【アーリントンカップ2018】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【アーリントンカップ2018】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではアーリントンカップ2018の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

アーリントンカップは阪神芝1600mで行われる重賞レースです。


(写真は2017アーリントンカップ ペルシアンナイト)

芝のマイル戦であることからNHKマイルカップに繋がる
レースとして位置付けられていますが
昨年のアーリントンカップではここを勝利したペルシアンナイトが
皐月賞でも2着に入り、幅の広さを見せつけました。

今年もペルシアンナイトのような能力の高い馬が出てくる事を期待したいですね。

そんなにどんアーリントンカップな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 

< 出走予定馬&予想オッズ >

タワーオブロンドン 2.6倍
エアアルマス 3.5倍
ダノンスマッシュ 6.0倍
インディチャンプ 7.9倍
パクスアメリカーナ 8.2倍
ラセット 10.7倍
アドマイヤアルバ 12.4倍
ピースユニヴァース 13.8倍
レッドヴェイロン 22.5倍
ウォーターパルフェ 46.2倍
イルルーメ 67.3倍
ニシノベースマン 78.1倍
アリア 86.1倍
ラブカンプー 123倍
セイウンクールガイ(出走回避)
サンラモンバレー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

2017収支が115%であるMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

朝日杯フューチュリティステークス3着の タワーオブロンドン

暮れの朝日杯フューチュリティステークスでは
惜しくもGIのタイトルを逃してしまったタワーオブロンドン

勝ち馬ダノンプレミアムには完敗だったものの
前々走で京王杯2歳ステークスを勝った能力は示した1戦で
NHKマイルカップを狙うためには負けられない1戦です。

朝日杯に続き、再度の阪神芝マイル戦となりますが
2歳時より成長した姿を期待したいですね。

2戦2勝素質溢れる サンラモンバレー

前走の千両賞を完勝して重賞に挑むサンラモンバレー

千両賞では前残りの流れを直線ただ1頭だけ鋭く伸びての勝利
着差こそクビ差でしたが、上がり3ハロン33.0秒の末脚は
豊富なスピード能力を感じる内容で素質の高さを示しました。

今回は初めての重賞となりますが、
日本のナンバーワン厩舎である池江厩舎からの刺客という事で
高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。
(出走回避)

毎日杯3着の インディチャンプ

末脚勝負で持ち味を発揮できるインディチャンプ

前走の毎日杯では前に行った馬が有利な流れでありながらも
上がり最速の末脚を使って3着に食い込みました。
まだまだ目一杯走っている印象はなく上積みがありそうです。

アーリントンカップの舞台である阪神芝マイル戦は
末脚が活きる流れになる事が多いので
ここでワンランク上のパフォーマンスを見せる十分にあります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだアーリントンカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。