2013天皇賞・秋の有力馬をチェック!!ジェンティルドンナ戴冠か!?


2012天皇賞・秋
(写真は去年の天皇賞・秋)

今週はGI天皇賞・秋が行われます。

追い切りを含めて情報を届けたかったんですが
木曜・金曜の配信が難しそうなので
前走成績と気配で読み解いていきたいと思います。

【ジェンティルドンナ】
春は満足のいく成績を出せていないが、今回のメンバーでは中心。
宝塚記念での走りを含めて、底力が抜けているとは思えないが
東京2,000mは牝馬に有利な舞台設定でメンバーも
超一級がいないだけにチャンスは大きい。

【エイシンフラッシュ】
昨年の覇者で前哨戦の毎日王冠も快勝。
前走は状態が良くない中での勝利だったので、今回はさらに上積みあり。
能力だけで言えば、ジェンティルドンナに土をつけられる物を持っているが
もともとムラな馬で能力を発揮出来る時と出来ない時の差が激しい
人気になりそうなココよりも、ココを負けてのジャパンカップという
ストーリーの方が妙味は高いか

【ジャスタウェイ】
現役屈指のマイラーで前走も追い込み不利の流れを差してきて2着
能力は上の2頭にひけをとらない、あとは距離だけが問題。
東京2,000mはマイラーも活躍出来る舞台なので妙味はある。

【トーセンラー】
今年に入って成績が充実、大波乱だった前走もしっかりと馬券圏内を確保。
この馬の場合は、関東遠征でのレースに不安がある。
今年の充実度で問題なしとみるか、不利な条件と見るかで馬券購入の有無が決まる。

【トーセンジョーダン】
一昨年の覇者で能力は見劣らない存在だが、なかなか順調に
使えない馬で状態面が大きな問題となる。
状態が悪くても堅実に走ってきた馬が、前走は惨敗。
シンプルに考えれば、分が悪い。

【レッドスパーダ】
夏競馬から充実一途をたどる存在で、前走も健闘した。
能力的にはかなり落ちるが、単騎逃げで展開が恵まれれば
粘り込みも十分に考えられる。

馬券の焦点となるのはエイシンフラッシュの扱いです。

ジェンティルドンナも人気面のバランスが微妙に釣り合っていないと
感じますが、成績が安定している分、大崩れは考えづらいが
エイシンフラッシュは大駆けもあれば、惨敗もある馬
高額回収を狙うなら、フラッシュからいくか、切るかの2択でいきたい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。