【NHKマイルカップ2018有力馬危険度分析】タワーオブロンドンで鉄板?

Pocket

ここではNHKマイルカップ2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるタワーオブロンドンの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

私はベテランの競馬ファンなので
NHKマイルカップは第一回から見ています。

第一回のNHKマイルカップはファビラスラフィンという馬が
人気になったのですが、レースでは馬群に揉まれて惨敗。

毎日杯を勝ったタイキフォーチュンという馬が
見事にレコードで勝利を飾り、初代チャンピオンになりました。

ただ、その後のタイキフォーチュンはというと惨敗続きで
一度も勝ち名乗りを挙げることも無く、馬券圏内に入ることも出来ず
そのまま現役引退という残念な末路を辿ってしまいました。

 

その頃と比較してNHKマイルカップって
立ち位置が変わっていないなぁ

という印象を受けます。

 

過去にはキングカメハメハ、ラインクラフト、ディープスカイという
名馬たちも勝っていますが、基本的にはNHKマイルカップを勝った馬は
それほど大成せずにイマイチの馬に成り下がっています。

昨年の勝ち馬アエロリットはまだどうなるか分かりませんが

ウインクリューガー、クラリティスカイ、マイネルホウオウ 等々

そもそも「そんなに強くないよね?」という馬が
普通に勝っていて残念皐月賞、残念桜花賞の雰囲気が漂っています。

 

今年の出走予定メンバーを見てみると

朝日杯でダノンプレミアム、ステルヴィオに完敗した
タワーオブロンドンを筆頭として

デイリー杯でジャンダルムに完敗したカツジなど

例年通り、トップクラスからは一枚下のメンバーが揃っています。

波乱が十分に考えられそうなメンバー構成ですね。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

NHKマイルカップ最大の注目馬!

厩舎関係者が能力は相当と
大きな期待をかけているのはあの馬!!

『ベストレコード』では、陣営の本気度が抜けている
あの馬の情報を入手しています。

今週『ベストレコード』に無料会員登録してくれた人には
無料でNHKマイルカップ勝負馬の情報を教えます。

NHKマイルカップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ベストレコードの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

と言うことで、今週はNHKマイルカップが行われます。


(2017NHKマイルカップ アエロリット)

冒頭で話したとおり、例年レベルの低いメンバー
で戦われるGIレースです。

 

今年はタワーオブロンドン、カツジ、ケイアイノーテック
あたりが人気になりそうなメンバーですが
果たしてこの馬達はNHKマイルカップの舞台である
東京芝1600mに適性があるのでしょうか?


(有力馬の1頭 ケイアイノーテック)

NHKマイルカップで良い予想をすべく、
出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

NHKマイルカップの有力馬の危険要因と買い要素

タワーオブロンドン

前走のアーリントンカップでは後方から豪快に差しきって
人気に応える見事な勝利を収めたタワーオブロンドン

血統面や走りの内容から見ても分かるとおり
スピードよりもパワーで押していくタイプの馬です。

NHKマイルカップが行われる時期の東京競馬場は
例年、馬場が荒れてくるので、その点はタワーオブロンドンには合っていそうです。

あとは本質的にマイルよりも短い距離の方が合う馬なので
適性面をどのようにクリアするのかが焦点となります。

 

カツジ

前走のニュージーランドトロフィーでは今までの戦法から一転
後方からの追い込みで勝利を収めたカツジ。

脚質の幅が広がったのはカツジにとってプラス要素で
ディープインパクト産駒にしてはパワータイプのカツジにとって
NHKマイルカップの舞台は合いそうです。

前走と同じく後方からの競馬になると展開に潰される可能性があるので
どこまで前のポジションを取れるかが焦点となります。

 

ケイアイノーテック

朝日杯フューチュリティステークスで僅差の4着になるなど
重賞で堅実な末脚を見せているケイアイノーテック

ディープインパクト産駒らしく末脚勝負に賭けるタイプなので
NHKマイルカップでは展開が向くかどうかが
大きなポイントとなりそうです。

例年の傾向を見てみると展開が向かない可能性が高そうですね。

 

パクスアメリカーナ

前走のアーリントンカップでは内の苦しいところから
しぶとく伸びて2着を確保したパクスアメリカーナ

NHKマイルカップと相性の良いクロフネ産駒であり
舞台適性には大きな期待が持てる馬です。

また、条件戦ではケイアイノーテックを完封しており
重賞で通用する地力も持っている馬。
不安要素も少なく、期待できる馬ですね。

 

テトラドラクマ

2月に行われたクイーンカップで鮮やかな
逃げ切り勝ちを収めたテトラドラクマ

未勝利戦の勝ち上がり方を見ても能力の高さは分かりますし
パワーのあるテトラドラクマにとって
NHKマイルカップの舞台は合いそうですが

クイーンカップからの直行でGIというのは
常識的に考えれば厳しいローテーションだと言わざるを得ません。

マークされずに逃げられてナンボでしょう。

 

ギベオン

前走の毎日杯ではブラストワンピースには完敗したものの
しっかりと2着を確保したギベオン

ディープインパクト産駒らしい末脚が魅力の馬ですが
今回はなんといってもデムーロ騎手が手綱を取ると言う事で
注目を浴びる存在となりました。

破壊力で劣る分、GIではどうか?

というタイプの馬であるだけに
デムーロ騎手が上手くギベオンの不足分をカバーできれば
NHKマイルカップでも互角に戦えそうです。

 

プリモシーン

フェアリーステークスで強い競馬をみせたプリモシーンですが
桜花賞では久々が響いた影響か10着と大敗

戦績に傷がついたプリモシーンですが、
上がり3ハロンのタイムは3位と
その能力はまだ見限れる物ではありません。

一叩きして上昇が見込める上に
相手も弱くなる今回であれば
不安よりも期待の方が大きい存在だと言えますね。

 

まとめ

今年のNHKマイルカップは

決め手を持つ馬が不在の混戦

となっています。

一応はアーリントンカップを勝ったタワーオブロンドンが主役ですが
器用さに欠ける面を持っており
展開次第ではどの馬でも台頭出来るようなレースになりそうです。

ある程度、展開・適性の偏りを決めて
予想をした方がメリハリのある馬券を買えそうですね。

 

 

2018NHKマイルカップで私が注目している馬は
今回の舞台への適性がピカイチのあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ