春のグランプリ宝塚記念の舞台|阪神芝2200mの特徴と攻略法

Pocket

春のグランプリ宝塚記念が行われる舞台といえば阪神芝2200mです。

阪神競馬場のGIといえば桜花賞、阪神JFなど
マイルというイメージがありますが
この宝塚記念の舞台は歴戦の古馬が争うに相応しい
重厚でタフな舞台設定となっています。

早速、分析を行っていきましょう。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

阪神芝2200mラップ別成績

スタート後の最初の直線は530m
このコースの特徴はポジション取りで一番早くなる2ハロン目に
急な上り坂が入っている事です。

ゆえに3ハロンまで先行争いが続きます。
その後は平均的なラップを刻み、ラスト3ハロンへ
他のコースは大体ここから早くなりますが
このコースは速くなりません。

そのまま一定のペースで進み、ラストの上り坂でさらに時計がかかる
というようなパワーとスタミナが問われるタフなコースです。

では、脚質別の成績を見てみましょう。

阪神芝2200m脚質別成績

全体としては先行馬が優勢ですが、差し馬も勝ち星では同数
逃げ馬はもちろん、追い込み馬にもチャンスのあるコースで
脚質のアドバンテージは計りづらいコースです。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神芝2200m枠順別成績

勝利数、回収率の面からは内枠が有利です。
スタートからの直線が長いので、
ポジション取りの有利不利はありませんが
タフなコースなので、常に経済コースを通れる
内枠の方がスタミナロスを抑えられるという事です。

続いて、種牡馬別の成績

阪神芝2200m種牡馬別成績

勝ち星では1位ディープインパクト、2位キングカメハメハ
となっていますが、回収率の面からは良くありません。

タフなコースなので、パワーのあるステイゴールド産駒や
マンハッタンカフェ産駒、グラスワンダー産駒が好成績を残しています。
狙うべき馬はパワーとスタミナを備えた産駒です。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神芝2200m騎手別成績

川田将雅騎手、武豊騎手が勝ち星・回収率ともに上位です。
全体的に回収率が高めという事は
人気通りに決着していないという事の現れです。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神芝2200m人気別成績

1番人気の成績は複勝率は良いですが、勝ち切れません。
5番人気以降の馬は非常に回収率が高く
人気通りに収まっていない事がわかります。

以上が特徴となります。

まとめです。

脚質的には大きな有利不利はありませんが
とにかくタフでスタミナとパワーが要求されるコース
消耗戦必至の舞台で、このコースに向く適性を見抜くことが最重要です。

適性を満たした馬は人気薄でも走ります。
この条件を頭に入れて、高配当を狙っていきましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。