という点から見てみると

“差し馬も互角の成績を残しています”

 

ポジションとしては安田記念前のトライアルレースという感じですが
前述した通り京王杯スプリングカップに全力投球してくる馬が多いので

“思ったほど前が楽な展開にならない”

という事が伺えます。

 

上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり最速の脚を使った馬の成績は優秀で

“展開面で大きな有利不利はなし”

と言えるでしょう。

 

1番人気は大苦戦!とにかく順当に決まらないレース

次に京王杯スプリングカップでの人気別の成績を見てみましょう。

一番人気馬は過去10年で馬券に絡んだのは2回のみ

と惨憺たる成績となっています。

このデータは安田記念で勝負できそうな実力馬が
通用していないという事の裏返しでもあります。

 

東京芝1600mと東京芝1400mでは
求められる能力が全く違いますし

前述した通り京王杯スプリングカップを
メイチにして出走してくる馬もいる

という点が波乱の要因だと言えます。

 

ちなみに京王杯スプリングカップにおける
騎手の乗り替わり成績についても調べてみると

と京王杯スプリングカップで騎手の乗り替わりがあった馬が
好成績を残している事が分かります。

このあたりの不安定さも京王杯スプリングカップの特徴ですね。

 

 

混戦に強い精神力が必要

最後に京王杯スプリングカップの種牡馬成績を見てみましょう。

1位ダイワメジャー、2位サクラバクシンオーと続いていますが
複勝率の観点から考えるとそれほど高い数字ではありません。

これ以外で目立つのは

ロドリゴデトリアーノ、ジャイアンツコーズウェイ
タイキシャトル、サクラプレジデント

など通常芝の重賞レースで上位に絡んでこない種牡馬達の
名前が上位に絡んでいるという点

 

純然たる能力勝負になるとサンデー系種牡馬が強いのですが
そうなっていないという事は能力勝負になっていないという事です。

 

ここで前走から京王杯スプリングカップにかけて
頭数の変化があった時にどのような成績分布を見せているのか

という点について調べてみました。

前走から京王杯スプリングカップにかけて頭数増となって
出走した馬(前走が少頭数で競馬をした馬)だけ

著しく成績が悪い事が分かります。

多頭数になるとレースがごちゃごちゃするので
馬群に揉まれるのが弱い馬などは
一気にパフォーマンスを落としてきます。

 

つまり、混戦に強い精神的な強さがない馬は苦戦している

という事です。

京王杯スプリングカップではメンタルの強い馬を
ピックアップしていきたいですね。

 

 

以上が2018京王杯スプリングカップを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京王杯スプリングカップは安田記念の前哨戦ですが
本番とは距離が違うので、関係性の薄いレースです。

それゆえに京王杯スプリングカップに全力投球する馬の活躍が目立ち

1番人気馬の信頼性が薄いレースです。

フルゲートになりやすい事から馬群に揉まれ弱いような
精神力の弱い馬は苦戦する傾向になるので

精神的に強い馬を買いたいですね。

 

 

私が京王杯スプリングカップで注目しているのは
馬群に入っても怯まないメンタルを持つあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。