【フラワーカップ2018有力馬危険度分析】ロックディスタウンは信用出来る?

Pocket

ここではフラワーカップ2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるダノンスマッシュの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週はフラワーカップが行われますが
桜花賞の正式なトライアルレースではないだけの

データを取るとフラワーカップ経由で
桜花賞に出た馬はあまり良い成績を残せていません。

だけれども、過去には強い馬が出走していたなぁ

というイメージがあります。

そんなイメージを植え付けたのが

「シーザリオ」

です。

今でこそエピファネイアやリオンディーズの母親として
名前が知られていますが、シーザリオの現役時代の走りを知る人は

もしかしたら過去の名牝の中でも最強かも!?

と思えるほどのパフォーマンスでした。

JRAのホームページとかyoutubeとかで
シーザリオの走りが見られると思うんですけれども

「速い」とか「切れる」とかじゃなくて『強い』

という感じの馬だった事がレースを見て貰えれば分かる
と思いますので是非、レースを見て下さい。

もちろんフラワーカップも圧勝でしたよ!

それでは、フラワーカップの話にいきましょう!

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

最強の関西情報社チェックメイトは、勝負の関西馬情報で

京都記念【1万6450円】的中
東京新聞杯【2万7390円】的中
ヒヤシンスS3単【8万9030円】的中

今週は主役不在の大混戦!

第66回 阪神大賞典 (G2)

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した
阪神大賞典・3連単勝負買い目の

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はフラワーカップが行われます。


(2017フラワーカップ ファンディーナ)

先ほども話した通り桜花賞との繋がりは薄いレースですが

関東で行われる牝馬限定重賞であるという点と
1800mで行われる牝馬限定重賞であるという点から

オークスへの繋がりが濃いレースになっています。

今年の主役になるであろうロックディスタウンも
札幌2歳ステークスを勝っているように
桜花賞と言うよりもオークスを見据えた馬です。

桜花賞路線で組まれている3歳牝馬路線において
中山芝1800mという条件は特殊な条件と言えますので
予想の方も一筋縄ではいきません。

そんなフラワーカップに出走してくる有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

フラワーカップの有力馬の危険要因と買い要素

ロックディスタウン

前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気を裏切って
9着と惨敗してしまったロックディスタウン

札幌2歳ステークスの勝ち方からも分かるとおり
短距離でのスピード勝負は向かない馬なので
前走の敗戦は適性外と捉える事が出来ますが

あまりに不甲斐ない負け方をしたのはマイナス材料です。

前走惨敗で精神面での心配材料も有り
フラワーカップで強いロックディスタウンを見えられるかどうかは
半信半疑と言ったところでしょう。

 

ノーブルカリナン

前走のエルフィンステークスでは2着に入り
オープンで戦える地力を示すことが出来たノーブルカリナン

ディープインパクト産駒が苦手とする
フラワーカップにおいて持ち前のスピードで
どこまで戦えるのかが焦点となります
今回のフラワーカップは前走以上に厳しい条件になりそうです。

 

トーセンブレス

阪神ジュベナイルフィリーズでは差して4着に入ったトーセンブレス

2走前のアルテミスステークスでは1番人気を裏切っているように
後方一手の脚質で成績が展開に左右される面がありますが
持っている地力は今回のメンバーでも十分に足ります。

あとは近2走が示す通り、トーセンブレスの差し脚をどれだけ
活かせる展開になるのかが取捨の焦点となりそうです。

 

ノームコア

2戦2勝とまだ底を見せていないノームコア

新馬戦では福島競馬場、2戦目は中山競馬場と
小回りコースを勝ってきての臨戦であるだけに
フラワーカップへの舞台適性はありそうです。

父ハービンジャーに母父クロフネという血統なので
馬群に揉まれる競馬は避けたいところですね。

 

メサルティム

ディープブリランテの子供であるメサルティム

重馬場で勝利した実績もあり、中山芝1800mも既に対応済みと
パワーが求められるフラワーカップのおいて
最も適性の高い馬だと言えるメサルティムですが

過去3戦はいずれも伏兵として好走したもの
圧力のかかる状態でのレース経験がないだけに
その点は不安要素だと言えます。

 

カンタービレ

未勝利を勝ったばかりの状態で重賞に挑むカンタービレ

能力の高いディープインパクト産駒という事に加えて
関西の名門角居厩舎と言うことで
未勝利勝ちながら注目を集めそうな1頭です。

小柄な馬だという点に加えて初めての関東遠征と
不安要素は多々ありますが、
まだ底が割れていない未知の魅力を持った馬だと言えますね。

 

以上です。

 

まとめ

今年のフラワーカップは
500万条件の馬が多数出走しており

例年以上に小粒なメンバー構成

となっています。

1番人気が想定されるロックディスタウンは
それほど信頼が出来る馬ではないと思いますが

周りのレベルも低いので軸馬選びが難しいレースです。

中山芝1800mという舞台設定から
求められる適性が偏っているので
フラワーカップに向いている馬を買いたいですね。

 

2018フラワーカップで私が注目している馬は
パワーを十分に備えて、適性の高そうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ