【弥生賞2018予想】ワグネリアンは期待値の低い最も危険な馬だ!

Pocket

2018弥生賞に出走を予定している
ワグネリアンが期待値の低い危険な馬である
という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ほぼ毎週のようにお届けしている

“馬券で買ってはいけない期待値の低い馬”

についてのブログ記事ですが
今週行われる弥生賞は正直自信を持って切れる馬は見当たりません。

ブログで危険馬に推して気持ちよくぶっ飛んでくれる事もあれば
危険馬に指名したのにきっちりと勝たれてしまう事もあって
賛否両論の意見を頂けるシリーズなので

「極力ひよらずに有力馬を切っていきたいなぁ」

と思っています。

馬券に絡むのは3頭しかいない訳ですから
5番人気以内の馬で最低でも2頭は飛ぶ訳ですからね。

切り馬が見つからない弥生賞についても
切るところまでは至らないけれども

「この(想定)オッズに対して、ちょっと危険なんじゃない?」

と思っている馬が1頭いるので、
その馬について話をしていきたいと思います。

という事で、外れる事を恐れず
弥生賞で危険だと思っている馬の話にいってみましょう。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

■第55回 弥生賞(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
弥生賞を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

弥生賞3点勝負買い目の無料公開はココをクリック

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

弥生賞で軽視すべき人気馬

さて、今週は弥生賞が行われます。


(写真は2017弥生賞 カデナ)

近年は共同通信杯に最重要トライアルレースの座を
奪われつつありますが、今年の弥生賞は超強力メンバー

朝日杯フューチュリティステークスを圧勝した ダノンプレミアム

東スポ杯2歳ステークスを圧勝した ワグネリアン

2戦2勝ながら超絶パフォーマンスを見せている オブセッション

ディープインパクト産駒3頭が今年の弥生賞の中心であることは
誰しもが異論を挟む余地のないところだと思いますが
この3頭の中で一番期待値が低いと思っている馬をピックアップしたいと思います。

 

2018弥生賞で
最も期待値が低い危険な人気馬は

ワグネリアン

です。

ワグネリアンは前走の東スポ杯2歳ステークスで
2着のルーカス以下を子供扱いにして勝ったディープインパクト産駒です。

その末脚の破壊力は超A級で東スポ杯が終わったときは
今年の3冠馬候補が出てきたと思わせる圧勝ぶりでした。

もちろん弥生賞でも人気に支持されることが予想されます。

そんな素晴らしい走りを見せたワグネリアンですが

そんなワグネリアンが、なぜ期待値の低い危険な人気馬なのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

ワグネリアンの不安要素

戦ってきた相手が弱く、レースレベルに疑問符?

ワグネリアンは過去3戦して全てのレースで圧勝していますが
レースレベルを考えるとそれほど強いメンバーと戦っていません。

前走の東スポ杯2歳ステークスは7頭立てという
少頭数の競馬で2着以下の馬がその後成績を残せていません。

2着 ルーカス → 次走ホープフルステークス 6着
3着 シャルルマーニュ → 次走ホープフルステークス 12着
4着 カフジバンガード → 次走シンザン記念 5着
5着 ゴールドギア → 次走ひいらぎ賞4着

と、どの馬も惨敗している事が分かります。

また、8頭立てだった野路菊ステークスでも
2着のディロスがその後500万条件を勝ちきれず
3着のシンデレラメイクはアルテミスステークスで12着

どのレースもお世辞にも強い相手といえないメンバーです。

ワグネリアンは全てのレースで圧勝しているので
能力が低いことの証明にはなりませんが
相手が一気に強くなる今回は下馬評通りの走りを見せない可能性はあります。

強い相手と戦ってきたダノンプレミアムと比較すると
実績としては一枚劣る点は否めません。

 

前残り傾向を示す弥生賞で展開の不利を受ける可能性あり!?

ワグネリアンの過去のレースを見てみると

“直線での瞬発力を武器とした馬”

であることが分かります。

好位で競馬をするダノンプレミアムとは対照的に
少頭数が予想される弥生賞でも
ある程度後ろに控えて、直線での末脚勝負に出ることが予想されます。

と、ここで弥生賞の過去10年の結果から
有利な脚質、不利な脚質を見てみると

“先行馬有利、差し馬不利”

であることが分かります。

これは過去10年における弥生賞の4コーナーでの
順位別成績を表にしたものになります。

と、先行馬が圧倒的に有利なレースです。

弥生賞は皐月賞のトライアルレースで
皐月賞の最有力候補が出走してくる確率の高いレースなので
疲労が残らないように無理なレース運びはしません。

それゆえにスローペースで推移して
後方から差す馬が届かない流れになりやすい。

という特徴があるレースなので

差し脚自慢のワグネリアンの切れ味が
展開に消されてしまう可能性があります。

 

以上、2つの理由から

2018弥生賞で
最も期待値の低い危険な人気馬は

ワグネリアン

だと結論づける事が出来ます。

 

まとめ

高いレベルで行われる2018弥生賞で
大穴は望めないレースですが
相手を絞ることによって馬券の回収率を上げたいですね。

“ワグネリアンに突き抜けられたら、それはもう仕方なし”

という気持ちで馬券を買いたいと思います。

ワグネリアンを軽視して馬券勝負したいですね。

 

2018弥生賞で私が注目している馬は
前走負けていながらもここでは巻き返せそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ