【青葉賞2018】過去10年のデータ分析|ディープ、ロブロイの独壇場!!

Pocket

2018青葉賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
青葉賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前に久々にゲームセンターへ行きましたが
ゲームセンターでの楽しみ方を忘れてしまいました。

昔は「スターホース」にハマっていたんですよね~

今もスターホースはかなり進化していて
面白そうな内容になっているんですが
完全に素人をシャットアウトする仕様になっているんですよね。
(メダルを入れることも出来ないし…)

ゲームが進化していくと複雑になっていって
ディープなファンしかついていけなくなるのは
ファイナルファンタジーとかをみていても感じるところではありますが

そうなると「パチンコ・スロット」か「メダル落とし」しかない。

メダル落としも大量のメダルを必要とするし
パチンコ・スロットも特に興味がなく
ゲームセンターはもう私には合わないんだなぁと思いました。

昔はライト層でも楽しめる競艇のメダルゲームとか
ポーカーとか、ルーレットとかあったんですけどね~

時代は変わるし、変わった後のゲームセンターに対応出来なかったということでしょう。

パチンコ・スロットも卒業して、ゲーセンも卒業

 

改めて競馬一本で頑張っていこうと決意した今日この頃です。

 

 

という事で、今週は青葉賞が行われます。


(2017青葉賞 アドミラブル)

毎年、青葉賞を勝った馬は日本ダービーでも人気になりますが
未だに勝ち馬はいないんですよね~

 

昨年勝ったアドミラブルも1番人気に支持されて3着ですし

過去にはシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、フェノーメノが2着

それ以外にもペルーサが人気で負けていたりと

日本ダービーを目指すには難しいレースですが
過去には強い馬が活躍しているので
今年の青葉賞も見逃せない一戦ですね。

 

そんな青葉賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

第157回 天皇賞春(GI)

厩舎関係者がチャンスあり!

と目論んでいる超大穴馬とは?

競馬セブンでは天皇賞春で
「持久力勝負になれば、チャンスはありありだ!」
と息巻く超大穴馬陣営の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして、天皇賞春3点勝負買い目も無料公開します!

常識を疑う競馬セブンの情報力を堪能して下さい。

天皇賞春3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

青葉賞過去10年のデータ分析

逃げ・先行馬は不振、差し馬狙いが基本

まず、最初に注目したのは青葉賞の脚質です。
以下は青葉賞での4コーナーでの順位別成績です。

最後のコーナーでの順位別の成績を見ると
逃げ馬(もしくは3番手以内にいる馬)は圧倒的に好走率が低い事が分かります。

東京芝2400m戦は直線での末脚勝負になることが多いので
どうしても逃げた馬は苦しい展開になってしまいます。

中団で脚をしっかりと溜めることが出来て
直線でも最後までバテない持久力のある末脚が求められるレースですね。

 

ちなみに青葉賞における上がり3ハロン順位別の成績を見てみると

上がり1,2位に入っている馬は複勝率65%超え
回収率も100%を超えており安定した成績を残しています。

飛びぬけて良い数字ではありませんが
差し馬が中心のレースである事は間違いありません。

 

青葉賞はディープとロブロイだけ買っていればいい?

次に青葉賞での種牡馬別の成績を見てみましょう。

1位ディープインパクト、2位ゼンノロブロイの数字が
飛びぬけて良い事が分かります。

ディープインパクト産駒の場合は直線での末脚が武器で
日本ダービーよりもスローペースになりやすい
青葉賞だとより力を発揮できる環境であるという事が分かります。

一方のゼンノロブロイは持久力のある末脚が持ち味な一方で
精神的に脆い馬が多く、馬群に揉まれるなど摩擦に弱い馬。

そういった意味で青葉賞は広いコースで行われる上に
スローに流れて長い直線での持久力勝負になりやすいので

ゼンノロブロイ産駒にとって最も得意とされる舞台であり
この好成績に繋がっているということでしょう。

 

ちなみに馬体重別の成績を見てみると

と馬体が大きいチャンピオンタイプの馬が活躍している事が分かります。

基本的に競馬は馬体の大きい馬の方が有利ですが

広々としたコースで馬の能力がそのまま出るレースの場合
その傾向は顕著になるので、馬体重にも注目しておきたいですね。

 

東京2400mは内枠有利が鉄則!

最後に青葉賞の枠順別成績を見てみましょう。

1~5枠の複勝率が30%台
6~8枠の複勝率が20%台

と分かりやすく、

「内有利、外不利」

のデータが出ています。

 

青葉賞に限ったことではなく、

“東京芝2400mは内枠有利”

というのが定石です。

 

昨年のオークスは馬連1-2で決着

そして、昨年のジャパンカップでも馬連1-2で決着

と東京芝2400mは内に入った馬が有利なので
予想の前提条件として頭に入れておくと良いですね。

 

 

以上が2018青葉賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

青葉賞は東京芝2400mという有利不利の少ない条件なので

“適性よりも能力が物をいうレース“

ということを覚えておくといいでしょう。

その分、逃げた馬のアドバンテージが利きづらく
差し馬から狙っていく事が基本戦略となり
内枠が優勢というデータもある事を覚えておきましょう。

あとディープとロブロイは注目ですね。

 

 

私が青葉賞で注目しているのは
ディープインパクト産駒の中でも能力を評価しているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ