【マーチステークス2018】過去10年のデータ分析|ハンデ戦らしい波乱のレース

Pocket

2018マーチステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
マーチステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

GIと同日に行われる重賞って肩身が狭いですよね~

大体、ローカル場所のG3とか
存在感のないダートのG3とか

になるので、正直どの馬が勝ったのか覚えてなかったりします。

高松宮記念から春のGIロードが始まるので
GIと同日開催の存在感の薄いレースが
開催されますが、早速高松宮記念の裏でマーチステークスが行われます。


(2017マーチステークス インカンテーション)

年齢を重ねて脳みそが劣化しているというのもありますが
正直昨年のマーチステークスで何が勝ったのか思い出せません。

モルトベーネかな?

と思ったけど、調べてみたらアンタレスステークスの勝ち馬

グレイトパールかな?

と思ったけど、こちらは平安ステークスの勝ち馬

色々と頭の中の記憶をひっくり返して
やっとインカンテーションの名前が出てきた始末

GIの裏で行われるレースだから
それほどインパクトがないのに加えて
春は同じような条件のダート重賞ばっか行われるから
全然興味が沸かないんですよね~

東京ダート2100mとか中山ダート2400mとか
思いっきり長い距離の重賞を作ってみたり

京都ダート1200mとか
短距離の重賞を作ってみても良いと思うんですよね~

 

とまあ、JRAに対する愚痴はさておき
今週はそのマーチステークスが行われますね。

GIが終わった後のレースでハンデ戦。

という事を考えると波乱の要素が多いレースです。

今でこそ完全復活したインカンテーションが勝ったので
昨年のマーチステークスは荒れなかった印象がありますが

当時のインカンテーションは10番人気

単勝で25倍ついた波乱のレースだったんですよね。

予想が難しいマーチステークスですが、レースを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

マーチステークス過去10年のデータ分析

原則先行馬有利も、差し馬にもチャンス有り!?

まず、最初に注目したのはマーチステークスの脚質成績です。
以下はマーチステークスにおける過去10年での4コーナーでの順位別成績です。

ダートのレースは原則先行馬が有利

という事は多くの人が知っていることだと思いますが
マーチステークスにおいても同じ事が言えます。

特に中山競馬場のダートコースは直線も短いので
先行有利になる点は否めないのですが
差し馬の成績もそれほど悪くありません。

4コーナーで10番手以下となってしまうと
さすがに厳しくなってしまいますが

7番手から10番手くらいのポジショニングなら十分に差しが届く

というデータが出ています。

“先行馬狙いも脚質に偏らない予想”

が必要になりますね。

 

ちなみに枠順別の成績を見てみましょう。

枠順別の成績は真ん中の枠が成績が悪いものの
フラットな成績分布となっています。

“ダート戦は原則外枠が有利”

なのですが、スタートから最初のコーナーまでの距離もなく
コースを1周するコース設定という事もあり
内枠からロス無く競馬をした馬も好成績を残している

という風に読み取れます。

枠順の影響を大きく考える必要はありませんが
個の脚質を合わせて考えていくと良さそうですね。

 

ハンデ戦なだけに条件戦上がりの馬が活躍!

次にマーチステークスに出走している馬の前走クラス別成績を見てみましょう。

前走でオープンクラスを走った馬と
条件戦を走った馬では複勝率は互角ですが

回収率の点では

“前走、条件戦を走った馬が大きく上回ります”

ハンデ戦という事で格下の馬が活躍している

という背景がこの成績に繋がっていると言えますが

前走でGIを走った馬は安定した成績を残している事が分かります。

重いハンデを背負っていても
地力に勝る馬は好走している

事がデータから分かるので

“前走GIを走った馬か、前走条件戦を走った馬を狙う”

という形が基本的なマーチステークス攻め方となります。

 

参考までにマーチステークスにおける前走人気別の成績を見て頂きましょう。

1~3番人気の複勝回収率はそこそこの数値となっており
4,5番人気の成績が悪く
6番人気以下の馬の回収率が高い

という事から

“前走GIを走った人気馬、前走条件戦を走った人気薄の馬”

このパターンが狙いである事が分かりますね。

 

パワーが必要なレース、馬力は必要不可欠

最後にマーチステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

サンデー系種牡馬の成績が振るいません。

もともとダートではサンデー系種牡馬の成績が下がることは
一般的な見解ではあるのですが、
“それにしても苦戦している”と言えます。

道中で脚を溜めて直線で弾けるような馬では無く
持続的に脚を使い続ける馬が活躍しているレースなので

馬のタイプを見極める事も必要となります。

 

最後にマーチステークスの年齢別成績を見てみると

4歳から7歳までまんべんなく活躍している事が分かります。

スピード勝負や能力勝負では無く

“スタミナ勝負・我慢比べ勝負”

となっているという事ですね。

 

以上が2018マーチステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

マーチステークスはハンデ戦の重賞レースなので

“条件戦上がりの伏兵馬が活躍するレースである”

ということを覚えておくといいでしょう。

前に行ける器用さと永続的に脚を使う続ける
スタミナを保持した馬を狙っていく

という観点から好走馬を探っていく事が大切な要素となりそうです。

 

私がマーチステークスで注目しているのは
非サンデー系の中でも配当妙味がありそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2018年無料予想8週連続的中の競馬サイト!】

先週の阪神大賞典、ファルコンステークスでも大暴れ

阪神大賞典は3連単9点勝負で65.3倍を的中!!

ファルコンステークスでも3連単12点勝負で615.6倍を的中!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で高松宮記念の極秘情報を公開します。

まずは高松宮記念の極秘情報を堪能して頂き
他の勝負レースにも参加してみて下さい。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の高松宮記念情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  高松宮記念の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。