【中山記念2018有力馬危険度分析】ヴィブロスは前走完敗から巻き返せる?

Pocket

ここでは中山記念2018に出走する人気馬について
買える有力馬なのか、買えない危険馬なのか分析をしていきます。

人気が予想されるヴィブロスの好走要因と危険要素
そのほか有力馬についても予想の参考になる情報をお話していきたいと思います。

 

 

どうも、MOTOです。

3月の中山・阪神開催を迎えると

「いよいよGIが近付いてきてるなぁ」

という気持ちになりますね。

特に弥生賞と阪神大賞典はGIの訪れを感じる重賞です。

特に今年の弥生賞は超豪華メンバーで
行われそうなので楽しみですね。


(2017弥生賞 カデナ)

今週行われる中山記念もGIで活躍するメンバーが出走するレースなので
見所は十分、楽しみなレースですね。

 

< P R >

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

『トップシークレット』では先週のフェブラリーステークスを

◎ゴールドドリーム
○ノンコノユメ

の馬連1点勝負で仕留めました。

今週の競馬は“中山記念”と“阪急杯”

トップシークレットでは、どちらの重賞も
“あの2頭以外の決着は考えられない”
と1点勝負での勝負を予定しています。

今週無料会員に登録してくれた人に
中山記念と阪急杯の馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

今週行われる中山記念。


(2017年 中山記念 ネオリアリズム)

エアスピネルが出走回避になってしまったことは残念ですが
それでもペルシアンナイトやヴィブロスといった
GIホースが出走してきて大いに盛り上がりそうなレースです。

こういう大レースをバシッと的中できれば気持ちが良さそうですね。

中山記念で馬券を的中させるべく
出走を予定している有力馬の評価をしていきましょう。

また、新聞やネットといった一般の媒体では
出走各馬のいいところばかり話していて
現実問題としてまったく参考にならないと思いますので
このブログでは人気馬の不安材料を中心に話していきます。

 

中山記念の過去10年からみたデータ分析

中山記念の過去10年からみた
データ分析を見たい方は以下をクリックして下さい。

中山記念の過去10年からみたデータ分析

 

中山記念の有力馬の危険要因と買い要素

ペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬であり
皐月賞2着という実績から中山適性もある馬です。

マイルチャンピオンシップや皐月賞で強い競馬を見せたように
能力は高い馬ですが、日本ダービーや富士ステークスのように
適性の低い条件になるとパフォーマンスを落とす馬です。

中山芝1800mという条件はペルシアンナイトに合っていますが
当日雨が降ったりすると、一気にパフォーマンスを落とす可能性がありそうです。

ペルシアンナイトの詳細な考察はコチラ

ペルシアンナイトは信用できるのか?

 

ヴィブロス

昨年はドバイでGIを勝ち「世界のヴィブロス」となりましたが
昨年の中山記念では5着と敗れています。

末脚を活かしたいヴィブロスにとって
前残り傾向になる中山記念は展開が向かない可能性が高く
持っている力を全て発揮できないというパターンがありそうです。

 

アエロリット

NHKマイルカップ勝ち馬のアエロリット

牝馬ながらパワーと先行力とウリの馬で
中山記念の舞台はこなせる下地を持った馬です。

ただ、昨年の秋華賞は1番人気に推されながら7着
まったくレースに参加出来ず惨敗となってしまいました。

大崩れの無かった馬が前走で大きく崩れた点は気になります。

 

ウインブライト

昨年末に福島記念を勝ち、年明け初戦となった
中山金杯でも2着と好走したウインブライト

今回の中山記念と同じ条件であるスプリングステークスを勝っているように
中山芝1800mへの適性は十分に持ち合わせている馬です。

今回もウインブライトの力は見せてくれそうな条件ですが
今まで戦ってきた相手と比較してワンランク強い馬達が相手となるので
力負けしてしまう可能性は考えなくてはいけません。

 

サクラアンプルール

昨年の中山記念では人気薄ながら2着に好走したサクラアンプルール

夏には札幌記念を勝利するなど、飛躍の年となった一年で
立ち回り勝負が得意なサクラアンプルールにとって
中山記念は力を発揮できる舞台です。

ただ、昨年末に行われた有馬記念では16着と最下位に敗れており、
GIでは頭打ちである能力値である事は間違いなさそうです。

昨年同様、展開や枠順などに恵まれた時でないと
好走することは難しそうです。

 

マルターズアポジー

前走のマイルチャンピオンシップでは15着と
大敗してしまったマルターズアポジー

もともと勝つか負けるかというタイプの逃げ馬なので
マイルチャンピオンシップでの大敗は気にする必要はありませんが
今回はマイネルハニー、アエロリットなど
過去に逃げて実績を残してきた馬達が出走を予定しています。

マルターズアポジーにとって厳しい展開になることが想定され
自分の走りが出来なくなる可能性があります。

 

 

以上です。

 

まとめ

今年の中山記念は

アエロリット、マルターズアポジー、マイネルハニー

といった逃げ馬が揃っておりハイペース必至なメンツです。

差し馬であるヴィブロス、ペルシアンナイトにとっては
レースのしやすい条件となりそうで
10頭立てとう少頭数の競馬という事を考えると
波乱となる可能性は低そうなレースです。

軸を1頭決めて、更にそこから相手を絞るような買い方が必要になりそうですね。

 

2018中山記念で私が注目している馬は
このメンバーだからこそ敢えて狙ってみたいあの伏兵馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。