【天皇賞春2018予想】レインボーラインは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018天皇賞春に出走を予定している
レインボーラインが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週のマイラーズカップ、フローラステークスでは
切り馬が見事に撃沈しました。

マイラーズカップ:サングレーザー

フローラステークス:サトノワルキューレ

を危険馬に指名していたのですが
どちらにもキッチリと走られて馬券は撃沈

 

にしても、サングレーザーもサトノワルキューレも
ハンパない末脚でしたよね。

サングレーザーについては

「前哨戦であんな脚使って良いの?」

と思わずにはいられない内容でした。

福永騎手ってトライアルとか関係なく
毎回馬の力を出し切ろうとするから
GIでは危なっかしくて見てられません。

 

いつぞやのセントウルステークスでビッグアーサーが
逃げ切り勝ちを果たした時の事を思い出しました。

サングレーザーは安田記念ではどうなんでしょうかね~

そして、人の事を気にしている前に
2週連続で危険馬に勝たれないように
「今週こそは」と気合いを入れて頑張りたいと思います。

 

では、天皇賞春の話にいってみましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

陣営の本音を聞き出して分かった!
天皇賞春はあの関西馬2頭の一騎打ち!!

第157回 天皇賞春 (G1)

チェックメイトでは混戦ムードが漂う天皇賞春において
超強気な姿勢を見せていた2頭の情報をキャッチしています。

そして、果たしてその2頭とはどの馬なのか?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
天皇賞春で超強気の姿勢を見せる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料です)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞春で切るべき人気馬

さて、今週は天皇賞春が行われます。


(写真は2017天皇賞春 キタサンブラック)

 

京都芝3200m戦という年に一度しかない舞台という事もあり
毎年波乱傾向を見せる難解なレースです。

主役となるシュヴァルグランも前走で大敗している上に
今年の重賞で活躍しているガンコ、クリンチャーの勢いを侮れず、
どの馬にもチャンスがありそうなレースになっています。

そんな混戦模様の今年の天皇賞春にあって

「この馬はちょっと買えないなぁ」

と思っている馬が1頭います。

 

そこで、ここでは2018天皇賞春において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018天皇賞春で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

レインボーライン

です。

 

レインボーラインは前走の阪神大賞典で勝利を挙げた実力馬です。

昨年の天皇賞秋でも不良馬場を苦にせず3着に入り
菊花賞2着、NHKマイルカップ3着の実績を持つなど
いつGIに手が届いても良い能力を持っています。

今年は年明け初戦でいい出足をみせた事から
天皇賞春では悲願のGI制覇を果たす可能性が
十分にあると見られている馬ですが

そんなレインボーラインが、なぜ馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

レインボーラインの不安要素

前走は恵まれすぎ?自分で勝負を賭けられない他力本願型

レインボーラインは前走の阪神大賞典で
ライバル達を並ぶ間も無く、豪快に差しきったように
鋭い末脚を武器としている馬です。

この武器が最大限に活かされたのが阪神大賞典でした。

このレースは11頭立てで行われたレースでしたが実質

クリンチャー、サトノクロニクル、アルバート、レインボーライン

の4頭立てで行われたレースでした。

それゆえにレインボーラインは他の3頭だけを見て
競馬が出来たレースでした。

※実際にはアルバートは後ろにいたので
クリンチャー、サトノクロニクルを見ての競馬でしたが。

 

直線ではこの2頭を交わして完勝したわけですが
もともとレインボーラインは

“自分でレースを動かせない他力本願型の馬です”

昨年秋に行われたジャパンカップ、有馬記念でも

後方で脚を溜めるだけ溜めて直線の追い込みに賭ける

という内容の競馬に徹しており

 

展開が向いたときだけ上位に来る

という内容のレースを続けています。

つまり、少頭数で有力馬が少ないレースであれば
勝ちにいく競馬が出来ますが

多頭数で有力馬がばらけるようなレースになると
自分の競馬に徹する事しか出来ない

という特徴があるのがレインボーラインです。

天皇賞春ではおそらくフルゲートになる事が予想され
隊列も縦長になる事を考えると

恵まれた前走に対して、今回恵まれる可能性は限りなく低い

と言えます。

 

追い込み馬が届かない天皇賞春

レインボーラインは後方から一気の末脚で勝負するタイプの馬ですが
天皇賞春では差し・追い込み馬の成績が良くありません。

以下は天皇賞春における4コーナーでの順位別成績ですが

直線で後方に控えていた馬は勝負に参加出来ていません。

4コーナーに入る前、例えば2コーナー過ぎの向こう正面あたりで
徐々にポジションを上げて、4コーナーでは好位にいることが出来れば
十分に勝負になるのですが、

レインボーラインの昨年の天皇賞春における4角順位を見てみると

4コーナーでの順位 14番手

と、絶望的なポジションで競馬をしています。

天皇賞春以外の4コーナーでの順位を見てみると

2017有馬記念 13番手
2017ジャパンカップ 17番手
2017宝塚記念 6番手
2016ジャパンカップ 13番手
2016菊花賞 12番手
2016日本ダービー 14番手

不良馬場で周りの馬が勝手に脱落していった
2017天皇賞秋を除くとほとんどが

4コーナー10番手以下で競馬をしています。

今回も同様の競馬をする可能性が高い事を考えると

展開が向かずに負ける可能性は大です。

 

以上、2つの理由から

2018天皇賞春で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

レインボーライン

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

昨年秋はGI戦線で安定した走りを見せていた
レインボーラインですが

阪神大賞典はかなり展開に恵まれた競馬で
天皇賞春では恵まれない可能性が高いと言えます。

またレインボーラインの脚質から考えても
天皇賞春で展開が向く可能性は低く

人気に支持される事を考えると
極めて期待値の低い存在だと言えます。

レインボーラインを外して勝負をしたいですね

 

2018天皇賞春で私が注目している馬は
意外性の一発があるあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。