【桜花賞2018有力馬危険度分析】ラッキーライラックに死角あり??

Pocket

ここでは桜花賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるラッキーライラックの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

この前、たまたまテレビをつけたら
「SASUKE」がやっていたのでついつい見てしまいました。

いやはや、凄かったですね!!

何が凄いって

「大の大人が一つのゲームに人生を捧げる」

あの姿勢が凄いんですよ。

 

めちゃくちゃ冷めた目で見れば

「お金も儲からないSASUKEに人生捧げるなんて、
こいつ、アホちゃう?」

と思っちゃいそうですが
人生を賭けるほど夢中になれることって、そうはないですよ。

 

もともと文化系でオタク気質のある
私にとっては男臭をバンバン巻き散らしながら
SASUKEに賭けるあの姿は

“清々しさを感じてしまいました”

と言うことで、桜花賞の話にいきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2018年無料予想11週連続的中の競馬サイト!】

先週のGIウィークでも大暴れ

日曜日中山12レースでは3連単36点勝負で530.4倍を的中!!

土曜日阪神10レースでは3連単18点勝負で446.4倍を的中!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で桜花賞の極秘情報を公開します。

「春競馬でなかなか調子が上がらない」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の桜花賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  桜花賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は桜花賞が行われます。


(2017桜花賞 レーヌミノル)

3歳牝馬クラシックの花形である桜花賞では

ハープスター、ジェンティルドンナ、アパパネ
ラインクラフト、ダインスインザムード、レッツゴードンキ

などの名牝達が勝利したレースですが

今年もラッキーライラックをはじめとして

プリモスター、アーモンドアイ

などの期待溢れる3歳牝馬が出走してくるので、楽しみな限りですね。

そんな桜花賞の馬券を当てるべく出走を予定している有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

桜花賞の有力馬の危険要因と買い要素

ラッキーライラック

4戦4勝でどのレースも好位から前を捉えるソツのない競馬
正直、マイナス要素はないんですよね~

ただ、データから見ると良いところがありません。

1番人気の成績が悪い点
チューリップ賞勝ち馬の成績がそれほど良くない点

あとは瞬発力勝負になったときに不安はあるかなと思っています。

今回はプリモスターやアンコールプリュ、アーモンドアイなど
末脚自慢の馬が多数出走してくるので
切れ負けして2,3着というパターンはあるかなと思っています。

 

リリーノーブル

ラッキーライラックには2戦して共に完敗ですが
マウレアを含めたそれ以外の馬よりは能力が上という
能力値が分かりやすく、自分の能力だけは走るタイプの馬です。

一叩きのあったマウレアにはリベンジを果たせると思いますが
ラッキーライラックを逆転するのはちょっと難しいかなぁと思います。

それどころか新興勢力勢のイキが良いので
新興勢力に逆転されるかどうかが焦点となりそうですね。

意外性に乏しいだけに過剰な期待は禁物かと…

 

マウレア

前走のチューリップ賞では一叩きがあった事で
リリーノーブルを逆転できましたが
能力値の限界は見えてきた馬かなぁと思います。

アンコールプリュやプリモシーンと同じディープ産駒ですが
マウレアは切れ味がないタイプのディープ産駒なので
今回の桜花賞には向かない馬かなぁと思っています。

 

アーモンドアイ

前走のシンザン記念は衝撃の末脚でしたよね~。

「この末脚ならラッキーライラックを倒せるかも?」
と思いきや、まさかのシンザン記念からの直行

ロードカナロア産駒の傾向がまだ掴めていないので
このローテーションを一概にダメとは言えませんが
レース間隔の長さはプラスには捉えられません。

前走重馬場だったからダメージを引きずって使えなかった
としたら、一枚割り引きは必要かなぁと思っています。

 

リバティハイツ

前走のフィリーズレビューでは人気が一気に落ちて気楽に走れましたよね。

前走が舐められすぎただけで、もともとこれくらいの
能力はある馬だと思いますが、インパクトに欠ける内容でした。

2着のアンコールプリュの方がいいパフォーマンスだった事を考えると
ここで一気にラッキーライラックの首をとって…

という勢いは感じませんね。

 

アンコールプリュ

前走は2着に負けたけど、レース内容は一番良かったですね。

溜めての末脚勝負といういかにもディープ産駒らしい馬なので
桜花賞の舞台に変わるのは歓迎ですし
切れ味勝負であれば、リバティハイツにはリベンジ出来そうです。

あとはラッキーライラックをはじめとした桜花賞組との能力比較ですね。
脚質的にもマウレア、リリーノーブルあたりは逆転できそうな気がしていますが
果たしてどこまでやれるでしょうか。

 

プリモシーン

アーモンドアイと同じで異端臨戦なんですよね~

「なんで、こんなローテーションを組むかな?」
と思わずにはいられませんが
過去のレースのパフォーマンスは一級品なのは間違いないです。

テトラドラクマは強い馬ですが、この馬に対して2戦2勝
フェアリーステークスの舞台なんて
この馬が苦手な舞台だったと思うんですよね。

それであれだけ強い勝ち方が出来る訳ですから
持っている能力は頂点をとっても不思議でないレベルにあります。

あとはローテーションの不利をどう克服するか?
ここに尽きます。

 

以上です。

 

まとめ

今年の桜花賞は

ラッキーライラック1強の様相を呈しています。

リリーノーブルやマウレアの逆転は難しそうですが
新興勢力であるアーモンドアイ、プリモスター、アンコールプリュなどの
末脚自慢の馬がどこまでラッキーライラックと戦えるのか?

という点が大きなポイントとなりそうです。

桜花賞を予想するうえで最も大切なのは

間隔を空けて出走する馬の状態判断

となりそうですね。

 

2018桜花賞で私が注目している馬は
ラッキーライラックを逆転できる能力を秘めたあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。