【金鯱賞2018有力馬危険度分析】スワーヴリチャードに不安材料はあるのか?

Pocket

ここでは金鯱賞2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるスワーヴリチャードの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

今週は金鯱賞が行われますが
金鯱賞ってコロコロと条件が変わるレースですよね。

昨年はヤマカツエースが勝ちましたが
一昨年の金鯱賞は12月に行われていたので

たった3ヶ月ちょっとで
ヤマカツエースが金鯱賞を連覇


(2016金鯱賞 ヤマカツエース)

という訳の分からない状況が生まれたりして、完全に

“金鯱賞はJRAにとって都合のいい女扱い”

です(笑)

ただ、今年の金鯱賞は超豪華メンバーですよ。

有馬記念で2番人気になったスワーヴリチャード

そして、昨年の凱旋門賞以来の出走となる

サトノダイヤモンド

と、まあこれだけで十分にGI級と言えるメンバー構成ですが
ブレスジャーニーやダッシングブレイズなど
脇役陣もなかなかのメンツが揃っているので
かなり面白いレースになりそうですね。

JRAさん、そろそろ金鯱賞を都合のいい女扱いから卒業させてあげて
確固たる位置づけのレースにしてあげて下さい。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

的中に特化した予想。
3月3日(土)三連単・三連複44.4%、単勝80.6%という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使えば、「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」を攻略出来そうです。

そんなうまコラボでは全重賞データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、「中山牝馬S」「阪神スプリングジャンプ」「フィリーズレビュー」「金鯱賞」のデータは無料で見られるので
うまコラボのデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか?

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

自分の予想とコンピューター予想を合わせれば無敵でしょ
やっぱり競馬が当てたいし、儲けたいよね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、今週はその金鯱賞が行われます。


(2017金鯱賞 ヤマカツエース)

昨年大阪杯というGIが新設されたことによって
金鯱賞という中距離で行われるトライアルレースの
重要性が上がってきました。

それにより、豪華メンバーが集まるようになり
2018金鯱賞はかなり見応えのあるレースになりそうですね。

先ほども話した通り、今年は

サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード

この2頭が目玉になりますね。

実績のある馬がここまで出走してくると
波乱の目は考えづらいレースですが
そんな金鯱賞で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

金鯱賞の有力馬の危険要因と買い要素

サトノダイヤモンド

昨年のフランス遠征では散々な目にあってしまったサトノダイヤモンドは
今年は国内戦に専念、そして金鯱賞から始動します。

フランス遠征の失敗は昨年の天皇賞春で激走した事による疲労である
事は明白でサトノダイヤモンドの能力が落ちたからではありません。

ただ、疲労の著しいところに加えて
海外遠征という負荷のかかる行動をとった事で
サトノダイヤモンドの心身にどのような影響があったのかは未知数

今回は楽観の出来ないレースとなりそうです。

 

スワーヴリチャード

前走の有馬記念では4着と敗れたスワーヴリチャードですが
外枠が災いした形で力負けでは無い内容でした。

今回は得意の左回りに替わりますが
距離も実績のある2000mとこれといって
大きなマイナス要素は見当たらない馬です。

馬券圏内という意味では確率の高い馬ですね。

 

ヤマカツエース

昨年の金鯱賞勝ち馬であるヤマカツエース

中京の実績は十分で、大阪杯で3着に入っているように
地力のある馬ですが、札幌記念を皮切りに成績が残せていません。

前走の有馬記念でも良い条件を引きながら
見せ場無く敗れてしまった内容から調子落ちは濃厚

今回休み明けでどこまで状態を戻しているのかが焦点となりそうです。

 

ダッシングブレイズ

昨年エプソムカップを勝利して悲願の重賞初制覇を果たしたダッシングブレイズ

スタミナ優位の馬なので、中京競馬場はプラス要素で
叩き2走目の上積みもありそうな馬ですが
戦ってきた相手と今回金鯱賞で戦う相手は格が違うので
上のレベルで同じパフォーマンスを見せられるかどうかは未知数です。

 

ブレスジャーニー

昨年の菊花賞で長い休養から復活したブレスジャーニー

2歳時はスワーヴリチャードらに完勝しており
素晴らしい走りを見せていましたが
休み明けで走ったのは唯一チャレンジカップのみ

有馬記念、菊花賞では惨敗続きであるだけに
GI級が揃う今回でどこまで走れるかは半信半疑です。

 

メートルダール

前走の中日新聞杯では久しぶりの競馬ながら
重賞初勝利を飾ったメートルダール

同じ中京競馬場でのレースで重賞を勝った事や
左回りのレースで無類の安定感を誇っている点から
今回の金鯱賞は力が入る舞台ですが
休み明けでいきなり好走した分
状態をどこまで維持できるかが焦点となりそうです。

 

以上です。

 

まとめ

今年の金鯱賞は

サトノダイヤモンドとスワーヴリチャードの一騎打ちムード

という事前の評価になりそうです。

ただ、サトノダイヤモンドにしてもスワーヴリチャードにしても
まったく隙が無いのかといえば、そうでもなく
伏兵馬も十分に立ち入るチャンスがありそうなメンバー構成です。

当てにいかず、高い回収率を出せそうな馬券を狙いたいですね。

 

2018金鯱賞で私が注目している馬は
実績が足りないながらも今回は勝負になると思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。