【ニュージーランドトロフィー2018】過去10年のデータ分析|先行間有利の適性勝負!!

Pocket

2018ニュージーランドトロフィーを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ニュージーランドトロフィーで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はNHKマイルカップの前哨戦である
ニュージーランドトロフィーが行われますが
私の中で最も記憶に残っているニュージーランドトロフィーは

ファビラスラフィンが勝ったレースです。

 

1996年のニュージーランドトロフィーでしたが

まあ、なんとも「底が知れない化け物」

という感じだったんですよね。

ニュージーランドトロフィー圧勝を受けて
圧倒的な1番人気で出走したNHKマイルカップでは14着と惨敗

「あれっ?実は弱かったんじゃね?」

と人々を惑わせながら出走した秋華賞で圧勝。

 

そして、続くジャパンカップでも2着と
まあスケールの大きい馬でした。

続く、有馬記念では4番人気に推されながら10着と惨敗して
そのまま現役時代を終えた訳ですが

実に個性的な馬でした。

私はこういう掴み所の無い馬が大好きなんですよね。

ドラマを演出してくれるというか
栄光と挫折を見せてくれるというか

とにかく素敵な馬でした。

今週のニュージーランドトロフィーでは
ファビラスラフィンのような馬が出てきてくれるんでしょうかね~

 

さて、今週はニュージーランドトロフィーが行われます。


(2017ニュージーランドトロフィー ジョーストリクトリ)

NHKマイルカップと同じマイルで行われるレースと言う事で
本番との相関関係も高そうに見えますが
中山と東京の違いが大きく響いて、相関関係の低いレースになっています。

NHKマイルカップはスピードを中心とした総合力

ニュージーランドトロフィーはパワー

が、求められるレースなので
まあ結果がリンクしないという事には納得なんですけどね。

パワー勝負という事で、能力通りに決まりづらいだけに
予想が難しくなりそうなニュージーランドトロフィーですが、
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

ニュージーランドトロフィー過去10年のデータ分析

先行馬圧倒的に有利!差しはノーチャンス??

まず、最初に注目したのはニュージーランドトロフィーの脚質成績です。
以下はニュージーランドトロフィーにおける過去10年での4コーナーでの順位別成績です。

平均の回収率が低いので、100%を大きく超えるような
派手な数字は出ていませんが

先行した馬と差しに回った馬の成績の違いは歴然です。

この時期の中山競馬場は馬場が荒れてきており
よりパワーが求められるレースとなっていることから

前に位置した馬がそのまま押しきる
ダート戦のような馬力型のレースになっています。

ニュージーランドトロフィーでは先行出来そうな馬を選んでいく

という言う事が、予想の第一歩になりますね。

 

ちなみにニュージーランドトロフィーの枠順別の成績を見てみます。

1枠こそ結果が出ていませんが、
内枠が若干有利である事が分かります。

芝で行われるレースの鉄則である

先行馬が有利なレースは内枠が有利
差し馬が有利なレースは外枠が有利

という格言通りですね。
(毎週のようにしつこく載せていますが…)

出来るだけ距離ロス無く、レースを進められる先行馬が狙いです。

 

パワー系のレースはサンデー系種牡馬が弱い

次にニュージーランドトロフィーにおける種牡馬別成績を見てみましょう。

リーディングサイアーランキングで
不動の1位の座を獲得しているディープインパクトの名前は無く

ショウナンカンプ、タイキシャトル、クロフネ

などパワー系の種牡馬の成績が良いこと点が目につきます。

 

サンデーサイレンス系の種牡馬である

ダイワメジャー、ステイゴールド

などは名前がありますが、回収率は振るわず
サンデー系種牡馬が苦手とするようなパワー勝負になっている事が分かります。

 

ちなみにニュージーランドトロフィーの外国馬の成績を見てみます。

マル外(外国産馬)の成績は複勝率40%に複勝回収率108%と
一般的な芝レースにおけるマル外の成績と比較すると
かなりの好成績を収めています。

外国馬といえば、パワー

力で押してきたような馬を重宝したいですね。

 

先行脚質命!前走で速いペースを経験した馬が強い!

最後にニュージーランドトロフィーにおける前走距離別の成績を見てみましょう。

全体的な数値が低いのでパッとしませんが
前走から距離延長ローテで来た馬が好成績です。

先ほどから話しているように

ニュージーランドトロフィーは先行した馬が圧倒的に強いレース

 

レースで前に行けるかどうか?

という点が重要なポイントになってきますが
前走で速いペースを経験した馬(短い距離を走った馬)が
ニュージーランドトロフィーでも先手を奪えています。

能力の比較では無く、適性の有無

ニュージーランドトロフィー予想の肝が見えてきましたね。

 

余談ですが、ニュージーランドトロフィーの前走クラス別の成績を見てみると

条件戦から挑む馬の成績が良くない事が分かります。

 

先ほどの距離短縮、距離延長ローテーションについても言えますが
より速いペースを経験した馬が強いレースなので

オープンクラスの速いペースを経験している

というのは好走率を大きく向上させますね。

 

以上が2018ニュージーランドトロフィーを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

ニュージーランドトロフィーはGINHKマイルカップの前哨戦でありながら
本番との相関性が弱く、この舞台に適性の高い馬が活躍するレースです。

“他の凌駕するパワーを持っている馬”

“重賞でも前に行ける先行力”

この2つの要素を持っていないと好走が難しい

ということをまずは覚えておくといいでしょう。

逆に

”能力の高いサンデー系の馬”

には注意が必要ですね。

 

私がニュージーランドトロフィーで注目しているのは
パワーと先行力を兼ね備えているあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI桜花賞

うまコラボでは桜花賞データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「桜花賞」
のデータは無料で見られる上に
「桜花賞」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

馬券の調子に波がある人はうまコラボの安定感を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。