【青葉賞2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【青葉賞2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは青葉賞2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

青葉賞は毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。


(写真は2017青葉賞 アドミラブル)

青葉賞は日本ダービーと同じく東京芝2400mで行われるレースです。

毎年青葉賞からダービー馬が誕生するかも!?

と言われながら、なかなかダービー馬が誕生しない青葉賞ですが
昨年のアドミラブル3着を始め、フェノーメノやゼンノノブロイなど
日本ダービーで馬券に絡む馬は多数輩出している
重賞なトライアルレースです。

そんな青葉賞にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サトノソルタス デムーロ 3.7倍
ダノンマジェスティ 3.8倍
オブセッション 5.9倍
スーパーフェザー 7.5倍
ゴーフォザサミット 11.5倍
ダブルフラット 田辺 14.0倍
エタリオウ 14.2倍
シルヴァンジャー 15.4倍
ディープインラヴ 16.1倍
カフジバンガード 18.8倍
ノストラダムス 20.3倍
テトラルキア 24.0倍
クレディブル 26.3倍
トラストケンシン 29.5倍
ミッキーポジション 30.1倍
モンテグロッソ 40.6倍
マイネルサリューエ 47.2倍
ユウセイフラッシュ 50.9倍
スズカテイオー 52.7倍
コズミックフォース(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

再び重賞の舞台に挑む ダノンマジェスティ

きさらぎ賞では1番人気を裏切って惨敗したダノンマジェスティ

その後、出走した大寒桜賞ではしっかりと勝利したことから
再び青葉賞に出走してくる予定です。

きさらぎ賞では松若騎手がまったく馬を御せなかったという事で
実力のない騎手が乗ってしまうと力を出せない気難しいタイプですが
高い潜在能力があるのは間違いなく、力を出せれば重賞でも好走出来る馬です。

弥生賞で惨敗してしまった オブセッション

2戦2勝での臨戦で期待された弥生賞では
全く競馬にならず惨敗してしまったオブセッション

新馬、500万条件の競馬が強かっただけに
弥生賞が力負けではない事は間違いありませんが
青葉賞で自分の走りが出来るかは半信半疑といったところ。

青葉賞で改めてオブセッションの力を見せつけるようであれば
日本ダービーへの夢も膨らんできそうです。

なかなか結果の出ない ゴーフォザサミット

前走のスプリングステークスでは7着と敗れたゴーフォザサミット

重賞での通用する能力を持っていながら
スプリングステークス、共同通信杯と後方からの競馬で
上位争いに参加が出来ませんでした。

前にいってジリジリと伸びる粘りがゴーフォザサミットの持ち味なので
青葉賞では前前で競馬を進めたいところです。

弥生賞からの出走となる トラストケンシン

前走の弥生賞ではさすがに相手が強く6着と敗れたトラストケンシンですが
今回の青葉賞では弥生賞ほど強いメンバーが集まらない事が想定される上に
距離延長で臨む一戦とあって俄然色気が出てきます。

立場としては格下の存在で、常識的に考えれば難しい面はありますが
末脚を武器とする馬なので、青葉賞の舞台は合いそうな点は魅力ですね。

京成杯2着の実績がある コズミックフォース

前走のすみれステークスでは1番人気を裏切り5着に敗れてしまった
コズミックフォースは青葉賞から日本ダービーを狙います。

すみれステークスはマイナス12kgと馬体を減らしていたことから
輸送のダメージがあったのか、それとも状態面がイマイチだったのか。

いずれにしても敗因はしっかりとしており
地元開催に戻る青葉賞ならコズミックフォースの力が発揮できそうです。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ青葉賞の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。