【桜花賞2018予想】波乱の使者はプリモシーン!穴馬に支持する根拠は?

Pocket

2018桜花賞でそれほど人気ならないであろう
プリモシーンが穴馬として注目出来る理由・根拠
について

他の出走メンバーと比較しながら、分析して話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

桜花賞とチューリップ賞の勝ち馬の相性が
それほど良くないという事をしっていましたか?

昨年の勝ち馬ソウルスターリングは圧倒的な1番人気に推されましたが
馬場に苦労した事もあり、際どい3着。

その前の勝ち馬を遡ってみてみると

2016年 シンハライト 2着(2番人気)
2015年 ココロノアイ 10着(2番人気)
2014年 ハープスター 1着(1番人気)
2013年 クロフネサプライズ 4着(1番人気)
2012年 ハナズゴール 未出走

と、人気と比較するとイマイチの内容だと言えますよね。

ジェンティルドンナやアパパネといった牝馬3冠を達成した馬も
チューリップ賞は負けているという点からも

チューリップ賞で頑張ってしまった馬は
本番では苦戦傾向にあるというのは分かると思いますが

今年は大本命のラッキーライラックが出走してきます。

1番人気は間違いないところですが
データ的には絶対的な存在とは言えなさそうです。

 

という事で、データを見ていると
ラッキーライラックを外したくなってきて
穴馬を狙いたくなってきます。

昨年は伏兵視されていたレーヌミノルがソウルスターリングだけでなく
リスグラシューやアエロリットを押さえて
見事に穴をあけてくれました。

今年も穴馬が出てくる事を期待しつつ
私が桜花賞で注目している穴馬について話していきましょう。

 
PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

桜花賞はラッキーライラック1強ではない!!

その理由とは…!!

■第78回 桜花賞(G1)■

桜花賞でラッキーライラックが絶対でない理由を
今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして、桜花賞3点勝負買い目も無料公開します!

常識を疑う競馬セブンの情報力を堪能して下さい。

桜花賞3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

桜花賞で注目しているプリモシーンと私の見解

さて、今週は牝馬クラシック第一段「桜花賞」が行われます。


(2017桜花賞 レーヌミノル)

スピードが問われるマイル戦と言う事で
牝馬クラシックの中でも一番の“花形”とされているレースです。

今年は阪神ジュベナイルフィリーズ上位馬が揃って出走とあって
平穏無事に収まりそうな雰囲気は漂っています。

ただ、例年と違うところが一つあります。

それは別路線組に強力な馬がいる

という点です。

例年は桜花賞トライアル以外から出走する馬で
注意すべき馬はクイーンカップ組くらいなものでした。

が、今年はクイーンカップ以外から挑む馬も強力なメンバーで
波乱の目がありそうなメンバー構成になっています。

 

この別路線組が穴馬の資格をもって出走してくる訳ですが
私が桜花賞で注目している穴馬も別路線組です。

 

その馬の名前は

プリモシーン

です。

 

プリモシーンは1月に行われた
フェアリーステークスを完勝したディープインパクト産駒です。

中山の芝マイル戦というトリッキーな舞台を勝った馬なので
桜花賞が行われる阪神芝マイル戦との関連性は薄く
休み明けとなる今回のレースは苦戦が予想されています。

 

それゆえに今回の桜花賞では上位人気には支持されなさそうな存在です。

果たしてプリモシーンがなぜ
桜花賞で注目できる穴馬なのかを話していきます。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2018年無料予想11週連続的中の競馬サイト!】

先週のGIウィークでも大暴れ

日曜日中山12レースでは3連単36点勝負で530.4倍を的中!!

土曜日阪神10レースでは3連単18点勝負で446.4倍を的中!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で桜花賞の極秘情報を公開します。

「春競馬でなかなか調子が上がらない」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の桜花賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  桜花賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

プリモシーンが買える材料

過去3戦のパフォーマンスがめちゃくちゃ高い!

プリモシーンは過去3戦しかしていませんが
その3戦でレベルの高い走りを連発しています。

初戦は阪神ジュベナイルフィリーズ4着のトーセンブレスに負けましたが
前崩れの展開で唯一先行して残ったのがプリモシーンだったことを考えると
レースのパフォーマンスはトーセンブレスには劣っていません。

2戦目はクイーンカップ勝ち馬であるテトラドラクマと
熾烈なデッドヒートを繰り広げて勝利

3着馬には5馬身の差をつける圧巻のパフォーマンスでした。

3戦目のフェアリーステークスでは
後方から一気の末脚で後続を置き去りにして重賞初制覇

と全てのレースで高いパフォーマンスを見せています。

 

プリモシーンはキャリアが浅い馬ですが
強い馬と戦っていることから
その地力は計ることが出来ます。

ラッキーライラックをはじめとした
GI上位組との対戦はありませんが
互角に戦える能力を十分に秘めていると言えます。

 

不向きな舞台から適性のある舞台への変化

プリモシーンはディープインパクト産駒で

ディープ産駒らしい瞬発力とスピードがウリの馬です。

それゆえに個性の活かせる広いコースで
末脚の活かせるような直線の長いコースが向く馬です。

前走のフェアリーステークスでは直線が短く
末脚を活かしづらい中山競馬場という舞台でのレースでしたが

“今回は末脚を最大限に活かせる阪神芝マイル戦”

プリモシーンの力は前走以上に発揮される可能性は極めて高い

といえます。

加えて、

中山芝マイル戦でも素晴らしい
パフォーマンスを見せていた事を考えると

プリモシーンの能力の高さを証明した上で
更なる上積みが期待できます。

 

もし、プリモシーンが桜花賞でパフォーマンスを落とすようであれば

それは舞台適性の変化ではなく、
間隔が空いてしまったローテーションの影響でしょう。

差し馬が優勢となる阪神芝マイル戦で
プリモシーンがどこまでパフォーマンスを上げてくるか

楽しみですね。

 

以上、2つの理由から

2018桜花賞における

プリモシーンは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

まとめ

「フェアリーステークスからの臨戦」という
今までに類を見ない臨戦である事は間違いなく不利な材料ですが

・今まで走ってきたパフォーマンスの高さ

・末脚の活かせる阪神芝マイル戦への舞台替わり

と、それを差し引いてもプリモシーンは
魅力たっぷりの穴馬だと言えます。

チューリップ賞上位組が人気になりそうな今回

“人気がなければ絶好の狙える対象となります”

穴馬としてプリモシーンに注目をしたいと思います。

 

2018桜花賞で私が最も注目している馬は
プリモシーン同様、今回の舞台で力を発揮しそうなあの馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ