【京都新聞杯2018】過去10年のデータ分析|能力よりも器用さで勝負!!

Pocket

2018京都新聞杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京都新聞杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はダービートライアルの京都新聞杯が行われますが
昔は菊花賞トライアルの筆頭としてレースが行われていました。

過去にはスペシャルウィークをはじめ

ダンスインザダーク、アドマイヤベガ、ミホノブルボン
ウイニングチケット、メジロライアン

と私が知っているだけでも多くの名馬を輩出したレースです。

この京都新聞杯がダービートライアルになった時に
めちゃくちゃ悲しい気持ちになりましたからね~

 

開催時期が変わった後も

ハーツクライやキズナ

などの馬が勝っていますが、どうしたって全体的に小ぶり。

名馬が名勝負を繰り広げたレースはあんまり変えてほしくないなぁ

というのは老害的発想ですかね~

 

 

さて、今週はその京都新聞杯が行われます。


(2017京都新聞杯 プラチナムバレット)

青葉賞と比較すると影の薄いレースではありますが
毎年、ダービーを目指して多くの馬が出走するレースです。

特に今年は皐月賞が波乱だったので
色気のある馬が多く出走してきそうですね。

 

そんな京都新聞杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

NHKマイルカップはタワーオブロンドン1強ではなく
あの関西馬で断然の1強!!

チェックメイトではタワーオブロンドン1強ムードが漂う
NHKマイルカップにおいて

“勝ち負けではなく、どんな勝ち方をするかだけ”

と超強気な姿勢を見せている1頭の関西馬の情報をキャッチしています。

そして、果たしてそれはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
NHKマイルカップで超強気の姿勢を見せる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料です)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都新聞杯過去10年のデータ分析

先行馬が有利も内差しなら十分に通用

まず、最初に注目したのは京都新聞杯の脚質です。
以下は京都新聞杯での4コーナーでの順位別成績です。

大差がついている訳ではありませんが

“先行馬が有利”

というデータが出ています。

 

GI前のトライアルレースは通常スローに流れることが多いですが
京都新聞杯の場合はダービーへの出走権を意地でも獲りたい。

という馬が出走してくるので
通常のトライアルレースよりはペースが速くなります。

 

それゆえに先行馬と差し馬の成績差は大きくありませんが

競馬の原則である「先行馬有利」

から前にいる馬が有利となっています。

 

ちなみに京都新聞杯における枠順別の成績を見てみると

と、内枠の馬が好成績を収めています。

京都新聞杯は京都競馬場の外回りで行われるレースなので
4コーナー手前から下り坂を下ってくるので

インの経済コースを通った差し馬でも直線で前が空く

という事が内枠有利というデータに繋がっています。

 

差し馬の中でも、特に

「内枠の差し馬」

に要注意ですね。

 

絶対的な能力よりも立ち回りが出来る器用さが必要!!

次に京都新聞杯での馬体重別の成績を見てみましょう。

馬体の大きい馬は苦戦しており
小柄な馬の方が高い回収率を見せています。

先ほども話した通り、京都競馬場の外回りコースは
4コーナー手前から下りになるため

ストライドが大きく不器用な馬は
外に大きく振られてしまい距離ロスを被ってしまいます。

一般的に考えて馬体が大きい馬の方がストライドが大きく
馬体の小さい馬の方がストライドが短いので

純粋に馬体が小さく小回りが利く馬の方が走っている

という事ですね。

 

ダービーに出たい気持ちは皆同じ!前走条件は関係なし

最後に京都新聞杯の前走クラス別成績を見てみましょう。

率でいえば、オープン特別以上のレースを走ってきた馬が強いですが
回収率の面から言えば、下級条件を経由した馬の方が強いです。

日本ダービーは出走することすら名誉になるレースですが
とにかくどの条件の馬も日本ダービーに出たいわけで

「ローテーションが…」

という事はそれほど大きく響いてきません。

 

どの馬のダービーに出るため全力投球

だという事を覚えておきたいですね。

 

前走距離別の成績もちらっとみてみると

前走で2200mを使った馬に一日の長があります。

器用さが問われるレースですから
根幹距離の能力勝負を経験してきた馬より
立ち回り勝負をしてきた馬が有利だという事ですね。

 

 

以上が2018京都新聞杯を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京都新聞杯は京都競馬場の外回りコースで行われるので

4コーナー手前から続く下り坂に上手く対応した馬が
成績を残せるレースになっています。

原則は先行馬が有利なレース

ですが、どの条件から出走する馬も
ダービーに出るため全力を尽くすレースになるので
ローテーションは気にする必要はなさそうです。

 

 

私が京都競馬場で注目しているのは
立ち回りが上手くここで走れそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ