【オーシャンステークス2018】過去10年のデータ分析|究極のパワー勝負

Pocket

2018オーシャンステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また馬体重別の成績などについても言及していきながら
オーシャンステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は弥生賞とチューリップ賞が行われますが
その影で土曜日にオーシャンステークスが行われます。

オーシャンステークスってなんとも地味なレースですよね。

スプリンターズステークスの前に行われるならまだしも
中山芝1200mのレースだと
高松宮記念との繋がりはどう考えても薄いし
実際に過去の勝ち馬を見ても本番との繋がりはほぼ皆無

なんとなくオープン特別に毛が生えただけの存在に見えますが
私たちがそう思っているだけに
この舞台でなんとか結果を出したいっていう馬も出てきますよね。

馬券としてはかなり穴が狙えるレースになっているので
ある意味、弥生賞やチューリップ賞よりも注目の存在です。

 

そんな馬券的に注目度の高いオーシャンステークス
について話をしていきましょう。


(2017オーシャンステークス メラグラーナ)

オーシャンステークスが行われる条件は
スプリンターズステークスと同じ中山芝1200m

冬場のレースという事もあって
スプリンターズステークスと比較しても

“よりパワーが必要”

な条件となっています。

それだけに高松宮記念との繋がりも弱く、
パワーに特化したコースが得意な短距離馬が活躍するレースですね。

そんな興味深いオーシャンステークスを攻略するべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

オーシャンステークス過去10年のデータ分析

4歳馬不振!若さよりもキャリアのパワー重視の舞台

まず、最初に注目したのはオーシャンステークスの年齢別成績です。

出走できる年齢の中で4歳馬の成績が
「率」及び「期待値」共に一番悪い事が分かります。

前述したとおり、冬場の中山芝1200mでのレースと言うことで
パワーが最も必要とされるレースです。

それだけに若くてスピードのある馬よりも
キャリアが豊富でパワーを備えたベテラン馬の方が
成績を残しやすくなっています。

 

種牡馬別の成績からも傾向を洗ってみましょう。

表の中で一番目立つのが
「サクラバクシンオーの成績が悪い」という事です。

サクラバクシンオー産駒はビッグアーサーに代表されるように
精神的に脆い部分を抱えている馬が多く
タフなレースになると走らなくなる傾向があります。

オーシャンステークスがタフなレースになっている
それゆえに若い馬は苦戦している

という傾向は種牡馬別の成績からも読みとれますね。

 

差しが届きづらい条件だけど、逃げ馬は捕まる

次にオーシャンステークスの脚質について見ていきましょう。

以下はオーシャンステークスの過去10年における4コーナーでの順位別成績です。

差し馬が苦戦している事は一目瞭然ですが
注目すべきは

“逃げ馬が苦戦している”

という点です。

競馬の大原則として

「前に行く馬が有利」

という法則がありますが、オーシャンステークスについては
逃げ馬が苦戦している(ちなみに先行馬の成績は良いです)

しつこいくらいに繰り返しますが
オーシャンステークスはタフなレースになりますので
前に行く馬は後続からの圧力をいつも以上に受けます。

これにより、前で逃げていた馬は失速して
その後に控えていた馬達がそのままなだれ込む

そんな図式のレースになっていることが分かります。

 

ちなみに枠順別の成績を見てみると

と、枠順による差はありません。

基本的に競馬は

先行馬が有利な流れの場合は内枠有利

差し馬が有利な流れの場合は外枠有利

となるのですが、差し馬が届きづらく
逃げ馬も苦戦しているオーシャンステークスにおいては
枠順はそれほど大きな要素にならない事が分かりますね。

枠順についてはフラットに考えましょう。

 

タフな条件下では馬体が大きい馬、距離短縮臨戦の馬が有利

最後にオーシャンステークスにおける馬体重別成績を見てみましょう。

馬体重が500kg以上と500kg未満で
天と地ほどの差が出ていることが分かります。

もともと短距離のレースは馬体が大きい馬の方が有利なのですが
オーシャンステークスの場合は特に力が必要な条件なので
馬体が大きくてパワーのある馬が圧倒的に有利であることが分かります。

 

もう一つ、タフな条件のレースを示すデータとして
オーシャンステークスにおける過去10年の前走の距離別の成績を見てみましょう。

前走で1200mのレースを使った馬よりも
1400m以上のレースを使った馬の方が有利であることが分かります。

オーシャンステークスはタフなレースなので
距離は1200mでありながら、1200m以上のスタミナが必要になります。

前走で1400m以上を走り、通常のスプリント戦で必要とされる以上の
スタミナを使ってきた馬の方が、活躍できていることが分かります。

オーシャンステークスのタフな条件は
結果に大きな影響を及ぼすことが分かりますね。

 

以上が2018オーシャンステークスを攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

オーシャンステークスは高松宮記念のトライアルレースながら
GIとの関連が薄い独立したレースです。

それゆえに

“パワーやタフさが求められるレースです”

馬体の大きい馬

前走で長い距離を走ってきた馬

キャリアが豊富な馬

パワーのある血統の馬

などタフさに耐えられる馬を選んでいくことが的中への近道となりそうです。

 

私がオーシャンステークスで注目しているのは
大型でパワーがあるので、ここで穴をあけられそうなあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

データ指数を使った競馬サイト「うまコラボ」

2月24日(土)三連単・三連複41.7%、単勝88.9%という高水準の的中率を叩き出しました。

このデータを使えば、3月最初の重賞「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」を攻略出来そうです。

そんなうまコラボでは全重賞データの無料公開が決定しています。

今週中にうまコラボに無料登録して貰えれば、弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSのデータは無料で見られるので
うまコラボのデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか?

「うまコラボ」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『うまコラボ』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

自分の予想とコンピューター予想を合わせれば無敵でしょ
やっぱり競馬が当てたいし、儲けたいよね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。