【桜花賞2018予想】リリーノーブルはラッキーライラックにリベンジできるか?

Pocket

2018桜花賞で人気が予想される
リリーノーブルはラッキーライラックで好走出来るのか

悲願のGI制覇を達成出来るのか?

という点について、それぞれの能力を分析しながら話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年に入って関西の若手・中堅騎手が目立っていますね。

クリンチャーで京都記念を勝った藤岡祐介騎手や

リバティハイツでフィリーズレビューを勝った北村友一騎手

ヒーズインラブでダービー卿CTを勝った藤岡康太騎手など

(2018京都記念 クリンチャー)

今年に入って今まで重賞に縁がなかったような
関西の若手・中堅騎手が活躍しています。

そして、特徴的なのは

“それぞれの騎手が良い騎乗をして勝っている”

と言うことですね。

勝つときは馬の能力やパフォーマンスに恵まれて
勝っていた印象がある若手騎手が
先週のヒーズインラブのようにソツのない騎乗で勝っている。

これは今後予想をする上で大きな要素となりそうです。

 

 

デムーロ騎手やルメール騎手は本当に上手いですからね

「ただ追える」とかではなくて

ペースの判断、位置取りとコース取り、ゴーサインの出し方

あらゆる面において違います。

あとトライアルの乗り方とか勝負どころの
乗り方も心得ているんですよね~

ローズステークスのモズカッチャンとか
富士ステークスのペルシアンナイトは

前哨戦で持ち味であるイン差しを試しているんです。

あくまで本番は次のGIだから次につながる競馬をする

という事がちゃんと出来ているのは日本人騎手とは違います。

日本人騎手は常にそのレースを勝とうとする人ばかりですからね。
(武豊騎手とか一部の騎手は違いますが)

予想をする身としては馬に力があるのに
騎手の凡騎乗で負けてしまうのは悲しい限りなので
デムーロ騎手やルメール騎手を見習って
全体的にレベルが底上げされるといいなと思っています。

 

桜花賞で注目を集めるリリーノーブルと私の見解

さて、今週は桜花賞が行われます。


(2017桜花賞 勝ち馬レーヌミノル)

ラッキーライラックには石橋修騎手
アンコールプリュには藤岡康太騎手
リバティハイツには北村友一騎手
ハーレムラインには大野騎手

と、若手・中堅騎手が有力馬に乗る
近年では珍しいレースになりますね。

 

それだけに予想をするのも見るのも楽しみなレースですが
桜花賞に出走するメンバーの中で
私が個人的に注目している馬がいます。

その馬の名前は

リリーノーブル

です。

リリーノーブルはご存じのとおり

阪神ジュベナイルフィリーズで2着
チューリップ賞で3着

と堅実な走りを見せている馬で、GIにいつ手が届いても
おかしくない実力馬ですが

ラッキーライラックとは過去2戦して2敗

と、厚い壁に跳ね返されていますが
果たして桜花賞で逆転することは可能でしょうか?

 

私の見解は

ラッキーライラックを逆転する不可能

という見解です。

 

ラッキーライラックに2敗しているとはいえ
ともに僅差の競馬をしているリリーノーブルが
なぜ、桜花賞でラッキーライラックを逆転することが不可能だとだと言えるのか?

理由を説明していきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

桜花賞はラッキーライラック1強ではない!!

その理由とは…!!

■第78回 桜花賞(G1)■

桜花賞でラッキーライラックが絶対でない理由を
今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして、桜花賞3点勝負買い目も無料公開します!

常識を疑う競馬セブンの情報力を堪能して下さい。

桜花賞3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

リリーノーブルが逆転不可能な理由

ラッキーライラックと脚質が似ている点

リリーノーブルとライバルのラッキーライラックは
共に先行押し切りタイプの脚質です。

チューリップ賞

ラッキーライラック:道中3番手
リリーノーブル:道中5番手

阪神ジュベナイルフィリーズ

ラッキーライラック:道中9番手
リリーノーブル:道中7番手

と同じような競馬をしています。

 

過去2戦の内容からラッキーライラックの方が力上位なのは
明白な中で格上を倒すには「展開の助け」が必要となります。

一方が先行馬で、もう一方が差し馬であれば

前に厳しいペースになれば差し馬が有利で
前に緩いペースなら先行馬が有利

と、逆転しやすい環境になるのですが
リリーノーブルとラッキーライラックは脚質が同じなので
そのまま力差が出てしまい、逆転する可能性が低くなります。

ラッキーライラックに勝つにはディープインパクト産駒のような
瞬発力を持ち合わせた馬の方が良いですね。

 

スタミナタイプのルーラーシップ産駒は阪神芝マイル戦に不適合?

リリーノーブルは父ルーラーシップに母父クロフネと
スタミナとパワーをウリにした配合の馬です。

桜花賞が行われる舞台である阪神芝マイル戦は
スピードと瞬発力がある馬が優位に働く舞台で
本質的にリリーノーブルに合った舞台ではありません。

 

スタミナ比べになるようなリリーノーブル向きのコースなら
ラッキーライラックを逆転する可能性は出てきますが
同じタイプの脚質でコースもベストでないとなると
逆転は難しいと考えるのが普通でしょう。

 

以上、2つの理由から

2018桜花賞におけて

リリーノーブルの逆転はない

という結論に達します。

 

まとめ

桜花賞では間違いなく人気になるであろうリリーノーブルですが

ラッキーライラックとの勝負付けは済んでおり
桜花賞で逆転する可能性は限りなく0に近い

と言えます。

リリーノーブルの持ち味であるスタミナやパワーが活かせそうで
枠順ごとの有利不利が大きいオークスの方が逆転の可能性は高そうです。

桜花賞では頭で買えない馬ですね。

 

2018桜花賞で私が注目している馬は
ラッキーライラックとは対照的な脚質で
逆転する可能性を秘めているあの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ