得意舞台でゴールドシップ快勝!ロサギガンティアも皐月賞へ名乗り!

Pocket

先週は3日間開催で競馬が行われました。

重賞は4つと豪華なプログラムとなりましたので
1つずつしっかりと振り返って
次回への検討に繋げていきましょう。

まずは日曜日に行われた阪神大賞典から

ゴールドシップが真面目に走りましたね。

自滅をしなければ、能力的にはこれくらいの
開きがあるので順当な結果といえます。

期待したバンデは3着

直線で後続を引きつけようとしたのか
一気に飲み込まれてしまいました。
この馬の持っているスタミナを生かすのであれば
4コーナーでスパートをかけた方が良かったのですが
レースは生き物なので仕方ありませんね。
最後粘ったように力は見せました。

逆に4着サトノノブレスは適性の弱さを見せましたね。
非力な持続力タイプの馬なので阪神は向きません。
能力と勢いで、とは思いましたが壁に跳ね返された印象です。

2着のアドマイヤラクティはこれくらい走れる能力のある馬なので
今後も重賞レベルなら好走は可能です。

スプリングSは藤沢厩舎のロサギガンティアが勝ちました。

スタートで出遅れながら向こう正面では中団につけて
4コーナーでは既に先行勢に取り付くという
M・デムーロ騎手の好騎乗が目立ちました。

出遅れ癖は気になりますが、器用な脚質は中山コース向き
GIを争うほど強い勝ち方だったかと言われると微妙ですが
買うとしたら皐月賞でしょう。

1番人気のアジアエクスプレスは2着

最後クラリティシチーを差した辺りは地力ですが
やはり距離は短い方がいいですね。
皐月賞に出てきたら切り、NHKマイルならチャンスありです。

3着クラリティシチーは捲ってきましたが
最後は地力不足でしょう。
堅実ですが、頭までは難しいタイプです。

期待したモーリスは4着

いい感じで上がってきましたが、ポジション取りの差が出ましたね。
今後も中山・阪神の坂のあるコースなら期待出来ますし
距離はもっと伸びても大丈夫です。

土曜日に行われたファルコンSは期待した
タガノグランパが差し切り勝ち

これぞ中京芝1400m戦という傾向にあったレースでした。

もちろんタガノグランパ自身も切れ味を駆使した結果で
重賞級では安定して上位を狙える馬です。
が、GIまでとなるとインパクト不足でしょう。

逆に2着に敗れたサトノルパンの方がスケールは上です。

出遅れて、直線も外に押し出して間を抜けてきた
脚は見せ場十分で、NHKマイルCで買うならこっちです。

実績馬ショウナンアチーヴ、カラダレジェンドは
伸びてはいますが平凡に映りました。
先の明るくない凡走でした。

金曜日に行われたフラワーCはバウンスシャッセが勝利

推進力のあるいい脚を見せてくれました。
牝馬ですがパワータイプで中山競馬場は適性があります。
次走は皐月賞を予定しているという事で
適性面では正しい選択なのは間違いありません。
が、牡馬相手では厳しいでしょう。

1番人気ショウナンパンドラは切れ味が武器の馬なので
今回の舞台(中山芝1800m)は厳しかったですね。
相手関係を見て今回の舞台を選んだのかも知れませんが
自身の競馬のしやすさを考えれば
普通に阪神でのレースを選択した方がベターでした。

重賞ではありませんが若葉Sも簡単に振り返ると
ウインフルブルームはちぐはぐな競馬をしましたね。

切れ味のない馬なので、溜める競馬は意味が無く
4コーナーあたりから捲る競馬が理想です。

アドマイヤデウスは今回ハマりましたが
本番では厳しいでしょう。

スポンサードリンク