【天皇賞春2018有力馬危険度分析】シュヴァルグラン、ここはタダ貰いか?

Pocket

ここでは天皇賞春2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるシュヴァルグランの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週は天皇賞春が行われますが
昔の天皇賞春といえば、

「強い馬が強いレースをする」

 

馬券的な妙味がなく、極めて堅いレースになる。

というのが常でしたが、最近の天皇賞春は荒れ放題です。

 

 

過去10年の人気別成績を見てみると

と、1番人気馬の成績が非常に悪い事が分かります。

1番人気で勝ったのはキタサンブラックのみ

 

それ以外の人気馬達はというと

オルフェーヴル、ゴールドシップ、ゴールドアクター

と並み居る強豪が敗れてしまっているレースです。

 

今年の出走予定メンバーを見てみると

「脆弱」

という一言に尽きますね。

このメンバーで人気通りに収まる事ってあるのかな?

という感じで穴党にはたまらないレースですね。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

第157回 天皇賞春(GI)

厩舎関係者がチャンスあり!

と目論んでいる超大穴馬とは?

競馬セブンでは天皇賞春で
「持久力勝負になれば、チャンスはありありだ!」
と息巻く超大穴馬陣営の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして、天皇賞春3点勝負買い目も無料公開します!

常識を疑う競馬セブンの情報力を堪能して下さい。

天皇賞春3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

と言うことで、今週は天皇賞春が行われます。


(2017天皇賞春 キタサンブラック)

冒頭で話したとおり、近年は荒れるGIとして
知られているレースですが

京都芝3200mという条件は
年に一度しかない条件なので
まあ、荒れて当然の舞台だと言えますね。

 

今年はガンコやサトノクロニクル、クリンチャーなど
昨年にはいなかった新興勢力が出走を予定していますが

果たしてこの馬達は京都芝3200mに適性があるのでしょうか?


(有力馬の1頭 ガンコ)

天皇賞春で良い予想をすべく、出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

天皇賞春の有力馬の危険要因と買い要素

シュヴァルグラン

一昨年の天皇賞春では3着、昨年の天皇賞春では
キタサンブラックとサトノダイヤモンドの間に入っての2着と
着実に成長を続けているシュヴァルグラン

長距離適性は間違いのないところですが
前走の大阪杯では2000mという距離もあり惨敗

ここから巻き返せるのかどうかが
焦点となりそうですが、能力は断然だと言えますね。

 

ガンコ

ナカヤマフェスタ産駒という地味な血統ながら
日の出の勢いで天皇賞春に歩を進めてきたガンコ

前走の日経賞では逃げを打ちながら
一度キセキにハナを譲るも最後は再び差し返すという
味な競馬をしての勝利で充実度はメンバー中1位です。

今回はGIという舞台でマークがきつくなることが予想されます。
年明けからレースを使っているだけに疲労と勢いのバランスが
崩れないかが心配材料ですね。

 

レインボーライン

前走の阪神大賞典では後方から一気の末脚で
重賞勝利を果たしたレインボーライン

自分でレースを作れず、展開待ちのタイプなので
臨んだ展開にならないと脆い一面を見せる馬です。

前走が鮮やかすぎたので、同じような流れになる可能性は低く
過剰に人気になるようなら敬遠したい馬ですね。

 

クリンチャー

京都記念ではアルアイン、レイデオロを破ったクリンチャー

前走の阪神大賞典では人気を裏切る形になりましたが
菊花賞、京都記念と高いパフォーマンスを見せており
まだまだ見限る事は出来ません。

ただ、好走したレースがいずれも馬場が重い中で行われたレースなので
良馬場でのスピード勝負になると不安が残ります。

 

サトノクロニクル

前走の阪神大賞典では2着に入り
長距離適性を見せたサトノクロニクル

ハーツクライ産駒らしく追って鈍い部分があるだけに
スタミナを要する京都芝3200mという舞台には対応が出来そうですが
過去GIで惨敗しているように格上げ戦に弱いタイプの馬。

今回GIという事でどこまで走れるかは疑問が残ります。

 

アルバート

前走の阪神大賞典では4着に敗れたアルバート

3000m以上のレースでは強さを見せる馬ですが
年齢を重ねることにパワーよりにシフトしてきています。

平坦で行われる天皇賞春で
どこまでアルバートの力が発揮できるかは疑問符がつきます。

 

トーセンバジル

前走の日経賞では力を出し切れず5着に敗れたトーセンバジル

京都大賞典で2着、香港ヴァーズで3着に入っているように
重賞で勝ち負け出来るほどに力をつけています。

ディープインパクト産駒らしくスピードのある馬なので
京都の長丁場にどれだけ適性があるのかは不安要素

道中の折り合いがポイントとなりそうです。

 

まとめ

今年の天皇賞春は

ここ数年の中でも一番レベルが低いレース

となっています。

今年の春に重賞を勝ったガンコやクリンチャーが
果たしてどこまで力を持っているのか読めない部分があり
この2頭をどこまで評価するかで予想の内容が変わってきそうです。

 

2018天皇賞春で私が注目している馬は
無謀とも言えるローテーションで出走してくるあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。