【桜花賞2018】過去10年のデータ分析|内枠は絶対的に不利!!

Pocket

2018桜花賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
桜花賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、クラシックが始まりますね!

いち競馬ファンとしてワクワクするという面は
もちろんあるのですが、一番ワクワクする理由は

“桜花賞が馬券的に相性が良い”

からです。

昨年はソウルスターリングを本命にしたものの

馬場が重くなっている上に先行脚質の
ソウルスターリングにとって外枠はマイナス

という見解で3連単2着、3着付けで流して
3連単900倍以上の配当をゲットする事が出来ました。

この的中があったからこそ

2017年はプラス収支で終えることが出来た

と言っても過言ではありません。

ちなみにオークスも○◎で馬連本線的中

秋華賞も▲○◎で3連複本線的中

と昨年の牝馬クラシック路線は最高でした。

今年も最高のクラシックを味わえるよう
頑張っていきたいと思います。

 

さて、今週はそんな楽しみな桜花賞が行われます。


(2017桜花賞 レーヌミノル)

昨年のソウルスターリングと同じくらいの
支持を集めそうなのが、阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬の

ラッキーライラック

です。

昨年のように大きな配当は見込めなさそうなメンバー構成ですが
それゆえに馬券としてはある程度相手を絞って
馬券を買わないといけないレースですね。

絞ることが必要なので予想が難しい桜花賞ですが、レースを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

桜花賞過去10年のデータ分析

差しが届く舞台!先行馬は直線を耐えきるスタミナが必要

まず、最初に注目したのは桜花賞の脚質成績です。
以下は桜花賞における過去10年での4コーナーでの順位別成績です。

データを見ると差し馬、それも追い込みに近い位置で
競馬をするような馬が優位な成績を残している事が分かります。

競馬の原則は「先行馬有利」

ですが、桜花賞はもともと差しが届きやすい
阪神芝1600mで行われているという点

GIレースという事で各馬が勝負にくるので
前に圧力がかかりやすい

いう2点から差し馬が好成績を収めています。

桜花賞と同じ舞台で行われるチューリップ賞は
同じ条件ながらGIへ余力を残す馬が多いため

「先行馬が圧倒的に有利」

となっていましたが、桜花賞はその逆だという事です。

チューリップ賞で差し届かず

というような馬は絶好の狙い目ですね。

 

ちなみに桜花賞の上がり3ハロン順位別の成績を見てみましょう。

差し・追い込み有利の競馬にはなっていますが
上がり3ハロンで1位、2位の馬の複勝率はイマイチ

その代わりに3位~5位だった馬が好成績を収めていることから

ハープスターが見せたような極端な追い込みでは
届きづらい事が分かります。
(ハープスターは絶対能力の高さで勝ちましたが…)

最後方追走型の追い込み馬では無くて

ある程度のポジションにつけられる
器用さを持っている差し馬

を狙う事がポイントとなりそうですね。

 

内枠は死に枠、好走するなら真ん中から外の馬

次に桜花賞での枠順別成績を見てみましょう。

一目瞭然で

内枠=死に枠

だという事が分かります。

阪神芝外回りコースは3コーナーから直線にかけて
緩やかな下り坂になっているので
差し馬が勢いをつけやすい

という事が差し馬有利という状況を作っています。

加えて言うと、阪神競馬場は直線での急坂が控えているので
先行している馬が止まりやすく、差し馬が台頭しやすい。

という側面もあります。

つまり、内枠からコースロスなく立ち回るよりも
多少ロスがあっても、外枠から外をグルリと回って
直線勝負に賭けた方が好走しやすくなる。

という訳ですね。

レッツゴードンキが逃げ切り勝ちを果たした
桜花賞だけは例外的に前残り、内有利となりましたが

「桜花賞は原則、内枠は不利」

という事を覚えておきましょう。

 

後にも先にもチューリップ賞組!!

最後に桜花賞における前走レース名別の成績を見てみましょう。

主要トライアルであるチューリップ賞組が
圧倒的な成績を残している事が分かります。

フィリーズレビュー組も回収率こそ単複ともに
100%超えを果たしていますが
昨年のレーヌミノルの好走が大きく影響しているもので

「回収率、好走率共にチューリップ賞がダントツ」

である事が分かります。

それ以外のステップレースはいずれも成績がパッとしません。

桜花賞に必要な好走要素は

・能力の高さ(特にスピード能力)

・しっかりとした末脚を持っている馬である事

この2つなので、フラワーカップのような
前々でパワーを活かして好走したような馬は
難しいレースである事が分かります。

必要以上に他路線組に浮気をしない事が大切ですね。

 

最後に桜花賞の人気別の成績を見てみると

1番人気が意外にも活躍しておらず、伏兵馬の活躍が目立ちます。

一番の要因は

「チューリップ賞と桜花賞の性質の違い」

が挙げられます。

桜花賞とチューリップ賞は逆の性質を持っているので

チューリップ賞で展開向かず差し届かず

みたいな馬が、桜花賞で巻き返すパターンはよく見られますね。

レッドオーヴァル、アユサンあたりは
まさにこのパターンの典型だと言えるでしょう。

 

参考までに前走の着順別成績を見てみると


前哨戦でどんな着順であっても
複勝率は大差がない事が分かります。

 

以上が2018桜花賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

桜花賞は牝馬クラシック第1段のレースと言うことで

“激戦必至の差し馬有利な舞台”

ということをまずは覚えておくといいでしょう。

内枠でレースをする馬は激流の波に揉まれやすく
成績を残せていないことや

前走差しが不発だった馬が桜花賞の
ハイペースに乗じて差しを決める

という場面も想定しておく必要がありそうですね。

 

私が桜花賞で注目しているのは
桜花賞の流れに乗じてきそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI桜花賞

うまコラボでは桜花賞データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「桜花賞」
のデータは無料で見られる上に
「桜花賞」の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

馬券の調子に波がある人はうまコラボの安定感を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。