弥生賞2018枠順確定、展開予想と最も有利な枠を引いた馬について

Pocket

2018弥生賞の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた弥生賞での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、週末になるといつも天気予報とにらめっこのMOTOです。

金曜日朝の段階で中山競馬場と阪神競馬場の天気を調べてみましたが
どちらも雨は降らなさそうですね。

雨が降ったらそれはそれで競馬が面白くなるんですが
やっぱり競馬の醍醐味は良馬場での競馬なのかなぁと思います。

雨に強いタイキシャトル産駒やステイゴールド産駒には申し訳ないですけどね。

という事で弥生賞の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━

100名限定 特別無料配信
弥生賞(G2)・鉄板3点勝負

ワグネリアン、ダノンプレミアも
脅かす穴馬で30倍以上も狙える!?

弥生賞の3点を無料で見るにはココをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

さて、弥生賞の枠順が確定しました。

登録の段階で10頭しかいませんでしたが
その10頭がそのまま出走する運びとなりました。

GI皐月賞・ダービーを控えたトライアルレースということで

あまり激しい競馬にならず、スローペースになりやすいレースなので
正直、枠順の有利不利とかは少なさそうですね。

(脚質の有利不利は出てくると思いますが)

「先行有利」以外に過去の中山記念の傾向を見ていると

パワータイプが強い

という特徴があります。

ただ、今年のメンバーを見てみるとスピード豊かな
ディープインパクト産駒が揃ったなぁ

と言う感じで適性を素質が超えてしまいそうな超豪華メンバーです。

そんな弥生賞に出走する有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 オブセッション

2戦2勝のディープインパクト産駒で
今回オッズの上で3強を形成しそうなオブセッションは
1枠1番という最内枠に入りました。

3強の中でも賞金が足りないオブセッションは
今回の勝負度合いは一番高い馬だと言えます。

最内枠は勝負をかけられそうな枠順で
ルメール騎手であればコントロールしてくれそうですが
デビュー戦で若干立ち遅れた点は気になりますね。

 

3枠3番 ジャンダルム

前走のホープフルステークスでは2着と健闘した
ジャンダルムは内目の3番枠に入りました。

デイリー杯では内を抜け出す競馬をしていますし
先行出来る脚質の自在性を持っているジャンダルムにとって
3番枠は絶好の枠順だと言えます。

弥生賞に強い武豊騎手も不気味ですね。

 

7枠8番 ワグネリアン

前走の東スポ杯2歳ステークスを圧勝して
ダノンプレミアムと並ぶクラシック最有力候補となったワグネリアン

今回は7枠8番という外目の枠を引きましたが
末脚自慢の馬なので、少頭数の外枠は気にする必要がなさそうです。

弥生賞は例年スローペースになりやすいレース。
前に行くダノンプレミアムとは対照的に
後方からレースを進めるワグネリアンにとって
展開が向くかどうかが好走の鍵となりそうですね。

 

8枠9番 ダノンプレミアム

朝日杯フューチュリティステークスを圧勝したダノンプレミアムは
8枠9番という外枠に入りました。

少頭数なので、枠順はそれほど気にする必要はないと思いますが
もう少し内目の枠に入りたかったですね。

展開面で考えると誰も行く馬がいなければ
ダノンプレミアムが行く展開も考えられそうです。
番手に控えるにしてもダノンプレミアムがいつ動くかで
レースの流れが変わってきそうですね。

 

8枠10番 サンリヴァル

前走のホープフルステークスでは強気の競馬を見せながら
展開に泣いて4着に敗れてしまったサンリヴァル

弥生賞でのメンバーを見渡してみると
逃げを打つ可能性が高そうなので
外枠でもロスのない競馬が出来そうです。

鞍上が藤岡佑介騎手に替わるので
どこまでサンリヴァルを操縦できるのかが焦点になると同時に
不安要素でもありますね。

 

まとめ

2018弥生賞で良い条件の枠をゲットしたのは

3枠3番 ジャンダルム

今回は1頭のみを挙げたいと思います。


良い条件をゲットした馬を挙げましたが
他の有力馬ともそれほど差はありません。

事実上の5頭立ての競馬なので
細かい事を考えずに力と力の勝負を楽しんだ方が良さそうですね。

 

私が2018弥生賞で注目している馬は
前で競馬をして展開の利を受ける可能性があるあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

弥生賞3点勝負買い目の無料公開はココをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR