【天皇賞春2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【天皇賞春2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは天皇賞春2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

天皇賞春は春に行われる古馬最高峰のGIレースです。


(写真は2017天皇賞春 キタサンブラック)

一昔前までは天皇賞春と言えば、その時にもっとも強い馬が出てきて
強い競馬を見せながら勝つレースでしたが
近年は距離が合わないことを理由に
海外遠征をする馬が多く現れ、存在感が薄いレースになりつつあります。

また、2017年から大阪杯がGIに昇格するなど
天皇賞春にとっては更に意義が薄まる状況になっていますが
それだけに長距離のスペシャリストが集まるレースだとも言えます。

そんな天皇賞春にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

シュヴァルグラン ボウマン 2.5倍
ガンコ 4.4倍
レインボーライン 5.5倍
クリンチャー 武豊 6.2倍
サトノクロニクル 6.9倍
アルバート 8.6倍
トーセンバジル 9.5倍
チェスナットコート 蛯名 13.5倍
スマートレイアー 15.9倍
ミッキーロケット 19.7倍
ソールインパクト 24.8倍
カレンミロティック 27.0倍
ヤマカツライデン 52.6倍
シホウ 76.1倍
ピンポン 102倍
トミケンスラーヴァ 104倍
トーシンモンステラ 241倍
リッジマン(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

長距離では抜群の安定感を誇る シュヴァルグラン

昨年は天皇賞春で2着、そしてジャパンカップで勝利と
飛躍の一年を過ごしたシュヴァルグラン

キタサンブラックが引退して、レイデオロが海外遠征へ行き
主力級が不在の天皇賞であれば堂々主役を務められる馬です。

一昨年は3着、昨年は2着と着実に歩を進めているので
今年こそは天皇賞春の覇者として勝利の美酒に酔いたいところです。

昇り調子の クリンチャー

菊花賞で2着に激走した後に京都記念で
アルアイン、レイデオロを破る金星を挙げたクリンチャー

春シーズンは好走を見せるものの頼りなさが目立ったクリンチャーですが
昨年秋から馬が一回り成長しており、GIを狙えるボジションまで来ました。

鞍上に天皇賞春の常連である武豊騎手を配して陣営としても勝負モード。
大舞台での勲章を狙います。

阪神大賞典2着の サトノクロニクル

距離不安を囁かれながらも阪神大賞典で2着に入ったサトノクロニクル

もともとズブさを持っている馬で
勝負どころでの加速が遅いタイプであるだけに
距離が伸びて更に良さが活きた形になりました。

天皇賞春の舞台も距離的な不安要素がなく
更なる前進が期待できる楽しみな馬です。

一皮むけたい ミッキーロケット 

昨年の日経新春杯以来、パッとしない成績が続くミッキーロケット

能力の高さはサトノダイヤモンドに食い下がった神戸新聞杯の内容からも
見て取れる馬ですが、どうしてもあと一皮がむけません。

今回は久しぶりの3000m以上の長距離レースと言う事で
ミッキーロケットの秘めたる力が解放されれば
あっと言わせるシーンは十分に考えられます。

大ベテランの カレンミロティック

一昨年の天皇賞春ではキタサンブラックと僅差の競馬をして
2着に入ったカレンミロティック

長距離馬らしく、息の長い活躍をしている点は
「無事、是、名馬」という感じですが
全盛時と比べると近走はさすがにパフォーマンスが落ちています。

持ち前の先行力を活かしてどこまで戦えるか
カレンミロティックの限界が試されるレースになりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ天皇賞春の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。