【2018マイラーズカップ予想】ブラックムーンの末脚が活きる流れになるのか?

Pocket

2018マイラーズカップで人気が予想されるブラックムーンについて
京都金杯に続きマイラーズカップでも好走することが出来るのか?
という観点から好走の可能性を探っていくと同時に
凡走する危険性についても話をしていきます。

 

こんにちは、MOTOです。

2チャンネルの創業者であるひろゆきさんが
こんな名言(?)を残していました。

バカな人というのは、貼られたレッテルを
そのまま信じ、その情報を鵜呑みにする。

 

うーん、確かにね~

とは思いますが、「バカな人」とかさらっと言っちゃうのが
ひろゆきさんらしくもあり、妙な反感を買うところだなと思います(苦笑)

ただ、情報を鵜呑みにする人ってめちゃくちゃいっぱいいますよね~

ワイドショーとかヤフーニュースで出た事を
すべて真実だと思ってしまうような人

って、結構いますもんね。

 

この現実を目の当たりにすると

頭のいい人が頭の悪い人を操作するのは必然なんだなぁ

と思ってしまいます。

 

 

競馬でもこんなことが頻繁に起こっていて
その最たる例が、スペシャルウィークが勝った1999年天皇賞秋です。

この年のスペシャルウィークは春天を制して宝塚記念も2着

現役最強馬をグラスワンダー、エルコンドルパサーと争っていて
(エルコンドルパサーは長期海外遠征に出ていたので直接戦ってはいませんが)
天皇賞秋に出走したメンバーでは断然の能力を誇っていました。

だけれども、前走の京都大賞典で6着に敗れ
調教も「めちゃくちゃ悪い」と報道されまくりました。

 

どう考えても一番強いスペシャルウィークのオッズは6.8倍

まさかの4番人気でレースに出走してきました。

で、結果はというと…

 

後方から豪脚を見せて完勝

まあ、当然と言えば当然の結果だったんですが
マスコミがこぞって「スペシャルウィークの状態が悪い」と
報じただけで、めちゃくちゃ多くの人が信じるんだなぁと思いました。

 

周りに目に騙されず、自分の目で勝負をしたいですよね~

勝とうが負けようが、その方が絶対に面白いですよ!!

という事でマイラーズカップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エアスピネルの武豊が恐れる馬とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創業37年【ホースメン会議】ではマイラーズカップで
鉄板と言える馬の情報をしっかりと掴んでいます。

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
100名限定で特別無料配信します

鉄板級の馬の名前ももちろん公開!!

以下をクリックして登録して下さい。

マイラーズカップを無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

マイラーズカップ予想で悩む1頭ブラックムーンと私の見解

今週はマイラーズカップが行われます。

安田記念の前哨戦らしく、エアスピネル、モズアスコット、サングレーザーと
GI級の馬が顔をそろえてきて注目度の高いレースになりました。

ただ、毎年波乱傾向にあるマイラーズカップにおいて
この3頭の馬券を買うのはちょっと期待値的にどうかなと思います。

という訳で、嫌でも伏兵馬に注目が集まる訳ですが
上位3頭に続いて人気に支持されそうな馬がいます。

 

その馬の名前は

ブラックムーン

です。

 

ブラックムーンは前走の京都金杯で念願の初重賞制覇

破壊力のある末脚がウリの馬です。

その分、展開に左右される面があり
成績が安定しない馬ではありますが

果たして、ブラックムーンはマイラーズカップで
重賞連勝を飾ることが出来るのか?

それともここでも強豪の壁にぶつかってしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フローラステークスにおいてあの馬は
スタートまともに出れば勝てる!!

今週のフローラステークスは混戦ムードですが
「勝ちKEIBA」ではスタートまともに出れば勝てる

という馬の情報を公開しています。

それほど能力が抜けているはどの馬なのかは
今週「勝ちKEIBA」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

勝ちKEIBAへの無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ブラックムーンのここは買い

ブラックムーンの最大の武器は「切れる末脚」です。

前走の京都金杯では上がり最速となる33.9秒を記録

2走前のリゲルステークスでも上がり最速となる33.3秒を記録

3走前のマイルチャンピオンシップでも上がり最速となる33.8秒を記録

どんな条件でも常に上がり最速となる末脚を発揮できる強さがあります。

今回人気上位に支持されそうなサングレーザーも
切れる末脚を持っている馬ですが

マイルチャンピオンシップでの上がり3ハロンタイムを比較してみると

ブラックムーン 33.8秒
サングレーザー 34.4秒

と切れ味ではブラックムーンが勝っています。

今回のマイラーズカップでも京都金杯同様、前が止まる展開になれば
ブラックムーンの末脚がさく裂する可能性は十分にあります。

 

ブラックムーンのここは危険材料

ここまでブラックムーンのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

 

差し馬が不利になりやすい開幕週の競馬

ブラックムーンの末脚の破壊力については
前章で話した通りですが、マイラーズカップは例年前残り競馬になっています。

以下はマイラーズカップにおける4コーナーでの順位別成績です。

明らかに前にいる馬が有利で差しが届かない競馬になっています。

これはマイラーズカップが開幕週に行われる競馬だという事が
一番の要因ですが、GI前のトライアルレースという事で
それほど厳しい流れになっていない。

という事も要因として挙げられます。

前走の京都金杯も過去の傾向を見ると
差しが利かないレースになっており
その中を差し切ったので、絶対に前残りになるとは言えませんが

“マイラーズカップでは展開が向かない可能性が高い”

と言えますね。

 

GI級の馬に囲まれると格負けする?

ブラックムーンは3走前のマイルチャンピオンシップこそ
6着と好走しましたが、過去の成績を見てみると
相手が強くなると臆して結果を出せないことが多い馬です。

条件戦を圧勝した後のG3富士ステークスでは6着

オープン特別を快勝した後の京都金杯では9着

同じくオープン特別を快勝した後の中京記念では3着

と勝利したレースの次に迎える格上げ戦では
苦戦しているという“格負けホース”です。

今回は京都金杯を快勝した後に迎えるG2マイラーズカップ

苦戦の可能性は高いと言えます。

 

以上が、2018マイラーズカップでブラックムーンが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

まとめ

ブラックムーンは末脚の破壊力は一級品で
差し有利の流れになれば、十分に台頭できる力を持っていますが

京都競馬の開幕週として行われるマイラーズカップは
前残りになる可能性が高く

ブラックムーンの力が発揮できない可能性があります

また強敵を相手にすると臆する傾向にあり
G3を勝った後のG2だと不安の方が大きい馬だと言えます。

私の見解としては、不安要素の方が大きく

今回のブラックムーンは期待をしづらいと思っています。

 

2018マイラーズカップで注目している馬は
メンバー中、最も勢いのあるあの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ