朝日杯FSが阪神競馬場へ!!2年後には2歳GIが2つに!!

Pocket

今日の競馬ニュースにレーシングプログラム変更の話題が掲載されていました。
細かい事はいくつかあるんですが、その中で目を引いたのは

『2歳GI路線の改革』

詳しくはこのように変わります。

○朝日杯FSが中山競馬場から阪神競馬場に変更

○ラジオNIKKEI杯が無くなり、ホープフルSが重賞(G3)に昇格

○京都2歳SがラジオNIKKEI杯京都2歳Sとして重賞に昇格

そして、ホープフルSは2年後にはGI昇格を目指して2歳牡馬GIを充実
短中距離は朝日杯FS(1,600m)、中長距離はホープフルS(2,000m)
という棲み分けをする事で充実を図るという将来設計もあるようです。

JRAのホームページ発表はココ

http://www.jra.go.jp/news/201310/102101.html

この変更について私の意見を話したいと思います。

基本的にレースプログラムをコロコロ変更されるのは嫌いなんですが、

朝日杯FSが阪神競馬場に変わるのは賛成です。

中山マイルがトリッキーなコースなので
GIとしては、かなり不平等な舞台である事。
また、その事を踏まえてメンバーが手薄になっているので
GIとしての格に疑問符がついていたので
阪神のマイル戦に変わる事は、この2つの不満・不安を
解消してプラスに働くでしょう。

もう一つの大きな改革ホープフルSの重賞化
ラジオNIKKEI杯が無くなるなら、これは反対の余地もありません。
皐月賞と同じ舞台であればメンバーも集まるでしょう。

ただ、GIへの昇格は反対です。

現状でさえ2歳路線の層の薄さは目立っているのに
GIを2つにしてどうするつもりなんでしょうか。

GIに昇格しておけば、12月は毎週GIになるし
客が適当に金を落としてくれんだろ

という魂胆が見えて、ちょっと嫌です。

馬券の面から見ると、私は基本2歳戦は買わないのでいいんですが
不必要にGIが増える事はGIウィナーの格を
下げている行為だと感じるのでやはり反対です。

ただ、決まってしまったことは進んでいくでしょう。

来年以降、どんなメンバーが集まってくるのか
レースのレベルはどのような進化を遂げるのか注目したいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。