【フローラステークス2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【フローラステークス2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではフローラステークス2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

フローラステークスは毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。


(写真は2017フローラステークス モズカッチャン)

フローラステークスはオークストライアルとして行われる重賞ですが
最もオークスと関連が深いトライアルレースです。

一番レベルが高い馬達が集まる桜花賞は距離が1600m
オークスへ挑むには800mもの距離延長戦となるため
距離に対応出来ない馬が出てきます。

一方でフローラステークスは2000mで行われるレース
しかも、オークスと同じ東京競馬場で行われるレース

という事でオークスとの関連性が強い重賞なレースであると言えます。
昨年勝ったモズカッチャンも今は大活躍していますね。

そんなフローラステークスにどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

オハナ 4.8倍
サトノワルキューレ 5.0倍
レッドベルローズ 5.8倍
ノームコア 6.6倍
サラキア 7.4倍
ヴェロニカグレース 7.9倍
デュッセルドルフ 8.1倍
センテリュオ 9.7倍
ディアジラソル 10.6倍
レーツェル 10.8倍
ウスベキノキミ 17.5倍
カサールデルシエロ 20.2倍
ファストライフ 22.7倍
ノーブルカリナン 26.3倍
アストラサンタン 27.0倍
オスカールビー 33.5倍
パイオニアバイオ 42.8倍
ガールズバンド 53.7倍
ラブラブラブ 64.1倍
ハイヒール 86.1倍
ジョリルミエール 125倍
カンタービレ(出走回避)
ロサグラウカ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ディープインパクト産駒の サトノワルキューレ

前走のゆきやなぎ賞では牡馬を相手に長距離戦を制したサトノワルキューレ

ディープインパクト産駒という事でまだ底が割れていませんし
この時期に長距離戦で牡馬を破った実績は
大きなアドバンテージとなります。

今回は初めての重賞挑戦となりますが
一気にクラスの壁を突破する可能性は十分にあります。

チューリップ賞4着の サラキア

前走のチューリップ賞では強敵相手に4着に入ったサラキア

1~3着馬はラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアと
阪神ジュベナイルフィリーズでも3着以内に入った実力馬
だという事を考えると十分走っています。

今回は相手が弱くなるので、改めて真価が問われそうです。

フラワーカップ完勝の カンタービレ

前走のフラワーカップでは好位から押し切り勝ちを収めたカンタービレ

ディープインパクト産駒という事で、不利だと思われた
中山芝1800mでしっかり勝利を収めた辺り
カンタービレの能力の高さを証明しています。

ここを勝利して気持ちよくオークスを狙いたいところです。
(出走回避)

長距離戦で実績を残した ロサグラウカ

前走は牡馬混合戦である水仙賞で完勝したロサグラウカ

中山競馬場の芝2200mというタフな条件で勝利したように
ルーラーシップ産駒らしい豊富なスタミナを武器としている馬です。

新馬戦は福島競馬場で2戦目は中山競馬場と
広いコースでの実績が無い点は気になりますが
出走メンバーの中でもスタミナはピカイチの存在で
持久力勝負になれば、ロサグラウカの武器が最大限に活きそうです。
(出走回避)
 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだフローラステークスの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。