【2018桜花賞予想】アーモンドアイは休み明けでのGI勝利の可能性は?

Pocket

2018桜花賞で人気が予想されるアーモンドアイについて
桜花賞でラッキーライラックを倒してGI初勝利を飾る可能性と
凡走する危険性について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

若い人は聞いてくれなくていいのですが

ピンクレディーのケイさんが新しいシングルを出すらしいです。

ピンクレディーが全盛時だったのは私の一つ上の世代で
私はギリギリ名前だけを知っているというレベルなんですが
いまやピンクレディーも還暦なんですね~

しかも、若い頃よりも動きにキレがある…

恐るべき還暦ですね。
がっつり女性としてみてしまう自分にビックリです。

今後の活躍に期待しましょう!!

 

桜花賞で注目を集めるアーモンドアイと私の見解

さて、今週は桜花賞が行われます。


(2017桜花賞 レーヌミノル)

阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったラッキーライラックが
チューリップ賞も完勝して、桜花賞は1強モード

チューリップ賞2,3着のマウレア、リリーノーブルに逆転の目は薄く
もうラッキーライラックでしょうがないかな

という雰囲気が漂う中、この1強ムードに異議を唱える馬がいます。

 

 

その馬の名前は

アーモンドアイ

です。

 

アーモンドアイは新種牡馬ロードカナロア産駒らしく
スピード能力に長けた馬ですが
前走のシンザン記念では牡馬をなでぎる豪脚を披露しました。

シンザン記念を見る限りはラッキーライラックに対抗でき得る
素質を秘めた馬だと言えますが
いかんせん今回はシンザン記念から直行という異端のローテーション

果たして、アーモンドアイは桜花賞でGI制覇を飾ることが出来るのか?
それともここでも重賞の壁にぶつかってしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI桜花賞

うまコラボでは桜花賞データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「桜花賞」
のデータは無料で見られる上に
「桜花賞」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

馬券の調子に波がある人はうまコラボの安定感を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

アーモンドアイのここは買い

アーモンドアイの最大の武器は「末脚の破壊力」です。

 

前走のシンザン記念では上がり3ハロンのタイムが「34.4秒」
(上がり2位の馬は35.1秒)

2走前に行われた未勝利戦での上がり3ハロンのタイムが「33.5秒」
(上がり2位の馬は33.7秒、3位は34.1秒)

新馬戦での上がり3ハロンのタイムが「34.3秒」
(上がり2位の馬は34.9秒)

とアーモンドアイは全てのレースで上がり最速を記録している馬です。

 

このパフォーマンスの高さから
脚を溜めて爆発力のある末脚で最後の直線に賭ける形が
アーモンドアイの本質だと言えます。

阪神ジュベナイルフィリーズ上位陣の馬は
瞬発力勝負をするタイプではないだけに
アーモンドアイの持ち味が100%活きる展開になれば間違いなく上位争いが出来ます。

 

近走のパフォーマンスがとにかく高い

アーモンドアイは3戦2勝という事で新馬戦は負けていますが
このレースで勝ったのは道中2番手でレースを進めたニシノウララ

逃げたカタナは5着、3番手でレースを進めたゴールドシャッツは3着
と前が残る展開になった中での2着でした。

勝ったニシノウララから着差は2馬身と完敗した形ですが
3着馬には4馬身の差をつけた事からも
新馬戦は展開が向かなかっただけだと言えます。

 

続く未勝利戦では2着に3馬身半差をつける圧勝

前走のシンザン記念では前残りの流れを
まとめて差し切る強い競馬

と、デビューからの3戦はとにかくパフォーマンスが高いです。

 

このパフォーマンスの高さはラッキーライラック
と互角に戦えるだけの内容だと判断できます。

 

舞台適性が向く可能性大!

アーモンドアイは過去のレースから分かる通り
直線での「破壊力のある末脚」がウリの馬ですが

桜花賞では末脚の優れた馬が活躍する舞台

です。

 

チューリップ賞上位組は前々で持続力を活かすような競馬が得意な馬なので
阪神芝1600mという桜花賞の舞台は
アーモンドアイにとって絶好の舞台だと言えます。

瞬発力勝負となれば、アーモンドアイには有利だと言えます。

 

アーモンドアイのここは危険材料

ここまでアーモンドアイのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

 

異端すぎるローテーションは不安材料

アーモンドアイの前走はシンザン記念。

1月に京都で行われた重賞レースですが
過去に出走してきた馬のデータをみると
こんなローテーションで出走している馬はいません。

過去10年で3ヶ月以上の間隔を空けて桜花賞で好走した馬を

2014年に2着に入った レッドリヴェール

この1頭のみです。

 

過去にはクイーンカップを圧勝したメジャーエンブレムが敗れたり
間隔を空けた馬は苦戦している傾向にあり
ローテーション的には厳しい状況にある事は間違いありません。

「休み明けで激戦」

という条件は厳しいと言わざるを得ません。

 

シンザン記念重馬場のダメージは?

アーモンドアイが出走したシンザン記念は稍重馬場でのレースでした。

牝馬ながら540kgを超えるツヅミモンが2着に入ったことからも
相当パワーが必要なレースだった事は間違いありませんが
それだけにタフな競馬を制したアーモンドアイのダメージは心配です。

 

2着馬のツヅミモンは続くクイーンカップで惨敗しているので
このレースでのダメージは0という事はないでしょう。

アーモンドアイの体制が整っているかどうかは心配材料ですね。

 

以上が、2018桜花賞でアーモンドアイが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

まとめ

アーモンドアイは末脚の素晴らしいロードカナロア産駒という事で

ラッキーライラックをはじめとした今回のメンバーとは
互角に戦えるだけの能力を秘めた馬です。

ただ、稍重馬場のシンザン記念からの出走という事で
アーモンドアイが力を出せる体制にあるかどうかは
半信半疑であると言えるので

期待と不安が半々の存在

だと言えます。

ただ、私の見解としては、今回のようなローテーションで挑む
有力馬は過去に存在しなかったので、
今回のアーモンドアイには期待をしたいと思っています。

 

2018桜花賞で注目している馬は
桜花賞で能力が爆発しそうなあの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。