【オークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【オークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではオークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

オークスは3歳牝馬クラシック第2段として行われるGIレースです。


(写真は2017オークス ソウルスターリング)

桜花賞とはうってかわって、距離が800m延びて
2400mという長距離で戦うレースなので
この時期の3歳牝馬には辛い条件となっています。

桜花賞ではマイラー、スプリンターが活躍しますが
オークスでは距離の壁にぶつかって惨敗

という事は多々あるので、馬の距離適性を判断していくのが
大きなポイントとなりそうですね。

そんなオークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アーモンドアイ 1.9倍
ラッキーライラック 3.2倍
サトノワルキューレ 5.0倍
リリーノーブル 10.1倍
トーセンブレス 13.6倍
マウレア 15.0倍
オールフォーラヴ 15.1倍
カンタービレ 田辺 16.8倍
スカーレットカラー 33.8倍
ランドネ 35.7倍
パイオニアバイオ 36.0倍
トーホウアルテミス 51.0倍
ロサグラウカ 66.3倍
レッドサクヤ 72.6倍
ゴージャスランチ 96.1倍
オハナ 101倍
ウスベニノキミ 138倍
サヤカチャン 162倍
ウインラナキア 246倍
シスターフラッグ 369倍
リバティハイツ(出走回避)
フィニフティ(出走回避)
プリモシーン(出走回避)
アンコールプリュ(出走回避)
ハーレムライン(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >


 

< 主な出走馬 >

異次元の末脚を見せた アーモンドアイ

前走の桜花賞はシンザン記念以来の出走で状態面が心配された
アーモンドアイですが、レースでは他馬が止まって見えるような
破壊力のある末脚を見せつけて勝利しました。

ラッキーライラックよりも一枚上
というようなレース内容で、後方で脚を溜める脚質からも
巨利の心配はそれほど必要ありません。

とにかく能力が高く、オークスでも大本命となります。

リベンジを果たしたい ラッキーライラック

桜花賞では最内枠という難しい枠順を引きながら
しっかりと2着に入ったラッキーライラック。

絶対女王として出走した桜花賞ですが
終わってみればアーモンドアイに力負け

オークスではチャレンジャーとして出走する形になりますが
距離適性や脚質の自在性などは勝っているので
オークスでリベンジを果たしたいところです。

桜花賞3着の リリーノーブル

桜花賞では上位2頭に負けたものの
自分の持っている力を出して好走したリリーノーブル

脚質の自在性と毎回崩れない安定感がリリーノーブルの持ち味で
その持ち味はオークスでも十分に活かされそうです。

桜花賞で負けたアーモンドアイ、ラッキーライラックには力で劣りますが
2頭に何かしらの破綻があれば台頭できる馬です。

堅実な末脚を見せる トーセンブレス

阪神ジュベナイルフィリーズで4着に入ったトーセンブレスは
今年のフラワーカップで2着、桜花賞で4着と
世代トップクラスの走りを見せています。

東京競馬場の長い直線も距離延長も対応が可能な馬で
オークスは桜花賞以上のパフォーマンスを見せてくれそうです。

桜花賞敗戦のリベンジをしたい マウレア

前走の桜花賞では5着に敗れてしまったマウレア

ディープインパクト産駒ながら末脚が切れるタイプではなく
しぶとい競馬でジリジリと伸びる馬なので
桜花賞はポジショニングが悪かったと言えます。

マウレアの個性を理解した武豊騎手が
4角先頭くらいの強気な競馬を見せられれば
オークスで波乱を起こす可能性はあります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだオークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック