【トライアル終了後】2014年3歳牝馬クラシックを事前分析


先週までに行われたレースで桜花賞トライアルが終了して
3歳牝馬のクラシック路線の輪郭がはっきりと見えてきました。

ということで、2014年春の牝馬クラシック(桜花賞・オークス)の
行方を占っていこうと思います。

ちなみにトライアルが行われる前に
予想した牝馬クラシックはこんな感じ

牝馬クラシックを占う【トライアル前】

牝馬路線は非常にわかりやすく
ハープスターという確固たる軸が1頭います。

チューリップ賞は仕上がり途上が見て取れる中で圧勝
という最高の形での回答を出してくれたこの馬に死角はなく
普通に行けば2冠達成は堅いでしょう。

対するは桜花賞へ直行という形を選んだレッドリヴェール

この馬も底が見えていないので判断に苦しみますが
パワーのあるタイプで阪神マイル戦は得意な舞台
成長は鍵となりますが、相手一番手のポジションは譲れないでしょう。

クイーンCを勝利から桜花賞へ挑むフォーエバーモア
クイーンCが楽勝だったことから能力は間違いありません。
ただ、スピードが勝った先行馬という事で
パワー型の差し馬有利な阪神マイル戦の舞台が本質的に向いていません。
人気ほどの信頼度がないのは間違いないでしょう。

同じ事はフィリーズレビューを勝ったベルカントにも言えますね。

それではレッドリヴェールに続く相手2番手以降に
名乗りを上げてきそうな馬はどの馬か

チューリップ賞で2着に入ったヌーヴォレコルト
アネモネS4着ながらも豪快に捲ってきたマーブルカテドラル
パッと見、この辺りが候補に挙がってきます。

もちろん上の2頭も悪くないんですが
それなりに人気をしてきそうな感じがするので
私がオススメ出来る穴馬を2頭あげたいと思います。

1頭目はフィリーズレビュー4着のアドマイヤビジン

フィリーズレビューは差し届きませんでしたが
前残りの展開で外目を豪快に捲ってきた内容は
着順以上のものがあります。
200m延長も問題なく展開に恵まれれば一発があります。

2頭目はクイーンC2着のマジックタイム

クイーンCではフォーエバーモアに負けましたが
直線では抜け出すのに苦労した事もあり
着差以上の内容がありました。
堅実に毎回脚を使いタイプで上位に来ても驚けません。

ハープスターからの相手選びという点は動きそうにありません。

確率と配当のバランスの高い相手を探してチョイスしていきましょう。

スポンサードリンク