【金鯱賞2018予想】休み明けサトノダイヤモンドは信頼出来るの?

Pocket

2018金鯱賞で人気が予想される
サトノダイヤモンドは休み明けのローテーションを覆して
好走することが出来るのか
それとも、危険な人気馬となってしまうのか?

という点について、過去の成績を分析しながら話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

このブログではちょくちょく漫画の話をしますが
私はかなりの“漫画狂”です。

学生時代から漢字の読み書きは人一倍できた方なんですが
勉強して覚えたと言うよりも

「漫画で覚えた」

という感じなんですよね。

慣用句的なこととか、文章での表現力とか
ほとんどを漫画で学びました。

それだけに

「本を読まないで漫画ばかり読んでいるとダメ」

みたいな事を言う人には結構腹が立ったりします。

いやいや、漫画はめちゃくちゃ多くの事を学べるから!

と思ってしまうんですよね。

そんな私が今年から競馬ブログと共に力を入れているのが
漫画の事について書いたブログです。

私的に結構な頻度でブログをアップしているので
「馬GIFT」と共に良かったらコチラもご愛顧頂けると嬉しいです。

漫画で人生を学ぶ「GIFT」はココから

 

金鯱賞で注目を集めるサトノダイヤモンドと私の見解

さて、今週はG2金鯱賞が行われます。

昨年はヤマカツエースが勝利して、そのまま大阪杯でも3着に入るなど
昨年新設されたGI大阪杯のステップレースとして
注目度が上がっているレースです。

今年は有馬記念4着のスワーヴリチャードが出走を予定

昨年の王者ヤマカツエースも参戦して
GI前の前哨戦として、それに相応しいレースになりそうですが
スワーヴリチャード以上に注目度の高い馬が出走を予定しています。

 

その馬の名前は

サトノダイヤモンド

です。

サトノダイヤモンドは一昨年の有馬記念でキタサンブラックを破って勝利
最優秀3歳牡馬に輝いた超一流の馬です。

昨年夏はフランスに遠征。

フォワ賞、凱旋門賞とレースを使ってきましたが共に惨敗
国内で築いた栄光がくすんでしまう内容でしたが

そんなサトノダイヤモンドが2018年金鯱賞で
復活ののろしをあげるべく出走してきます。

国内のレースでは一度も馬券圏内を外して事が無く
GIも2勝と抜けた実績を引き下げていることから
金鯱賞でも人気になることが予想されますが
休み明けでレースを迎えるサトノダイヤモンドは果たして信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

サトノダイヤモンドは今回危険な人気馬である

です。

フランスの競馬で惨敗したとは言え
国内ではトップクラスの成績を残しており
絶対能力の高いサトノダイヤモンドが
今回の金鯱賞で危険な存在である馬だと言えるのか?

理由を説明していきたいと思います。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

最強の関西情報社チェックメイトは、勝負の関西馬情報で

京都記念【1万6450円】的中
東京新聞杯【2万7390円】的中
ヒヤシンスS3単【8万9030円】的中

今週は主役不在の大混戦!

第52回 フィリーズレビュー (G2)

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した
フィリーズレビュー・3連単勝負買い目の

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノダイヤモンドの不安要素材料

フランス惨敗による心のダメージが残っている?

サトノダイヤモンドはデビューから一貫して好走を続けてきた馬です。

3着に敗れたのは皐月賞と天皇賞春のみ
マカヒキとデッドヒートを繰り広げた日本ダービーも
実質価値に等しい競馬だったことを考えると

“ほぼパーフェクト”

といえる成績を残しています。

今回は凱旋門賞から約半年の間隔を空けて出走しているので

“体調面で大きな問題はない”

と言えます。

ただ、心の面で回復したかというと微妙です。

サトノダイヤモンドと日本ダービーで激戦を繰り広げたマカヒキは
国内でパーフェクトな競馬を続けていたにも関わらず
凱旋門賞惨敗から国内に戻ってきて出走したレースで
まだ一度も連対出来ていません。

この結果は体力的なものや体調面での問題と言うよりも
気持ちの問題だと言えます。

海外遠征で消耗してしまった闘争心が戻らず
レースでベストパフォーマンスを見せられなくなってしまった

という、いい事例だと言えますが

サトノダイヤモンドにおいても同様の不安があります。

そもそもディープインパクト産駒は

高い能力を保持している一方で
精神的に繊細な面を備えた馬が多い

という特徴があります。

サトノダイヤモンドがどこまで精神的な強さを持っているかは
分かりませんが、過去の傾向や種牡馬の特徴などを踏まえると

金鯱賞では、戦う気持ちが戻らず、本来の能力を出し切れない

という確率は高いと言えます。

 

金鯱賞は勝つ必要のないステップレース

サトノダイヤモンドは国内で超一流の成績を残してきたので
今後どのレースに出走するにも賞金的に困る事はありません。

そして、サトノダイヤモンドが今年の春に目標としているレースは

大阪杯をはじめとしたGIレース

です。

金鯱賞は目一杯に仕上げる必要はなく
GIに向けてメドが立つような競馬が出来れば
それでOKというスタンスで出走するのは目に見えており

何の不安がない状態で出走したとしても

一枚割り引きの状態で出走してくる

事が想定されます。

サトノダイヤモンドが出走してくるというだけに
有馬記念で見せたような強いサトノダイヤモンドを
想定する人が多いと思いますが

金鯱賞に出走するサトノダイヤモンドは
前哨戦モードでレースを迎える可能性が濃厚です。

 

以上、2つの理由から

2018金鯱賞における

サトノダイヤモンドは今回危険な人気馬である

という結論に達します。

 

まとめ

実績だけで言えば国内トップと言える成績を収めている
サトノダイヤモンドですが、2018金鯱賞では

「精神的な不安がある状態」

である上に

「仕上げ途上の段階で出走してくる」

可能性が高く、

“往年の強さを求めるには酷な状態”

で出走してくる事が予想されます。

人気がある馬なので、出走してくるだけで
1番人気を争い存在になることを考えると

今回のサトノダイヤモンドは期待値の低い馬だと言えます。

 

2018金鯱賞で私が注目している馬はサトノダイヤモンドではなく
この舞台の実績がある、あの伏兵馬です。

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。