【中山牝馬ステークス2018有力馬危険度分析】マキシマムドパリは引退戦を飾れるか?

Pocket

ここでは中山牝馬ステークス2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるマキシマムドパリの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

現在、中山開催が行われていますが

実は私は

「中山競馬場のダートコースを走ったことがあります」

なんでそんなところを走れたのかというと

「中山競馬場で駅伝リレーをやろう」

という企画があったからなんですね~。

何年前の話だったか覚えていないのですが

ミッキーアイルがNHKマイルカップを勝った日に
ひたすらダートコースを走っていたので
もう4年も前の話になるんですね。

ダートコースを走って、気づいたことは

ダートを走るとめちゃくちゃ砂が口に入ってくる

という事です。

これはかなりきつかったですね~

きっと競走馬達も苦しい思いをしながら走っているんだろうなぁ

という事が分かりました。

予想をする際に能力だけをピックアップして
序列を決めがちですが、精神力も予想の大きな要因になる

という事を学んだ貴重な経験でした。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■第52回 フィリーズR(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フィリーズRを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

フィリーズR3点勝負買い目を無料公開はココから

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週は中山牝馬ステークスが行われます。


(2017中山牝馬ステークス トーセンビクトリー)

中山競馬場という特殊なコース形態で行われる上に
GIまで間隔があり、本当に強い馬が出てこないレース

という事で、毎年のように荒れているレースです。

今年の出走メンバーを見てみても

引退戦となる マキシマムドパリ

昨年のチャンピオン トーセンビクトリー

などが有力視されていますが、どの馬も決め手に欠け
予想の難しいレースになっています。

そんな中山牝馬ステークスで馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

中山牝馬ステークスの有力馬の危険要因と買い要素

マキシマムドパリ

一時期はスランプ状態が続いていましたが
エリザベス女王杯で4着に入って以降、中日新聞杯、愛知杯と
掲示板を確保する安定した走りを見せているマキシマムドパリ

今回は引退戦となりますが、引退戦でもきっちり仕上げてくるのが
最近の傾向なので、前走と同様のパフォーマンスは期待できそうです。

中山競馬場は一度しか走った経験がなく
その点は不安材料ですが、最後に良い走りを見たいですね。

 

トーセンビクトリー

昨年の中山牝馬ステークスを制したトーセンビクトリー

有馬記念、エリザベス女王杯は惨敗してしまったものの
今年初戦となったAJCCでは5着に入るなど
クラスが下がれば、十分に勝ち負けできる力を持った馬です。

昨年の中山牝馬ステークスでは斤量53kgという
恵量での出走でしたが、今年は斤量を背負わされる事が想定され
その点をどう克服できるのかが焦点となりそうです。

 

エテルナミノル

前走の愛知杯では目の覚めるような末脚を見せて
悲願の初重賞制覇を達成したエテルナミノル

もともと高い能力を見せていた馬ですが
ここにきて本格化した印象があります。

成績のムラがある馬なので、
前走と同様のレースが出来るかどうかが課題となります。

 

エンジェルフェイス

前走の京都牝馬ステークスでは4着と健闘したエンジェルフェイス

約1年ぶりの出走となった新春ステークスで
最下位人気ながら1着と激走した後に
重賞で4着に来ているという事は地力の証だと言えます。

ただ、長期休み明けから2走続けての好走とあって
蓄積された疲労が顕在化するリスクを抱えているのは事実で
どこまで疲労が抜けているかが焦点となりそうです。

 

カワキタエンカ

前走の洛陽ステークスでは直線に入ってから
全く何の抵抗も出来ずに10着と敗れてしまったカワキタエンカ

ローズステークスや秋華賞ではハイペースで飛ばしながら
最後まで粘っていたことを考えると
体調が不十分ではないかという疑いがかかる敗戦でした。

地力は文句なしなので、今回どこまで状態が回復しているかが
好走の鍵を握っていそうです。

 

フロンテアクイーン

どんな競馬場に行っても、どんな距離でも毎回
自分の力を出し切る安定感がウリのフロンテアクイーン

中山牝馬ステークスの舞台である中山競馬場でも好走歴があり、
成績にムラのある有力馬が揃う中で
最も信頼できる存在だと言えます。

ただ、毎回のように勝ちきれず着を拾う競馬が続いているので
流れ一つで馬券圏内に入れずに4,5着になってしまう
可能性は十分に考えられそうです。

 

以上です。

 

まとめ

今年の中山牝馬ステークスは

1番人気馬を予想するのも困難な混戦ムード

です。

波乱度が高く、人気馬同士で馬券を買うのは
リスキーなレースなので、コースの適性をしっかりと理解して
今回の中山牝馬ステークスで有利にレースを運べそうな馬を
狙っていき、高配当を狙いたいですね。

 

2018中山牝馬ステークスで私が注目している馬は
中山芝1800mへの適性が高そうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。