【阪神大賞典2018有力馬危険度分析】クリンチャー重賞連勝なるか?

Pocket

ここでは阪神大賞典2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるクリンチャーの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

子供の成長って早いですよね。

自分の子供についてもそう思いますが
人の子供は特に成長が早いなって思います。

毎日顔を合わせている訳ではないので
何ヶ月かの伸びしろを一気に感じるのが要因なんだと思いますが

“子供の伸びしろ、恐るべし!!”

です。

競馬でも2歳の頃は弱かったのになぁ

と思っている馬が古馬になって急激に強くなる事があります。

私の中で真っ先に出てくるのが

「モーリス」

です。

 

2歳の頃はホント弱かったし
3歳春のスプリングステークスでも本命にしていたんですが
めっちゃ力負けしていたんですよね。

それが古馬になってあんなに強くなるとは…

モーリスの激変以来

“スクリーンヒーロー産駒の伸びしろ、恐るべし!”

と、思っています。

なので、スクリーンヒーロー産駒が長期休み明けとかで
出走してきた場合はとりあえず買うようにしています。

この作戦が吉と出るか凶と出るかは
今後の楽しみにしたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

【2018年無料予想8週連続的中の競馬サイト!】

先週の金鯱賞、アネモネステークスでも大暴れ

金鯱賞は3連単12点勝負で244.1倍を的中!!

アネモネステークスでも3連単12点勝負で84.2倍を的中!!

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料でスプリングステークスの極秘情報を公開します。

まずはスプリングステークスの極秘情報を堪能して頂き
他の勝負レースにも参加してみて下さい。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」のスプリングステークス情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  スプリングステークスの予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は阪神大賞典が行われます。


(2017阪神大賞典 サトノダイヤモンド)

阪神芝3000mという特殊条件で行われるレースなので
俗に言う“リピーター”が活躍しているレースです。

ゴールドシップの3連覇はあまりにも有名ですが
今年はリピーターとなりそうな馬がいないので
フレッシュに予想をしていきたいですね。

今年の出走メンバーを見てみても

前走京都記念を勝った クリンチャー

昨年チャレンジカップを勝った サトノクロニクル

などが有力視されていますが、
一筋縄ではいかさなそうな気配がプンプン漂っており
予想の難しいレースになっています。

そんな阪神大賞典で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

阪神大賞典の有力馬の危険要因と買い要素

クリンチャー

前走の京都記念では大物食いを果たしたクリンチャー

皐月賞で4着に入るなどその素質の片鱗は見せていましたが
昨年の秋で才能が開花した形です。

阪神大賞典から武豊騎手を鞍上に迎えてGI獲りへ本気モード
阪神大賞典も連勝するようならいよいよGIが見えてきます。

 

サトノクロニクル

前走の有馬記念では相手が強く、9着と敗れてしまったサトノクロニクル

GIでは惨敗が続いているものの
2走前のチャレンジカップを勝っているように
G2以下なら十分に通用する馬です。

阪神大賞典はスローペースからの末脚勝負になりやすい条件であるだけに
サトノクロニクルが格負けする心配はなく
今回はしっかりと自分の力を発揮してくれそうです。

 

レインボーライン

昨年は天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念は秋のGI3連戦を戦い
どのレースでも僅差の競馬を続けてきたレインボーライン

追い込み一手の脚質で自分でレースを作れない弱さがあるものの
ツボにハマった時の末脚の破壊力は一級品。

人気上位馬がお互いを牽制するような展開になれば
レインボーラインの一発がありそうです。

 

アルバート

現役屈指の長距離砲であるアルバート

前走は相手が弱かったとは言え、
横綱相撲でステイヤーズステークス3連覇を達成

阪神大賞典も急坂のある阪神コースで行われるだけに
アルバートのスタミナと持久力が物を言うレースになりそうです。

 

カレンミロティック

今年で10歳を迎える古豪カレンミロティック

阪神大賞典は過去に2回出走していて
いずれも馬券には絡めていないものの
スタミナ豊富なカレンミロティックにとって
3000mを超える長距離戦は絶好の舞台

さすがにピークは超えていますが
堅実な走りで馬券圏内を狙います。

 

シホウ

5走前のグリーンステークスでは強い競馬を見せたシホウ

その後、4戦は馬券絡みがなく、重賞レースも3戦連続で
1秒近く離されるレースが続いています。

ツボにハマると強い馬なので、引き続いての長距離戦で
なんとか結果を出したいところです。

 

以上です。

 

まとめ

今年の阪神大賞典は

昨年と比較すると小粒なメンバー構成

です。

ただ、出走頭数も少なく、展開的な紛れも少ないであろう事を考えると
大きな波乱は考えづらいレースだと言えます。

有力馬でも買う馬と切る馬のメリハリをはっきりとつけて
少ない点数で絞って馬券を買いたいですね。

 

2018阪神大賞典で私が注目している馬は
今回の条件が向きそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。