【トライアル終了後】2014年3歳牡馬クラシックを事前分析

Pocket

先週スプリングSが行われてロサギガンティアが勝利しました。

まだ皐月賞の最終便となる毎日杯が残っていますが
2014年3歳牡馬クラシックの輪郭が見えてきました。

今年の牡馬クラシックはハープスターがいる牝馬と違い
高いレベルで拮抗していて、混戦ながらもレベルが一枚落ちる馬は
争いに加われないという様相を呈してきています。

今回は皐月賞・日本ダービー、強いては菊花賞といった
2014年のクラシックGIについて
有力馬の評価と予想をしていきたいと思います。

ちなみにトライアルが行われる前に予想したものはコチラ

牡馬クラシックを占う【トライアル前】

今年のクラシックで勝つ可能性がありそうな馬は全部で6頭

その中でも1番人気を争うであろう2頭を見てみます。

弥生賞を勝って4連勝を飾ったトゥザワールド

前走はワンアンドオンリーに詰め寄られたものの
レースはしっかり折り合って、鞍上のゴーサインに
すぐさま反応して抜け出すといった
自在性と順応性の良さがウリで皐月賞の
中山芝2000mという舞台はピッタリ合います。

ただ今ひとつスピード感・瞬発力に欠ける点があり
実際にこの馬が主役となるかというと疑問です。

もう一頭の一番人気候補馬は3戦全勝のトーセンスターダム

こちらはコース・馬場を問わずにきっちりと末脚を繰り出し
結果も出してくれる安定性と直線での切れ味が武器です。

レースの内容を見ていると死角らしい死角が見当たりません。

と、書くと主役はこの馬以外にないと解釈出来ますが
この馬の課題は小さくまとまっているという点
毎回優秀な走りをしますが、凄味を感じない。

クラシックを主役で勝利するような超A級の馬は
走りに「迫力」や「凄さ」が必要です。
トーセンスターダムが今後どこまでスケールアップしていくかが
クラシックを手にする課題となります。

その凄味を持っている馬が2頭

弥生賞2着のワンアンドオンリー。

最後トゥザワールドに迫った末脚、ラジオNIKKEI賞を
後方からぶっこ抜いた末脚は凄味十分の内容でした。
ただ、この馬はまだ安定感に欠ける面があり
脆さ・弱さも内包していそうな感じがあり
期待を取るか、不安を取るかで評価が分かれそうです。

もう1頭はきさらぎ賞2着のバンドワゴン

きさらぎ賞は暴走気味に先行しながら
ゴール寸前まで粘りきりました。
GIで同じ暴走を繰り返すと一気に馬券圏外となりますが
新馬戦でトゥザワールドを5馬身ちぎった逃げは迫力十分で
GI戴冠の資格は十分にある馬です。

以上4頭は全て関西馬ですが、関東馬にも1頭有力候補がいます。

共同通信杯を完勝したイスラボニータ

この馬もハープスターにちぎられた以外は
パーフェクトな走りを見せています。
器用・従順など皐月賞向きの武器を持った馬ですが
トーセンスターダム同様スケール、凄味を上げる事が出来るか
そこが焦点になってきます。

最後に地方の雄、プレイアンドリアル

皐月賞には間に合いそうにはありませんが
京成杯の走りは間違いなくGIを争う事が出来る能力の証明で
ダークホース的な存在ながら日本ダービーの
有力候補として忘れてはいけない1頭です。

以上、6頭の争いになるでしょう。

他にも重賞を勝った馬やトライアルで好走した馬がいますが
走りのレベルから上の6頭とは一枚壁が存在するので
一角崩しはあっても勝ちきるまでは難しいでしょう。

私は走りに迫力のある2頭
ワンアンドオンリーとバンドワゴンに注目しています。

ちなみに牝馬クラシックを占った方を見たい方は
以下をクリックして下さい。

こっちはハープスターの独壇場ですが、相手選びが面白いですよ。

3歳牝馬クラシックを占う【トライアル後】

スポンサードリンク