【ファルコンステークス2018有力馬危険度分析】ダノンスマッシュって強いの?

Pocket

ここではファルコンステークス2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるダノンスマッシュの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

周りを見ていると花粉症の人が溢れかえっていますね~

私も花粉症の一員ではあるのですが
検査をした感じだと『微陽性』らしいです。

野球で言うと1軍選手では無く、2軍選手といったところでしょうか…

なので、特に薬を飲むわけでもなく、マスクをする事でもなく
日常生活を送れるのはありがたい限りです。

一軍選手はもちろんメジャーリーガークラスになると
本当に見ているだけで辛いですからね。

一軍に昇格しない事を願うばかりです。

それでは、ファルコンステークスの話にいきましょう!

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■第67回 スプリングS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
スプリングSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はファルコンステークスが行われます。


(2017ファルコンステークス コウソクストレート)

レースの立ち位置としてはNHKマイルカップの前哨戦ですが
実際のところは

「1400mのスペシャリスト達のお祭り」

というようなレースです。

今年の出走メンバーを見てみても

朝日杯フューチュリティステークス5着の ダノンスマッシュ

をはじめとして、1400m戦で実績を出してきた馬ばかりです。

しかも一番人気馬の成績が信じられないほど悪いレースとあって
まあ一筋縄ではいきません。

そんなファルコンステークスに出走してくる有力馬について
予想の参考になる見解を話していきたいと思います。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

ファルコンステークスの有力馬の危険要因と買い要素

ダノンスマッシュ

朝日杯フューチュリティステークスでは5着に敗れました
ダノンスマッシュですが、この敗戦は鞍上の乗りミスといえる1戦で
普通に走っていれば2着はあった内容でした。

能力的には今回のメンバーではナンバーワンと言える馬で
1400mに戻るのもダノンスマッシュにとってはプラス要素

これといったマイナス要素はありませんが
1番人気馬が低調なファルコンステークスで
どこまで高い信頼度を見せられるのかは注目です。

 

アンブロジオ

前走のクロッカスステークスでは負けはしたものの
先行抜け出しという堂々とした競馬で2着に入り
重賞レベルの力を見せつけたアンブロジオ

過去4戦走って全て連対している安定感は武器となりますが
父ローズキングダムが示す通りインパクトに欠ける走りをする馬で
直線での切れ味勝負のような形になると弱さを見せる可能性はありそうです。

 

アサクサゲンキ

小倉2歳ステークスを勝利して、京王杯2歳ステークスでも
3着に入るなど、実績では最上位と言えるアサクサゲンキ

前走の朝日杯フューチュリティステークスでは10着と敗れましたが
1600mへの距離延長で大幅にパフォーマンスが落ちた形で
悲観する内容ではありませんでした。

ベストは1200mなので、今回は1400mに距離短縮されるのは
プラス要素と言えますが、3歳に入り素質のある馬、成長を見せる馬が
台頭してくるこの時期にどこまで地力を保てているかが焦点となります。

 

ムスコローソ

前走のクロッカスステークスでは3着に入り
1400m戦では安定した走りが出来る事を証明したムスコローソ

1400mでは安定感を見せている一方で
過去2回挑戦した重賞では共に2桁着順とクラスの壁に阻まれています。

オープン大将となってしまっている可能性は十分にあり
得意の1400m戦でも楽観視は出来ない状況だといえます。

 

テンクウ

前走のジュニアカップでは人気に応えて完勝したテンクウ

新潟2歳ステークス3着、サウジアラビアロイヤルカップ4着と
重賞での決して崩れない安定感は魅力ですが
今回は1400mのスペシャリストが集うファルコンステークス

初めての1400mとなるテンクウにとって
この距離短縮がマイナスになる可能性は十分に考えられます。

 

フロンティア

新潟2歳ステークス勝ち馬のフロンティア

その後はデイリー杯2歳ステークス4着、
朝日杯フューチュリティステークス8着と
走る毎に着順を落として、相対的に能力が落ちているとも見えますが
単純にレベルが高いレースで負けているとも言えます。

今回は格下げ戦となるG3のファルコンステークス
ここで改めてG3で勝ち負けが出来る地力を見せるのか?
それとも能力的に他の馬に抜かれてしまっているのか?

この判断がフロンティアの取捨に繋がりそうです。

 

以上です。

 

まとめ

今年のファルコンステークスは

例年通り1400mが得意な馬が集まったメンバー構成

となっています。

また、今年のファルコンステークスも例年通り
GIに直結しそうにないメンバー構成なので、

全体的に能力の高い馬というよりも
1400mの重賞に全力投球をしたい馬

を中心に据えて馬券を買うレースになりそうです。

とにもかくにも毎年荒れるレースなので
今年のファルコンステークスでも
ハズレを恐れず、伏兵馬を買って勝負をしていきましょう!!

 

2018ファルコンステークスで私が注目している馬は
1400mでこそ力を発揮しそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。