【天皇賞春2018】過去10年のデータ分析|スタミナ必須の特殊条件!

Pocket

2018天皇賞春を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
天皇賞春で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

天皇賞春が行われる日は毎年、東京競馬場に行っています。

天皇賞春が楽しみだという側面はあるのですが
何よりもゴールデンウィーク初日に行われる

というのが一番の理由です。

 

連休初日の解放感って素晴らしいですよね。

終わってみればあっという間なんですが、
楽しい事が山積みの状態は大歓迎ですね。

 

という事で、今週は天皇賞春が行われます。


(2017天皇賞春 キタサンブラック)

こういったブログ記事を書いていると

「どの馬を本命にしようかなぁ~?」

 

なんて考えるんですが
今年は買いたい馬がいないですね~

 

シュヴァルグランはともかく、

ガンコとかクリンチャーとかがGIの主役なのか?

と自分に問うてみるとなんか違うような気がしてしまいます。

レベルとしては低い天皇賞春ですが
荒れるかといえばまた別問題な訳で…
(伏兵陣も買いたい馬がいない…)

予想としては難しい天皇賞春となりそうです。

 

そんな天皇賞春を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

天皇賞春は指数を見るだけでは的中出来る!!

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースは天皇賞春

うまコラボではフローラSデータの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「天皇賞春」「青葉賞」
のデータは無料で見られる上に
「天皇賞春」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞春過去10年のデータ分析

スタート後は折り合い重視、後方にいる馬の捲りに注意

まず、最初に注目したのは天皇賞春の脚質です。
以下は天皇賞春での4コーナーでの順位別成績です。

最後のコーナーでの順位別の成績を見ると
前にいる馬が圧倒的に有利なんですが

天皇賞春は京都芝3200mで行われる条件なので
コーナーが6回あるコースです。

 

ちょっとこのデータだけでは語れないので
天皇賞春での2コーナーでの順位別成績も見てみましょう。

2コーナーでの順位を見てみると

“後方でレースを進めている馬の成績が安定している”

事が分かります。

天皇賞春は長丁場のレースなので、どこかでペースが緩みます。

そのペースが緩んできたときに後方から
捲ったり、ポジションを上げたり

と、アクションを起こす馬が出てくるので
前にいる馬にとっては落ち着かない展開になります。

道中は脚を溜めて、最終コーナーの前に進出する

そんな馬が活躍するレースですね。

 

スタミナ重視の特殊レースではディープは苦しい

次に天皇賞春での種牡馬別の成績を見てみましょう。

スタミナとパワーに優れるステイゴールド産駒がトップ

オルフェーヴルやゴールドシップが負けている中で
この成績は立派ですがが、それに続く馬を見てみると

 

ブラックタイド、チーフベアハート、ジャングルポケット
ハーツクライ、オペラハウス、マンハッタンカフェ

など、スタミナのある種牡馬が勝っていることが分かります。

 

逆に現代におけるスピード競馬の象徴である
ディープインパクト産駒は苦戦傾向にあります。

昨年のサトノダイヤモンドは3着に入りましたが
過去にはキズナが1番人気を2度裏切っているように
全体的にディープインパクト産駒は走っていません。

京都芝3200mは年に一度しかない特殊条件でのレース

絶対能力よりもスタミナが問われるレースである事は明白ですね。

 

ちなみに年齢別の成績からもスタミナ優位なレース傾向が読み取れます。

複勝率と複勝回収率が最も安定しているのが7歳馬と8歳馬

絶対能力の高い4歳馬は世代間比較だと最下位

天皇賞春という舞台に適応できるスタミナを持った馬が
活躍するレースだという事が言えますね。

 

前走スピードレースを走った馬の方が好成績

最後に天皇賞春の前走レース名別成績を見てみましょう。

前走で大阪杯(G2だった時代を含む)、京都記念を走った馬が好成績で
回収率という点からは日経賞、阪神大賞典経由の馬は苦戦しています。

出走頭数が多いので相対的に期待値が下がってしまう

という事は考えなくてはいけませんが

前走で短い距離のレースを走った馬が強い

という事実は注目すべき要素です。

 

阪神大賞典や日経賞はゆったりした流れのレースなので
忙しい競馬をした馬の方が自在性が増す

という事は大いに考えられますね。

今年も阪神大賞典、日経賞経由の馬が多数いますが
京都記念、大阪杯組の方により注目したいですね。

 

おまけに天皇賞春における枠順別成績を見てみると

と、1枠が好成績を残しています。

ただ、外枠の馬も十分に走っているので
枠順はそれほど気にしなくていいでしょう。

 

流れが乱れるレースですからね。

 

 

以上が2018天皇賞春を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

天皇賞春は年に一度しか行われない条件でのレースなので

“能力よりも適性が物をいうレース“

ということを覚えておくといいでしょう。

最後に直線に入る前にレースが動くことも多く
スタミナを保持していない馬は
ペースを乱されてスタミナ切れを起こすので

体力のある馬から勝負をしたいですね。

 

 

私が天皇賞春で注目しているのは
今回まさかのローテーションで出走してくるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ