【2018皐月賞予想】共同通信杯勝ち馬オウケンムーンの能力は通用するのか?

Pocket

2018皐月賞で人気が予想されるオウケンムーンについて
皐月賞でも好走することが出来るのか?
という観点から好走の可能性を探っていくと同時に
凡走する危険性についても話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は皐月賞が行われますね。


(2017皐月賞 アルアイン)

 

皐月賞における最近のトレンドといえば

「共同通信杯勝ち馬」ですよね。

過去10年のデータで調べてみると
共同通信杯から直行のローテーションで皐月賞に出走した馬の成績は

【4.0.0.2】

と、とにかく相性がいいんです。

4勝した馬の内訳を見てみると

ゴールドシップ、ディーマジェスティ、ドゥラメンテ、イスラボニータ

と強い馬がしっかり皐月賞でも結果を出している事がよく分かります。

そして、昨年は負けてしまったものの
スワーヴリチャードも大阪杯でGIを制覇して
ますます共同通信杯を勝った馬が注目をされていますよね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ダノンプレミアム回避で
「よし!これでほぼ確実に勝てる!」といった馬とは?

第78回 皐月賞 (G1)

チェックメイトではダノンプレミアムに対して
超強気な姿勢を見せていた馬をキャッチしています。

そして、ダノンプレミアムがいなくなったものだから
「ほぼ確実に勝てる!」と息巻いている馬はどの馬か?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
皐月賞に超強気の姿勢を見せる馬の名前を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料です)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

皐月賞予想で悩む1頭オウケンムーンと私の見解

共同通信杯勝ち馬が注目される存在であるという事は
話をしてきた通りですが、今年は
弥生賞を勝ったダノンプレミアムが強すぎるという事で
皐月賞はダノンプレミアムでほぼ当確という評価をされていました。

しかし、ダノンプレミアムが出走を回避したことで
黄金ローテである共同通信杯勝ち馬も俄然注目を浴びる存在になりました。

 

その馬の名前は

オウケンムーン

です。

 

オウケンムーンは菊花賞勝ち馬のオウケンブルースリの子供という事で
クラシックに歩を進める馬としては
かなりレアな血統の持ち主ですが
前走の共同通信杯ではセンスのいい勝ち方を見せてくれました。

血統面をはじめ、騎乗する騎手や陣営など
色々と地味な面が多いので
なかなか注目されない存在ではありますが

果たして、オウケンムーンは皐月賞でGI制覇を飾ることが出来るのか?
それともここでも重賞の壁にぶつかってしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

オウケンムーンのここは買い

オウケンムーンの最大の武器は「スタミナ」と「持久力」です。

未勝利戦となった新潟芝2000mでは
道中2番手につけて、直線でもグングン伸びレコード勝ちを収めています。
(ちなみに2着馬とは6馬身もの差がついています)

JRAの全10競馬場の中で最もスタミナが問われるのが

「新潟競馬場 外回りコース」

です。

新潟競馬場の外回りコースは直線が長く、平坦なので
スピードが問われると思っている人が多いのですが

あまりにも直線が長いため、スピードがあるだけでは最後バテてしまいます。

100mを全力で走るつもりで
400mを走るとバテてしまうのと同じ原理です。

 

新潟の長い直線を乗り切る為には
トップスピードを維持できる

「スタミナ」と「持久力」

が必要となりますが、オウケンムーンはこの2つを持ち合わせているので
新潟競馬場でレコード勝ちを収めることが出来たと言えます。

この特性はサンデー系種牡馬が持ち合わせていない武器なので
タフな流れになって、オウケンムーンの持ち味が100%活きる
展開になれば間違いなく上位争いが出来ます。

 

皐月賞向きの適性の持ち主

皐月賞は例年激戦になる事が多いレースです。

昨年勝ったアルアインも激戦の中を
持ち前の持久力で粘り抜いた

というような内容のレースでした。

激戦になるという事はスピードよりも
「スタミナ」や「パワー」が問われるレースになります。

このスタミナ、パワーという要素をオウケンムーンは持ち合わせています。

 

未勝利勝ちの内容もそれを判断する要素ですが
血統面からも「スタミナ」や「パワー」を持っている事が伺えます。

父親のオウケンブルースリは菊花賞をはじめとして
2400m以上の長距離でしか結果を残せなかった馬ですし

母父のエリシオは凱旋門賞を圧勝しているように
フランスの力の要る馬場で持ち味を発揮する馬です。
(スピード勝負のジャパンカップでは完敗しています)

日本ダービーはスピードと瞬発力を中心とした総合力勝負であるのに対して
皐月賞はスタミナとパワーの戦いとなる適性勝負になるので

オウケンムーンにとって皐月賞は絶好の舞台です。

 

また、前走の共同通信杯はスピード勝負となりやすい
東京芝1800mという舞台でしたが
このレースでも上がり33.5秒という末脚を繰り出しており
しっかりと対応出来た点も大きいですね。

“展開不向きの舞台から展開が向く舞台へ”

オウケンムーンのパフォーマンスは上がる可能性大です。

 

オウケンムーンのここは危険材料

ここまでオウケンムーンのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

 

共同通信杯があまりにも弱すぎるメンバーだった

オウケンムーンに皐月賞への舞台適性がある点は
先ほど話したとおりですが

“前走の共同通信杯はレベルが低かった”

事から本当にGIで通用するほどの能力があるのかはまだ未知数です。

前走の共同通信杯では圧倒的な1番人気に推された
グレイルが7着と自滅

グレイルに力で勝ったと言える内容ではありませんでした。

2着のサトノソルタスはムーア騎手を背に
最内枠を活かした騎乗で好走したので
この馬もまだ力の程は計りかねますし

3着のエイムアンドエンドは単勝132倍の超大穴だった上に
京成杯では10着に敗れている馬です。

4着ゴーフォザサミットはスプリングステークスで
4番人気に推されながら7着と惨敗していますし

5着カフジバンガードはスプリングステークスで6着

と、共同通信杯を走った馬は明らかにレベルが低いメンツと言わざるを得ません。

 

ここを勝ったオウケンムーンが果たして
本当に力がある馬なのかというのは測れません。

 

また500万条件や未勝利戦で戦った相手に目を向けてみても

500万条件で2着だったヴェロニカグレースと3着のプロトスターは
共に次走500万条件で3着と微妙な感じ。

未勝利戦で負かした2着アイリスロード、3着ニシノラヴコールは
その後も未勝利戦で惨敗続き

とオウケンムーンの能力を証明するには至らず。

オウケンムーンが皐月賞に出走する相手と
互角以上に渡り合えるかどうかは未知数だと言わざるを得ません。

 

一つ救いなのは、オウケンムーンが3連勝したレースは

“どのレースも完勝だった”

という事です。

相手が弱いから勝ち上がったというよりも
出たレースの相手がたまたま弱かった

という判断が出来るレース内容である事は評価出来ますね。

 

以上が、2018皐月賞でオウケンムーンが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

まとめ

オウケンムーンは血統面を含めて色々な面で地味な馬ですが
皐月賞で良いパフォーマンスを見せられるだけの武器を持っている馬です。

能力面で通用するのかどうか

という点については半信半疑であると言えるので
重い印をつけるのは怖い馬ではありますが

未知の部分が多いだけに

「馬券からは切り外せない馬」

だと言えますね。

私の見解としては、期待半分、不安半分ながらも

今回のオウケンムーンには期待をしたいと思っています。

 

2018皐月賞で注目している馬は
前走で全く力を出すことが出来なかったあの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ