【金鯱賞2018予想】ブレスジャーニーは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018金鯱賞に出走を予定している
ブレスジャーニーが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今更ですが、弥生賞は見所のあるレースでしたね。

1着のダノンプレミアムはトライアルレースらしい
緩い流れをしっかりと先行して余裕の押し切り勝ち

2歳チャンピオンの力を見せつけたと言えますが
本番の皐月賞では、ダノンプレミアムの後ろにいる馬が
勝負をかけて圧力がきつくなるし
そもそものペースも速くなるし

という事で結構きつくなるんじゃないかなと思っています。

という事で宣言します。

皐月賞でダノンプレミアムの頭はありません!

良くて2着、3着以下に負けると思っているので
皐月賞は3連単で勝負をしようかなと思っていますよ。

メルマガを読んでいただいている方
楽しみにしていてください!!

それでは本題である金鯱賞の話にいってみましょう。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 100名限定 特別無料配信
金鯱賞(G2)・3連複10点勝負

昨年も5万6390円的中
今年も激走必至の穴馬が!

金鯱賞(G2)を無料で見る方法はコチラ

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

金鯱賞で切るべき人気馬

さて、今週は金鯱賞が行われます。


(写真は2017金鯱賞 ヤマカツエース)

2年前までは12月に行われていたレースですが
昨年からこの時期の開催に替わりました。

昨年の勝ち馬ヤマカツエースはここを勝って
大阪杯でも3着に入るなど
早速、大阪杯のトライアルレースである意義を見せつけました。

今年もそのヤマカツエースは出走しますが
2018金鯱賞の目玉となっているのは

サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード

この2頭です。

出走頭数もそれほど多くなく、馬券的には有力馬を切っていき、
馬券を絞る作業をしないと厳しそうですね。

そこで、ここでは2018金鯱賞において
私が馬券から切るべきだと思っている
最も買ってはいけない人気馬について話をします。

 

2018金鯱賞で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ブレスジャーニー

です。

ブレスジャーニーは2歳時に
東スポ杯2歳ステークス、サウジアラビアロイヤルカップを連勝。

今回出走しているスワーヴリチャードやダンビュライトなどを破っており
実績ではトップクラスに決して見劣らないものを持っています。

前走の有馬記念こそ大敗しましたが
チャレンジカップでは3着に入っており
金鯱賞でも4番人気前後に支持されることが予想されます。

差しの届きやすい中京競馬場で
ブレスジャーニーの豪脚が再び披露される事が期待される馬ですが

ブレスジャーニーが、なぜ馬券から切るべき危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

ブレスジャーニーの不安要素

2歳時のパフォーマンスを期待するのは酷??

ブレスジャーニーは昨年秋に復活を果たしましたが
2歳時に見せたパフォーマンスは全く見せられていません。

復帰戦となった菊花賞は不良馬場に加えて
3000mの特殊条件という事で仕方のない1戦

復帰2戦目となったチャレンジカップでは3着に入りましたが
ゴール前ではややいっぱいになり
2着デニムアンドルビーや4着モンドインテロよりも
勢いは見劣る内容でした。

前走の有馬記念も強豪が集う中でのレースという事で
負けること自体は仕方がないと言えますが
差し馬が台頭する流れだったにもかかわらず
差した馬の中でサトノクラウンと同じタイムの最下位

2歳時に見せた強いブレスジャーニーと比較すると
いずれもパフォーマンス不足で
強かったブレスジャーニーの姿は見られません。

2歳時の姿を求めて、金鯱賞でも人気になると思いますが
強い頃のブレスジャーニーと同じパフォーマンスを求める事は酷だと言えます。

 

三浦皇成騎手が騎乗する点

2018金鯱賞のブレスジャーニーには三浦皇成騎手が騎乗を予定しています。

三浦皇成騎手といえば、昨年大ケガから復活して
昨年は武蔵野ステークスをインカンテーションで制覇した騎手という事で
一見、悪くないように見えますが、

2018年の三浦皇成騎手の成績を見てみると

勝ち星 10勝

リーディング順位 20位(関東8位)

複勝率 0.246

(2018年3月4日時点)

となっています。

この数字が良いか悪いかでいえば、決して悪い数字ではありません。

ただ、一つ気になるのは

特別レース勝利数 1

この数字です。

リーディング上位にいる騎手は
メインレースを中心とした特別レースでしっかりと勝ち鞍を挙げています。

三浦皇成騎手の1勝という数字は
どれくらいの順位かというと

33位タイ

です。

全国リーディングが20位なのに対して
特別レース勝利数が33位タイという事は

“三浦皇成騎手は大きいレースに弱い騎手”

だという事が言えます。

今回出走する金鯱賞では

サトノダイヤモンドに騎乗するルメール騎手や

スワーヴリチャードに騎乗するデムーロ騎手

をはじめ、バルジュー騎手、福永騎手など
当然のごとく一流騎手が騎乗するレースとなります。

全盛時のパフォーマンスが期待できない
ブレスジャーニーに勝負弱い騎手の騎乗

という事で、今回の金鯱賞でのブレスジャーニーは
強い相手に跳ね返されてしまう可能性が高いと言えます。

 

以上、2つの理由から

2018金鯱賞で
馬券を買ってはいけない最も危険な人気馬は

ブレスジャーニー

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

2歳時には強いレースを見せ続けていたブレスジャーニーですが
GIのステップレースとして、ハイレベルなメンバーで行われる
金鯱賞において互角以上に戦える根拠は少ないと言えます。

過去の実績からある程度人気に支持されるだけに

今回は期待よりもリスクの方が大きい

と言え、金鯱賞では危険な人気馬となりそうです。

ブレスジャーニーを外して馬券勝負したいですね。

 

2018金鯱賞で私が注目している馬はブレスジャーニーではなく
ローテーションに好感が持てるあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。