【宝塚記念2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【宝塚記念2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは宝塚記念2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

宝塚記念は春の総決算と言えるグランプリレースです。


(写真は2017宝塚記念 サトノクラウン)

開催時期としては夏競馬と被るだけに
若干手薄感が漂うGIになってしまいましたが
昨年はキタサンブラック、サトノクラウン、シュヴァルグランなど
強い馬が出走してきて、健在ぶりが見えたレースでもあります。

そんな宝塚記念にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サトノダイヤモンド ルメール 3.6倍
キセキ デムーロ 4.0倍
ワーザー 5.3倍
サトノクラウン 6.4倍
ヴィブロス 福永 6.7倍
ダンビュライト 武豊 9.5倍
パフォーマプロミス 11.0倍
ステファノス 15.7倍
ミッキーロケット 和田 26.2倍
スマートレイアー 33.8倍
アルバート 37.2倍
タツゴウゲキ 42.2倍
ストロングタイタン 44.1倍
ゼーヴィント 50.6倍
サイモンラムセス 161倍
ノーブルマーズ 173倍
スワーヴリチャード (出走回避)
モズカッチャン(出走回避)
サウンズオブアース(出走回避)
サトノノブレス(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

大阪杯では苦渋を舐めた サトノダイヤモンド

前走の大阪杯では7着と惨敗してしまったサトノダイヤモンド

揉まれる内枠に入ってしまった点
鞍上が戸崎騎手に乗り替わってしまった点
フランスから帰ってきた後の回復度合いが読めない点

など負ける要素しかなかったサトノダイヤモンドですが
今回はゆったりと走れる非根幹距離でのレースで
GI2勝馬の巻き返しを見せたいところです。

ドバイターフ2着の ヴィブロス

昨年のエリザベス女王杯で5着に敗れて以降
本調子を取り戻せなかったヴィブロスですが
前走のドバイターフではしっかりと自分の走りが出来ました。

昨年はドバイターフを勝ってからしっかりと休養をとって
復帰戦を迎えましたが、今年は宝塚記念を目標に調整されています。

疲労度合いは心配ですが、出走してくるとなれば
当然、マークは必要な馬ですね。

香港で結果を残せなかった ダンビュライト

今年の初戦となったAJCCでは快勝してダンビュライトですが
大阪杯では上位陣の壁に跳ね返されて惨敗

続く、クイーンエリザベス2世カップでも
直線で失速して7着と敗れてしまいました。

もともと豊富なスタミナを武器に走るタイプなので
宝塚記念のタフな舞台はダンビュライト向き

なんとか成績を残したいところです。

ドバイで結果を残せなかった モズカッチャン

前走のドバイシーマクラシックでは6着と惨敗してしまったモズカッチャン

海外競馬は不慣れな面もあったので悲観する内容ではなく
今年初戦となった京都記念でも休み明けが不得手なモズカッチャンにとっては
十分合格点をあげられる競馬であったことから
叩き3走目となる宝塚記念では能力全開となってもおかしくありません。

海外帰りが大きなポイントとなりそうですね。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ宝塚記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック