2018天皇賞春枠順確定、有利な枠はないけれども展開が恵まれそうな馬は?

Pocket

2018天皇賞春の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた天皇賞春での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ゴールデンウィークがはじまりましたね~

のび太でなくてもこんな事を言いたくなります。

私は一日家にいると言う事が出来ないタチなので
出来うる限り予定を入れちゃっています

逆にどこにも出かけないで家にいる

という人は凄いなぁと思います。

人生は楽しんでナンボですから
寝ることが人生の幸せなのであれば
いっぱい寝た方がいいと思うんですよね~

「暇だからする事がない」とか

「お金がないから何も出来ない」とか

そういう感じで休日を過ごすのは勿体ないなぁと思います。

私のメルマガでは競馬の情報以外にも

“身近に出来るお金稼ぎの方法”

とかも紹介しているので、もしお金がなくて
困っているのであれば申し込んで下さいね。

「お金がないから何も出来ない」という状況からは脱出できますよ。

という事で天皇賞春の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

陣営の本音を聞き出して分かった!
天皇賞春はあの関西馬2頭の一騎打ち!!

第157回 天皇賞春 (G1)

チェックメイトでは混戦ムードが漂う天皇賞春において
超強気な姿勢を見せていた2頭の情報をキャッチしています。

そして、果たしてその2頭とはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
天皇賞春で超強気の姿勢を見せる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料です)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞春の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。
(枠順の有利不利はそれほどないと思っていますが…)

まず天皇賞春(京都芝3200m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・最初から先頭を走っている馬は辛い

・スタミナの豊富な馬が有利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れ予報となっているので
良馬場でのレースが見られそうですので、馬場の面は考慮しなくて良さそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

ちなみに今回枠順が発表されましたが、
天皇賞春はデータからは枠順の有利不利がありません。

脚質と一般的な枠順の有利不利を当てはめて見解を話していきます。

 

1枠2番 チェスナットコート

前走の日経賞では最後直線で伸びて2着を確保した
チェスナットコートは1枠2番に入りました。

天皇賞春は直線一気が決まらないコースなので
4コーナーである程度の位置を取りたいところですが
今回の2番枠なら内にピッタリつけて
直線で空いた内を強襲するという事が可能です。

良い枠を引きましたね。

 

3枠6番 ガンコ

今回の天皇賞春において最大の上がり馬だと目されている
ガンコは3枠6番と競馬のしやすい枠順に収まりました。

日経賞ではキセキに競りかけられても
どうじなかった内容を見るとその力は本物だと言えますが
2周目の向こう正面から色々な馬が仕掛けてくるので
前に行くガンコがそのプレッシャーにどこまで耐えられるかが焦点となりそうです。

 

4枠8番 クリンチャー

三浦皇成騎手への乗り替わりでにわかにざわついているクリンチャーは
4枠8番という競馬をしやすい枠に収まりました。

基本的に先行する馬ですが、菊花賞では後方からの捲りを決めているように
どこでも仕掛けられる器用さがあるだけに
武豊騎手から三浦皇成騎手に乗り替わったのは痛いですね。

 

5枠10番 サトノクロニクル

前走の阪神大賞典では2着に入り長距離適性を見せつけた
サトノクロニクルは5枠10番に入りました。

勝負どころでの反応が鈍い馬ですが
長距離でのレースとなるので
枠順はどこでも問題はないと思います。

G2,G3では走って、GIでは格負けする

というタイプの馬なだけに多頭数の混戦という条件は
あまりプラス要素とは言えないですね。

 

6枠11番 シュヴァルグラン

前走の大阪杯では13着と惨敗してしまった
シュヴァルグランは11番枠に入りました。

内目の方が良い馬ではありますが、枠順による不利はないでしょう。

前走は騎手も含めて、難しい条件での競馬だったので
惨敗は気にする必要なしです。

今回はいつも通りのシュヴァルグランが見られそうですね。

 

6枠12番 レインボーライン

阪神大賞典では鮮やかな差し切り勝ちを収めた
レインボーラインは12番枠に入りました。

この馬がやる事は最後方待機からの直線ズドン

なので、枠順はあまり関係ないのですが
天皇賞春に限った話をするとレインボーラインの
いつもの戦法では通用しないので
今回はある程度捲ってきそうですね。

 

7枠14番 アルバート

ステイヤーズステークス3連覇を成し遂げた
アルバートは外目の14番枠に収まりました。

年齢を重ねてきて道中の行きっぷりが悪くなっているので
内に閉じ込められるよりも邪魔されない外を通った方が良いので
枠順としては良い枠に入ったと言えます。

あとは勝負どころで前に進出できるかどうかですね。
ルメール騎手の手綱さばきにも期待です。

 

8枠15番 トーセンバジル

前走の日経賞では見せ場無く破れてしまったトーセンバジルは
8枠15番という外枠を引き当てました。

好走したレースがインから強襲した形が多いので
本当であれば内目の枠を引いて
ジッと内で脚を溜めたかったところです
今回もデムーロ騎手が騎乗するので

マイルチャンピオンシップのペルシアンナイトのような
騎乗をしてくれるかもしれないですね。

 

展開予想のポイント

展開のポイントは

”有力馬が向こう正面から仕掛けていくレースである”

という事です。

その影響で1周目のスタンド前を通過するときに
前を走っている馬は後続からの突き上げを食らって
あまり良い成績を残せていません。

今回有力馬の中では前で競馬をしそうな
ガンコとクリンチャーがどのような立ち回りをするのかが
2018天皇賞春における展開のポイントですね。

 

まとめ

2018天皇賞春で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠6番 ガンコ

1枠2番 チェスナットコート

今回はこの2頭を挙げたいと思いますが

直線に入る前に動きがありそうなレースなので、
ペースの変化に惑わされず、自分の競馬が出来る馬が
混戦を抜け出してきそうですね。

展開に注意して予想をしていきたいですね。

 

私が2018天皇賞春で注目している馬は
地力は見劣らないのに全く人気がなさそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ