菊花賞前哨戦の神戸新聞杯|阪神芝2400mのデータと傾向

Pocket

阪神競馬場が改修されてから、より一層タフさが増しました。

その中でもパワー型が活躍する舞台芝2400m
重賞では菊花賞トライアル神戸新聞杯が開催される舞台としても知られています。

特色が強く、把握しがいのあるコースなので
是非特徴を頭に入れておいてください。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

阪神芝2400mラップ別成績

スタートの直線は309m。
スタート後ポジション取りをして最初のコーナーに入る段階でペースはスローダウン
13秒近いタイムに一気に落ちて、そこから12秒ちょっとでレースは推移

下り坂のあるラスト3ハロンで一気に11秒台にペースアップ
最後の急坂で一気にペースダウンしてゴールというコース設定。
直線は473mと長い。

まず脚質別の成績です。

阪神芝2400m脚質別成績

差し馬がやや優勢。
基本差し馬が有利な舞台だが、長距離戦ではスタミナも問われるため
ズバッと差してくる馬も少なくなる。

ただ、逃げ馬には厳しい舞台。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神芝2400m枠順別成績

内枠の方が好成績を収めている。
外枠が致命的に不利というわけではないが
勝率・複勝率共に内枠が有利なのは明らかで
長距離戦になると経済コースを通れるメリットは大きい。

続いて、種牡馬別の成績

阪神芝2400m種牡馬別成績

1位のキングカメハメハ産駒をはじめ
ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークなど
パワーがあって、スタミナがある馬が好成績。

ディープインパクト産駒の不振は見逃せない。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神芝2400m騎手別成績

福永祐一騎手が勝率・複勝率ともに圧倒的な好成績を収めている。
3位川田将雅騎手、5位国分恭介騎手も高い回収率を残している。

乗り方のタイプはさほど気にする事はなさそうです。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神芝2400m人気別成績

1番人気の成績は標準と言えるが
2,3番人気は不振を誇る。

4~7番人気の中穴圏の馬の活躍が目立ち
馬単勝負で人気馬を2着付けにするなどの攻め方もあり。

以上が特徴となります。

まとめです。

とにかくパワーが必要なタフな舞台。
スピードがウリの馬は外していきたい。

差し馬優勢も先行馬もほぼ互角の成績を残しており
さほど気にする必要はないが、経済コースを通れる内枠に注目したい。

人気面では中穴を狙っていける舞台。

スポンサードリンク