【日経賞2018】過去10年のデータ分析|特殊コースでのスタミナ勝負!!

Pocket

2018日経賞を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日経賞で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

スターホースであるキタサンブラックが引退して
日本最強馬争いは混沌としていますね。

昨年の実績だけで言えば

ジャパンカップを制した シュヴァルグラン

一昨年のグランプリホース サトノダイヤモンド

日本ダービーを制した レイデオロ

この当たりの名前が出てくるのかなぁと思いますが
いかんせん今年は4歳馬が強いこと強いこと

中山金杯の セダブリランテス に始まり

AJCC ダンビュライト

京都記念 クリンチャー

中山記念 ウインブライト

金鯱賞 スワーヴリチャード

GI馬であるレイデオロ、アルアインは負けているのに
これだけ厚みのある成績を残している世代は記憶にないですね~。

日本競馬界の勢力図が一変しそうな
今年の4歳馬の活躍はワクワクしてしまいます。

そして、今週の日経賞では世代を代表する実力馬
キセキが出走を予定しています。


(2017日経賞 シャケトラ)

これは楽しみですし、この結果次第で天皇賞春の行方が
大きく左右されそうな注目のレースですね。

 

そんな日経賞ですが、有馬記念と同じ中山芝2500m
という舞台でのレースで、GIを見据えたG2戦だという事から
毎年、少数精鋭で行われるレースです。

それゆえに波乱の要素が少ないレースで
馬券としてはある程度相手を絞って
馬券を買わないといけないレースですね。

少頭数ゆえに予想が難しい日経賞ですが、レースを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

日経賞過去10年のデータ分析

トライアルレースなだけに先行馬が圧倒的に有利!

まず、最初に注目したのは日経賞の脚質成績です。
以下は日経賞における過去10年での4コーナーでの順位別成績です。

データを見て一目瞭然ですが
先行馬が圧倒的に優位な成績を残しています。

日経賞は天皇賞春に出走する馬のステップ

という位置づけのレースなので
GIを目標にした馬が出走してきます。

それゆえに日経賞は本番前の叩き台として
有力馬は緩い仕上げで出走してくる上に
レースでも無理な仕掛けは行わず
スローペースになりやすくなります。

だから先行馬がそのまま残る流れになりやすいと言えますね。

昨年のシャケトラのように捲って勝負してくる馬もいますが

“原則は徹底した先行馬狙い”

というレースになります。

 

ちなみに枠順別の成績を見てみましょう。

回収率という点では内外はそれほど大きな影響はありませんが
好走率という点で見てみると

「内枠が若干優勢である」

という事が言えます。

コーナーを6度回るコースである事に加えて
スローペースで流れやすい展開とあれば

内枠の方が若干優勢になる

という理屈は理解出来ますね。

ただ、この時期の中山の芝は荒れてきているので
外伸び馬場になっている点も考慮しておきたいですね。

 

意外に荒れる天皇賞春の前哨戦

次に日経賞での人気別成績を見てみましょう。

天皇賞春のステップレースである割には
人気上位馬の成績はそれほど振るわず

“4番人気以下の伏兵が活躍している”

事が分かります。

日経賞は有馬記念と同じくトリッキーな特殊コースで
行われるレースであるという点から

「コース適性が結果に及ぼす影響が大きい」

ことや

「阪神大賞典と比較すると例年メンバーレベルが下がる」

ことが荒れる要素として挙げられます。

名前に負けず、舞台適性のある馬を狙いたいですね。

 

参考までに日経賞における種牡馬別成績を見て頂きましょう。

長距離のレースで抜群の実績を残している
ハーツクライ産駒をはじめ、チーフベアハート、アドマイヤドン
ティンバーカントリー、アドマイヤベガ、スクリーンヒーロー

などスピード能力は若干劣る分、スタミナで勝負をする

という種牡馬が名を連ねています。

スローペースで流れるとは言え
馬場が良くない中、長距離を走るレースなので

スタミナが豊富な馬を狙いたいですね。

 

重厚なレースで活躍するには格は不可欠

最後に日経賞における前走クラス別の成績を見てみましょう。

昇級戦やオープン特別からの活躍は皆無

日経賞で活躍している馬は
前走でGIかG2を走っている馬がほとんどです。

日経賞はGI前のトライアルレースなので
格で負けてしまうような馬はそもそも通用しない

と言うことが分かります。

 

最後に日経賞の前走出走レース別の成績を見てみると

日経賞と同じ条件である有馬記念組が圧倒的に強く

1月に行われるAJCCや日経新春杯からの臨戦も好成績です。

逆に京都記念をはじめとした2月に行われる重賞レースからの
臨戦はそれほど成績が良くないことから

“余力が無いと走れないレース”

だという事も見逃せないですね。

 

以上が2018日経賞を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

日経賞は天皇賞春の前哨戦と言うことで

“スローペース必至の先行馬有利の舞台”

ということをまずは覚えておくといいでしょう。

馬場が荒れてくる中での特殊条件のレースと言う事で

“スタミナとパワーが豊富な馬が好走する”

という特徴も持っているレースだと言えますね。

 

私が日経賞で注目しているのは
中山芝2500m適性があり、ここは走れそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

今週のメインレースはGI高松宮記念

うまコラボでは高松宮記念データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「高松宮記念」
のデータは無料で見られる上に
「高松宮記念」の予想も、サイト運営者「北条氏のブログ」にて
日曜日お昼頃に無料公開されます。

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

高松宮記念の無料予想でうまコラボの威力を堪能して下さい。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。