【新潟大賞典2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【新潟大賞典2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは新潟大賞典2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

新潟大賞典はGIシリーズの谷間に行われるローカル重賞レースです。


(写真は2017新潟大賞典 サンデーウィザード)

新潟大賞典は新潟外回りコースで行われる重賞なので
毎年速いタイムで決着するスピードレースです。

ただ、スピードレースながら直線ではずっと全速力を続けなくては
いけないコース形態なので、持久力も必要になるレースです。

そんな新潟大賞典にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ステファノス 2.7倍
トリオンフ 松田 3.5倍
マイスタイル 5.3倍
ハクサンルドルフ 7.7倍
スズカデヴィアス 9.1倍
カレンラストショー 12.8倍
トーセンマタコイヤ 13.9倍
レーヴミストラル 16.0倍
ナイトオブナイツ 16.6倍
アウトライアーズ 17.5倍
ステイインシアトル 18.8倍
ラインルーフ 24.6倍
ロッカフラベイビー 27.0倍
シャイニープリンス 41.8倍
ケントオー 48.5倍
ウインテンダネス 52.7倍
ナスノセイカン 55.1倍
ハッピーユニバンス 60.8倍
ノットフォーマル 103倍
クラリティスカイ(出走回避)
ブレスジャーニー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

今年こそGI戴冠を願う ステファノス

前走の香港カップでは4着と地力の高さを見せたステファノス

GI2着が2回あり、地力の高さは既に実証済み
あと足りないのはGIのタイトルのみ

毎回休み明けは走らないステファノスなので
今回の結果はGIには直接つながりませんが
格下相手に無様な競馬は見せられません。

大阪杯は荷が重かった トリオンフ

前走の大阪杯では直線を向くまで良い手応えを見せたトリオンフですが
最後はスワーヴリチャードを始めとしたGI級の実力馬の前に
8着と敗れてしまいました。

ただ、見せ場のある内容の競馬でG3に戻れば力上位は明らか
ここは力の違いを見せつけたいところです。

重賞で堅実な走りを見せる スズカデヴィアス

前走の小倉大賞典では3着に入り、抜群の安定感を見せたスズカデヴィアス

中日新聞杯、京都金杯でこそ惨敗をしましたが
それ以外のレースではしっかりと走っている実力馬。

特にローカルの重賞には強い馬なので
今回の相手でも十分に戦えそうです。

復活の兆しを掴みたい クラリティスカイ

近走は惨敗続きのクラリティスカイ

NHKマイルカップ勝ちはもちろん
中山金杯2着、小倉大賞典3着とG3レベルなら
互角に戦える地力を持った馬です。

復活の道は険しいですが、能力さえ出し切れば一発をかませる馬です。
(出走回避)

金鯱賞では展開に泣いた ブレスジャーニー

期待された金鯱賞では6着に敗れたブレスジャーニー

着順こそは冴えませんでしたが、
レースの内容を見てみると後方にいた馬には
まったくチャンスのない展開になっていたので気にする必要はありません。

今年活躍するためにはここで無様な競馬は出来ません。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ新潟大賞典の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。